cookpad news
インタビュー

その工程、本当に必要?面倒をそぎ落とした「ちょうどいい料理」の考え方

Twitterのフォロワー数はなんと26万人、手軽なのに“丁寧につくってる感”を味わえるレシピが人気の料理家・長谷川あかりさん。今回はふだん料理をするうえで心がけていることや料理を楽しく作るコツについて聞いてみました。さらに、6月14日発売の『つくりたくなる日々レシピ』 (扶桑社)から、おすすめのレシピを厳選してご紹介します。

シンプルで作りたくなる“ちょうどいい”レシピ

私はとても面倒くさがり屋なので、料理を作るときに「この工程や材料って本当に必要かな?」って気になってしまうんです。見直してみると、意外と削ぎ落とせるところがあったりします。

でも、せっかく作るならおいしく作りたいし、“料理をしている感”も出したくて。だからその中間くらいの“シンプルだけど作っている感のある料理”を作るのが私の理想です。それが結果的に、時短につながったり、おしゃれに見えたらいいなと思っています。

シンプル肉じゃが

例えば、私の肉じゃがには白滝もにんじんも玉ねぎも入っていません。文字通り、肉とじゃがだけです。子どものころから肉じゃがのお肉とじゃがいもが大好きで。母親が肉じゃがを作ってくれると、お肉とじゃがいもばかり食べて、にんじんや白滝を余らせてしまいよく怒られていました。だから大人になった今、「残すなら最初から入れなくてもいいのでは?」と思って考えたのがこのレシピです。野菜を切る時間も減って、いいことづくしです。

牛肉は長時間煮込むと硬くなってしまいますが、旨みを全体に行き渡らせるために3、4枚だけ最初に炒めます。お肉を2回に分けて入れる手間はありますが、反対に言えば手間がかかるのはこの工程だけ。先に炒めるという行為が旨みを増すためだとわかれば苦ではないですよね。メインの材料はお肉とじゃがいもだけなのに上品な味に仕上がりますし、しかもひと手間加わっていることで「作ってる感」もあります。

焼かないショウガ焼き

ショウガ焼きって醤油を足したり、みりんを入れたり、ちょい足しを繰り返しているうちに味が濃くなってしまうのが悩みでした。そこで、あえて調味料を減らしてみりんや砂糖も入れるのをやめてみたんです。その代わりに玉ねぎをたっぷり入れることで砂糖なしでも甘みはばっちり!しかも、焼くのではなく蒸すことでお肉もふんわりします。

味が濃いとキャベツの千切りが欲しくなりますけど、これはあっさり味なのでキャベツを添えなくても大丈夫です。キャベツの千切りを作る手間も省けて一石二鳥。これまで私みたいになかなか味が決まらず困っていたという方や、濃い味が苦手な方もこれならたくさん食べられると思います。

「焼かないショウガ焼き」のレシピ

【材料】2人分

豚バラしゃぶしゃぶ用肉…180g
玉ねぎ…中2個
ショウガ…2かけ
ミョウガ…1個
A 料理酒…100ml
A しょうゆ…大さじ1と1/2
A 塩…ひとつまみ
炒りごま(白)…適量

【つくり方】

.玉ねぎは薄切りにする。ショウガ1かけはすりおろし、もう1かけは千切りにする。ミョウガも千切りにし、豚肉が大きい場合は食べやすい大きさに切る。

.フライパンに玉ねぎを入れ、豚肉を全体に広げてのせる。ショウガの全量、Aを加え、中火にかける。

.沸騰したら玉ねぎをほぐしながら全体を混ぜ、フタをして弱めの中火で15分蒸し煮にする。再び全体を混ぜたら火を止めて器に盛り、ミョウガをのせ、ごまをふる。

塩胡椒だけ唐揚げ

唐揚げを作るときは鶏ガラスープの素や生姜を使うこともありますが、シンプルに塩胡椒だけでもおいしくできるかも!と思って作ったのがこちらのレシピです。食べるときに自分で塩胡椒を足して、好きな味に加減を調整できるようになっています。

