cookpad news
インタビュー

“コレステロール”はなぜ上がる?健康的に「下げてくれる食材」を医師に聞きました

健康診断でコレステロール値が高いと言われて、ショックを受けた経験がある人もいるのではないでしょうか。でも実際のところ、「コレステロール」がどういったものなのか、なぜ数値が上がり、どうすれば下げることができるのかといったことを、きちんと理解している人は少ないはず。そこで今回は、三鷹駅前たなか糖尿病・内科クリニックの田中祐希先生に、コレステロールが上がる原因や下げてくれる食材などについて聞きました。

「コレステロール」が上がってしまう原因

――そもそも「コレステロール」とは、どういったものなのでしょうか?

脂質の一種で全身の細胞膜の構成成分です。ホルモンやビタミンD、胆汁酸の原料になり、脂質やビタミンの吸収を助けます。これらは生きていくために必要な物質で、細胞の働きの調節や栄養素の吸収にも関わります。コレステロールは、肝臓や腸、皮膚で作られる「内因性コレステロール」と、食事から吸収される「外因性コレステロール」に分けられます。内因性の比率が70~80%と高く、実は食事からの摂取よりも体内で作られている方が多いと考えられます。

――「悪玉コレステロール」とはどういったもの?

コレステロールはリポ蛋白という粒子に含まれ、血中で体内の隅々まで運ばれます。主に全身の組織や細胞は、血液中で最も数が多い粒子・LDL(低密度リポ蛋白)からコレステロールを取り込みます。LDLは動脈硬化の原因になるため、“悪玉コレステロール”と言われます。

――「善玉コレステロール」もあるのですよね?

HDL(高密度リポ蛋白)は体の細胞から使われなくなったコレステロールを肝臓に運ぶ粒子。HDLは動脈硬化を起こした血管からコレステロールを運び出すため、“善玉コレステロール”と言われます。つまりLDLコレステロールは動脈硬化の促進因子、HDLコレステロールは動脈硬化の抑制因子と考えられます。

――コレステロールが上がる理由は?

健常人のLDLコレステロール値は、肝臓で作られる量、食べ物からの吸収量、体内で利用される量、体外への排泄量のバランスが適切に取られ、一定に保たれています。このバランスは女性ホルモン、甲状腺ホルモンで保たれていますが、加齢による女性ホルモンの減少、甲状腺疾患による甲状腺ホルモンの減少などが起こるとLDLコレステロールが高値となります。また、家系的に血中LDLコレステロールが高くなってしまう、家族性高コレステロール血症という疾患もあります。

“動脈硬化”を進行させる危険性も…

――コレステロール値が高いと、どういったことが懸念されますか?

LDLコレステロール値が高くても、通常は自覚症状がありませんが、知らぬ間に動脈硬化が進行していくことも…。血管がどんどん狭くなっていくことで、血管が詰まる疾患である脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。

――理想的な数値はどのくらいですか?

日本動脈硬化学会では、LDLコレステロール値が140mg/dL以上である場合、HDLコレステロール値が40mg/dL未満である場合に、脂質異常症を疑います。LDLコレステロールの目標値は対象者の動脈硬化性疾患(脳卒中、心筋梗塞など)発症リスクに応じて、最も厳しいもので70未満(糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞歴など複数ある)から、最も緩やかなもので160未満(喫煙もなく、他の生活習慣病や血縁者の動脈硬化疾患がいない)と幅があります。

――コレステロール値が高い場合、下げるためにやるべきことは?

まずは医療機関を受診して、運動や食事療法で自身の目標範囲が維持できるのかを確かめましょう。LDLコレステロールは食事からの摂取より体内で作られる量の方が多く、ホルモンや体質の影響が大きいと考えられるため、生活改善で目標数値に達しない場合は内服治療を検討します。

魚や大豆を積極的に摂ることが大事

――コレステロール値を健康的に保つために、食生活で気をつけるべき点を教えてください。

積極的に控えたいのはトランス脂肪酸の多い食品。マーガリンやショートニング、洋菓子、スナック菓子、揚げもの、即席麺(フライ系)などは注意が必要です。また、飽和脂肪酸も控えたいです。脂身の多い肉やひき肉、鶏肉の皮、バター、ラード、やし油、生クリーム、洋菓子に多く含まれます。コレステロールの多い食品自体も食べすぎないように要注意。動物性レバー、臓物類、魚卵は毎日の摂取にならないようにしましょう。

――逆に、コレステロール値を下げてくれる食材は?

