cookpad news
コラム

暑い日の献立はがんばらなくていい。クックパッドつくれぽ最多レシピ作者の料理のコツ

酷暑の夏が終わったものの、依然30度を超える日々が続いています。ぐったりした頭と体で「今日はなに食べよう、なにつくろう」と献立に悩んでいる方も多いのでは? 料理レシピサービス「クックパッド」で最も多くの「つくれぽ(つくりましたフォトレポートの略)」をもらったレシピ作者・☆栄養士のれしぴ☆さんに、ラクに夏の献立をつくるコツをお伺いしました。

献立のコツは、全部をがんばらないこと

「料理が好きな私でも、暑かったり忙しかったりすると、一汁三菜をつくるのが面倒になります。それでもなんとか毎日つくれるコツは、全部をがんばらないことだと思うんです」。そう話してくれた☆栄養士のれしぴ☆さん。

3皿献立で、食事づくりの悩みが減少!

ご本人が実践しているのが、「3皿献立」という方法です。

お皿を3皿だして、それになにをのせようかな、と考えるんです。たとえば、1つにはチキンを焼いてのせる。もう1つには冷蔵庫にあるホウレンソウと豆腐で白あえを、もう1つのお皿には出すだけでいいもの、カットトマトとか枝豆でいいかな…とか。その3皿に、おみそ汁とごはんをつければ十分だし、フルーツを添えれば完璧ですよね」

確かに皿数があれば目にもうれしいから、シンプルなおかずでも寂しさは感じません。

133c9d1894502706e34291e3d016fe63 3皿献立

メインだけがんばればいいかな、と思うんです。副菜は市販のお総菜に頼ってもいいですし。ポテトサラダとか、お皿にのせれば立派な1品になりますよね。暑くて体力がない日はそんな感じでもいいんじゃないでしょうか」

よく「献立が決まらない」という人でも、メインだけは案外思いつくもの。スーパーでおいしそうなお魚があれば、焼き魚やムニエルにしてもいいし、薄切りの特売肉があれば、スタミナ炒めや甘辛炒めにしてもいい。それでメインのお皿は埋まるので、あとの副菜を気楽に考えれば、献立に悩むことも減りそうです。

副菜は、出すだけのものでOK

さらに、この方法のいいところは「前もって献立を決めなくてもなんとかなること」。

「スーパーで目についたものや、今日家族が食べたいものをつくればいいので、気がラクなんです」と、☆栄養士のれしぴ☆さん。

1週間分の献立をつくったり、買い物メモをつくってまとめ買いしたり、つくりおきをしたりするのに、挫折してしまった人にもおすすめ。とくに、保存が難しい夏には、食べきり献立のほうがかえって食品ロスがなくなるという効果もありそうです。

とはいえ、いつもお総菜というわけにもいかず、悩んでしまいそうなのは“副菜”ですが、これはどうすればいいのでしょうか…?

「マカロニサラダといった具だくさんサラダや、ブロッコリーとベーコン炒めのような野菜の炒め物、胡麻あえや白あえ、酢の物なら、なんでもいいと思います。それこそ、冷蔵庫にある野菜をクックパッドでレシピ検索してもいいですよね」

そして、もう1品は、本当に出すだけのものでOK。「カットトマトやキュウリ、野菜スティック、ちくわ、冷ややっこ、もずく、納豆でも!」。これなら、3皿は楽勝で思いつけそうです。

※本記事は、生活情報誌「ESSE」の記事と周辺情報をベースにした生活情報誌サイト「ESSEonline」からの転載記事です。

『クックパッド☆栄養士のれしぴ☆の簡単3皿で毎日らく献立』(扶桑社)

☆栄養士のれしぴ☆(上地智子)さん

栄養士、フードコーディネーター。2人の娘に自らのレシピを伝えたいと思い、2011年2月から料理レシピサービス「クックパッド」に投稿を開始。ポイント満載のつくり方と、確かなおいしさが評判となり、「☆栄養士のれしぴ☆のキッチン」のつくれぽ数は合計45万件超え(2022年7月現在)。つくれぽ数最多のNo1レシピ作者である。

おすすめ記事