せっかく作った料理の味を勝手に変えられることほど嫌なことはないですよね。でもこれは、「食べる人が卓上で塩胡椒をかけて完成させる」ということが前提になっているレシピなので、誰も傷つきません(笑)。作った側も腹が立たないし、食べる人も自分好みの味にできます。自分で料理をアレンジする楽しみも味わっていただけると思います。

料理の楽しさやおいしさを共有し合いたい

私のレシピはシンプルで簡単ゆえにアレンジもしやすいというメリットがあります。なのでTwitterには「私はこんなふうにアレンジしました」「これを足すとさらにおいしくなりました」「具材を変えてもおいしかったです」というコメントが届くこともたくさんあって、そういうツイートを見るとうれしくなります。皆さんのおうちの味のベースが私のレシピだなんて、そんな幸せなことはありません。もともと私は、そんなふうに多くの人と料理の楽しさやおいしさを分かち合えたらいいなと思って始めたので、これからも「おいしい」「料理って楽しい」という気持ちを一緒に共有していけたらいいなと思います。

(撮影:山田耕司、TEXT:河野友美子)

『つくりたくなる日々レシピ(扶桑社)』

長谷川あかりさんの夏レシピ掲載!『cookpad plus 2023年夏号』(扶桑社

季節のレシピのほか、ちょっと素敵な暮らしの情報をお届けする季刊マガジン『cookpad plus』。2023年夏号では、なすを使った人気レシピや、豆腐やお酢を使ったレシピなど旬の食材や暑い日に楽しめるレシピが盛りだくさん。その他に「夏こそ揚げ物」「冷んやりおやつ」などのアイデアも紹介しています。特別付録は、通常号がスヌーピーのボックス型大容量保冷バッグ、増刊号はスヌーピーの卓上スタンドつきハンディ扇風機です。
>>> 詳しい内容をチェック!

【ご購入はこちらから】
・通常号:Amazon
・増刊号:セブンネットショッピング
※通常号に対して、増刊号では一部掲載されていない記事があります。
※通常号と増刊号では価格が異なります。

長谷川あかり

料理家、管理栄養士。子役タレントとしてデビューし、俳優として活動。芸能活動引退後に大学に進学し、管理栄養士の資格を取得。SNSで始めたレシピ投稿が大反響となり、2022年11月に初の著書『いたわりごはん』(KADOKAWA)を発売。雑誌やWEBなどで幅広くレシピ開発を行う。2作目となる本書は、発売翌日に重版し、現在3刷りに。