食物繊維の多い食品です。玄米や全粒粉などの未精製穀類、麦飯、雑穀、納豆などの大豆製品、野菜やきのこ、海藻、こんにゃくなどに多く含まれます。他にも、n-3系多価不飽和脂肪酸の多い青魚(フライなどの揚げ物はNG)やアマニ油・エゴマ油(目安は1日小さじ1杯)、n-6系多価不飽和脂肪酸の多いオリーブ油(1日大さじ1~2杯)やナッツ類(1日20粒程度)、アボカド(1日1/2個)の摂取を心がけると良いでしょう。

――特に先生がオススメする食材はありますか?

特にn-3系多価不飽和脂肪酸は、LDLコレステロール値を下げてHDLコレステロール値を上げる作用があるため、採血データで指摘された場合にまず試したい食材。魚の摂取頻度が週4日以下で肉の摂取が多い場合は、魚の頻度を増やし、積極的に野菜や大豆製品を摂ることで変化が見られるでしょう。

――やはり年代が高い人の方が注意は必要ですか?

コレステロールは食事よりもホルモンや遺伝的な体質の影響が強いため、若年でも健診で高値を指摘される事があります。女性は更年期における女性ホルモンの減少によりLDLコレステロール値が高くなる傾向があるため、健診を定期的に受け、高値が出た際には医療機関に相談をしてください。

(TEXT:山田周平、メイン画像:Adobe Stock

田中祐希先生

三鷹駅前たなか糖尿病・内科クリニックの医師で、内科認定医、糖尿病専門医。日本内科学会、日本糖尿病学会、日本肥満学会に所属。2010年宮崎大学医学部卒業。上尾中央総合病院、東京女子医科大学病院糖尿病センターでの研修を経て、2020年に医学博士を修得。地域に愛されるクリニックを目指し、糖尿病専門医による糖尿病治療に力を入れる。患者さんひとりひとりに合ったオーダーメイドの栄養指導を行っている。

