cookpad news
コラム

黄金色の輝き!しっとりおいしい「干し芋」で秋のおやつタイムが充実

【Instagramの気になるひと皿 Vol.45】Instagramには見ているだけでおいしそうな料理写真を投稿している方がたくさんいます。その中から編集部が特に気になったひと皿をピックアップ! 簡単な作り方やおすすめポイントを教えていただきました。

秋はやっぱりお芋!おうちで作る干し芋が絶品

さつまいもがおいしい季節がやってきました。みなさんはさつまいもスイーツといえば何を思い浮かべますか? 大学芋やスイートポテトなどさまざまなさつまいもスイーツがありますが、その中から今回は「干し芋」に注目! 手作りお菓子や日々のごはんを投稿している「フロランタン」さんのInstagramから、しっとりとした食感と甘みが特徴の紅はるかの干し芋をご紹介。

フロランタン

「楽しく美味しく過ごせたら良いなと思いながら暮らしています。家で作る食事やお菓子など、食に関する投稿が多いですが、好きな物なども投稿しています。何を食べようかな? 何をして過ごそうかな? と思ったときに、みていただけたら嬉しいです。」

さつまいものおいしさがぎゅっと詰まった干し芋

今回編集部が注目したのは、秋のおやつに食べたい「紅はるかの干し芋」です。さつまいもそのまんまの甘さやおいしさを堪能できる秋の定番スイーツです。

「国産の干し芋をたくさん食べたかったのと、いろいろな種類のさつまいもで干し芋を作ってみたかった」というフロランタンさん。干し芋は一般的に“天日干し”で作ることが多いですが、フロランタンさんはノンフライオーブントースターを使って作ったそうです。

作り方

1.サツマイモを蒸かす

2.皮を剥き、好きな厚みにスライス(細いお芋は切らずにそのまま)

3.メッシュバスケットに並べて表面を少し乾かす

4.クイジナートのAIR FRY90℃で1時間

5.お芋をひっくり返して、さらに1時間。

「メッシュバスケットに、柔らかいお芋がくっついてめり込んでしまうので、1回目のAIRFRY終了後まではオーブンシートを敷きました。祖母が作ってくれた丸干し芋がおいしかったので、細いお芋を切らずに作ってみたら、すごく美味しかったです。いろいろな種類のさつまいもが出回る今の季節にぜひ!」(フロランタンさん)

お芋を蒸してノンフライオーブントースターで焼くだけで、甘みぎっしりの干し芋に! さつまいも本来のおいしさが味わえますよ。黄金色に輝くさつまいもを見ていると幸せな気持ちになりますよね。ぜひ秋のおやつにいかがですか?