関連する記事
30代からの発症も⁉︎”うつ病"に間違えられやすい「男性更年期障害」の実態 2023年09月30日 20:00
肉を食べて内臓脂肪を落とす!アメリカの名医がダイエットに「赤肉」を勧める理由とは? 2023年10月07日 19:00
安くて細いエビでも大満足!エビフライをまるまる太らせるワザ 2023年09月26日 07:00
コレステロールを下げる食材はコレ!「年代別」「男女別」の付き合い方を医師に聞きました 2023年09月29日 17:00
20代女性にまさかの「更年期」症状?体の中で起きていること 2023年09月23日 20:00
「カップ麺だけ」の食事をする人に迫るリスクって?コンビニで買い足すならコレ 2023年09月19日 12:00
ケーキを食べるならアップルパイが正解!? ダイエット中に役立つ食事選びのちょっとしたコツ 2023年08月30日 20:00
やせない理由はカロリーじゃない?忙しい人が見直したい3つの習慣 2023年09月06日 20:00
食べないダイエットになってない?「カロリー制限ダイエット」の5つの落とし穴 2023年09月13日 20:00
【管理栄養士おすすめ】日焼けからお肌の回復をサポート!「ひき肉×パプリカ」おかず 2023年08月25日 10:00
飲み方次第で"睡眠"に悪影響も… コーヒー「飲む時間」の正解は 2023年08月28日 20:00
栄養士が選ぶ!我慢しないで思いっきり食べたいメニュー5選と食べ方のコツ 2023年09月27日 18:00
ダイエット界に新食材が登場!「凍らせしじみ」で痩せ体質に 2023年09月14日 20:00
はかり不要!バターを10g、5gにカットする方法が画期的すぎた 2023年10月15日 18:00
「痩せるために毎日ランチは春雨スープです」これって正解?足りない栄養は? 2023年10月24日 12:00
くしゃみ・目の痒みが止まらない…「秋の花粉症」に絶対とるべき食事とは? 2023年10月21日 10:00
DASH食とは?高血圧予防に役立つ食事法の効果とやり方を知ろう 2023年10月11日 20:00
糖尿病専門医が教える!血糖値をコントロールして「無理せず痩せる」食べ方の正解 2023年09月17日 20:00
その習慣が認知症を招く?「寝る直前に大量の水を飲む」ことのデメリットとは 2023年09月21日 20:00
1日に飲むコーヒー、何杯が正解?医師が教える「カラダの新常識」 2023年10月07日 20:00
ズキズキ痛む、頭が重い…秋の頭痛は「気圧」が原因かも?専門家おすすめ食材はコレ 2023年10月08日 20:00
痩せたい人はコレ買って!ダイエット講師が買ってる「コストコ食材」3選 2023年10月17日 16:00
低カロリーで肥満予防にも!「里芋」の栄養がすごかった 2023年11月18日 12:00
SNSで9万回検索された!卵不使用なのに驚くほど濃厚な「罪悪感ゼロ・カルボナーラ」 2023年11月28日 18:00
そのプロテイン、本当に必要?プロテインが必要な人、必要ではない人 2023年11月08日 20:00
“だしいらず“でおいしい!低カロリー高タンパクな「豆乳」がスープにおかずに万能すぎた 2023年10月22日 20:00
知らなきゃ損!実はダイエットは◯◯するだけで効果的だった 2023年10月26日 20:00
医師が伝授する老化予防。「なぜか若く見える人」は◯◯を食べている! 2023年11月23日 20:00
「お腹が鳴ったから食べる」は肌トラブルの原因!?自律神経を整える食事のタイミングとは 2023年11月27日 20:00
え、ダメなの?痩せたい人が「サウナ」で飲んではいけない意外な飲み物 2023年10月31日 20:00
158cm・60kgから48kgへ!食事管理のみで1年に−12kgを叶えた産後ママの最強ダイエット法 2023年11月04日 15:00
インド人絶賛!加熱した生姜で身体ポカポカ「ジンジャーチャイ」で風邪予防に 2023年12月26日 17:00
「おいしすぎ注意」「旨くてやばいー!」リピ続出"ホットプレートで鉄板鍋" 2023年12月28日 13:00
これ知ってる?ドンキ・ホーテのおすすめプライベートブランド商品 2023年12月01日 20:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
悪玉コレステロール値が高いといわれたら?食事や食べ物選びの工夫を解説 2023年12月13日 20:00
血圧が高いといわれたら?注意したい食生活と食事のポイント3つ 2023年12月20日 20:00
眼科医が警告「水の一気飲み」で視力が落ちる⁉️失明に繋がる悪習慣に注意 2023年11月20日 20:00
3%の減量で血糖コントロールが改善?減量を達成するための実践法を伝授! 2024年01月03日 20:00
朝食にコーンフレークは危険!?「老けない主食ランキング」の結果は… 2024年01月19日 17:00
梅おにぎりと鮭おにぎり、どっちが正解?栄養士が教える「食べても太らない食事」とは 2023年12月12日 20:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
【がん専門医おすすめ】がんリスクを減らすフルーツやおやつとは? 2023年12月27日 20:00
がん専門医に聞いた!がんリスクを減らす「抗がん食材」ベスト3 2023年12月21日 20:00
医師が勧める「痩せる炭水化物」って?糖質制限ダイエットをする人に知ってほしい真実 2024年01月15日 19:00
ダイエットに失敗する人の家には◯◯がない!「太りやすいキッチン」にあるもの・ないもの 2024年01月06日 19:00
夕方以降の◯◯で脳機能が低下!?脳内科医が警告する不眠原因となる食習慣とは 2024年01月08日 19:00
これって冬バテ⁉︎乾燥や寒い季節の不調を撃退する健康食材5選 2024年02月07日 20:20
筋肉不足で糖尿病リスクにも?!女性の痩せによる健康リスク 2024年02月14日 20:00
【医師が伝授】ポイントは油!認知症リスクが最大23%下がった○○食事法とは 2024年02月19日 19:00