Twitter:@akari_hasegawa
Instagram:@akari_hasegawa0105

関連する記事
毎日の料理に家族から一言の感謝もナシ!それでもお料理が大好きな主婦がレシピ投稿を続ける意外なワケ 2023年10月09日 20:00
【見知らぬ土地で子なし、友達なし】孤独だった元・歯科助手がフォロワー8万人越えの人気レシピ作家になるまで 2023年12月09日 20:00
人気料理家・長谷川あかりさんが提案。料理欲が上がらない夏こそ「炊き込みご飯」に頼ろう 2023年08月28日 19:00
あの大物芸能人も溺愛!「アジフライ」ブームはなぜ起きた? 2023年08月29日 19:00
暑い日でも食べられる!さっぱりとした「トマトとお豆腐のサラダ」がTwitterで話題 2023年09月11日 20:00
食べるまで爆速10分!【レンジ調理の柔らかとろ~り豚ナスうどん】 2023年08月28日 18:00
もう詰めなくてOK!新しい「ピーマンの肉詰め」 2023年09月17日 07:00
今の若者は「ベトナム料理ネイティブ世代」。ライスペーパーが人気な理由を探ってみた 2023年09月20日 19:00
食パン1枚で大満足!全部一緒に焼くだけの簡単韓国ワンパントースト 2023年09月28日 12:00
その不調「寝だめ」のせいかも?注意したい社会的ジェットラグとは 2023年09月20日 20:00
飲み方次第で"睡眠"に悪影響も… コーヒー「飲む時間」の正解は 2023年08月28日 20:00
具材は卵だけでめちゃウマ!とろける「マカロニサラダ」 2023年08月25日 14:00
つくれぽ2000件超!殿堂入り「なすの中華風サラダ」 2023年09月01日 13:00
ポイントはじゃがいもの皮!今までとは一線を画す「究極のポテトサラダ」の作り方 2023年09月08日 13:00
オーブンなしで手軽につくれる!さつまいもおやつ3選 2023年09月15日 13:00
こってり味が◎ご飯すすむ800人絶賛の「味噌ひき肉じゃが」 2023年10月04日 08:00
レンチン5分で完成!でも手抜きに見えない「焼かない生姜焼き」 2023年10月18日 08:00
サクサクとホクホク食感がたまらない!X(旧Twitter)で話題の「じゃがいもフライ」の作り方を聞きました 2023年10月13日 20:00
パイシートもオーブンも不要!?目からウロコの【59円キッシュ】 2023年10月23日 18:00
うまみを最大限に引き出す!ボリューム満点「きのこたっぷりスープ」 2023年09月22日 14:00
今ならコーヒー100円!中国のコーヒーチェーン店「Cotti Coffee(庫迪咖啡)」に行ってみた 2023年10月07日 17:00
ごま油とめんつゆで!やみつきになる「おかかおにぎり」 2023年11月08日 06:00
ご飯が進むおいしさと話題!カルディの「牛たん味噌」実食レポ 2023年11月19日 20:00
平日から週末まで大助かり!「オーケーストア」でオススメの“お肉”商品4つ 2023年10月15日 19:00
材料2つで完成!もちもち食感がたまらない「豆腐の海苔焼き」 2023年10月17日 15:00
食べごたえアップ!みそ汁には「春雨」を入れるのが正解だった 2023年10月25日 11:00
おつまみにも◎チーズとろける「ジャガイモのひとくちガレット」 2023年12月12日 11:00
あと一品を簡単豪華に「丸ごとポテト」 2023年12月25日 17:00
旨すぎ「じゃが×ウインナー」のアレンジ3選 2023年12月31日 15:00
刺激的なネーミングも話題!「暗殺者のパスタ」が衝撃のウマさでブームに 2023年11月29日 04:00
Z世代からブームが広がりそう。ヘルシーにお腹を満たす最新の健康食「アジアン粥」 2023年11月29日 04:00
渋谷からブームに!若者たちに「いちご飴」が人気の理由 2023年12月27日 19:00
大根の大量消費に!「鶏むね肉の甘辛煮」がピリ辛旨いと大好評 2023年12月18日 16:00
ブームの予感「アジアン粥」を簡単に!ご飯&サラダチキンで作る楽々レシピ 2023年12月09日 17:00
「ネギ」って聞いて思い浮かべるのは?関東人が戸惑う"関西の常識"に90万人以上が大注目 2023年11月14日 10:00
卵とマヨで濃厚コクうま!もりもり食べられる「白菜サラダ」 2023年11月30日 13:00
まるで和風カルボナーラ!やまかけ「とろろパスタ」 2023年12月07日 13:00
とろけるおいしさに驚き!チーズは「しゃぶしゃぶ」にするのが正解だった 2023年12月14日 13:00
オーブンなし&市販品で簡単に作れる!「かまくらケーキ」 2023年12月21日 13:00
お正月の「なます」には◯◯を入れるのが正解だった! 2023年12月29日 13:00
正月明けの◯◯不足に!免疫力UPのスピード副菜3選 2024年01月05日 07:00
トマト缶余ってない?パパッと作れる簡単メイン 2024年01月20日 09:00
安い!うまい!簡単すぎ!3拍子そろった激ウマ「豚バラ丼」 2024年01月26日 19:00
【やってみた】100グラム69円の鶏むね肉、一番柔らかくなる方法は? 2024年01月05日 20:00
子どもに合わせて料理はしない。21万人が注目、arikoさんが語る「家族が幸せになる食事」 2023年11月30日 18:00
がん専門医に聞いた!がんリスクを減らす「抗がん食材」ベスト3 2023年12月21日 20:00
丸める&揚げる手間をカット!平日でも作れる「スコップコロッケ」 2024年02月22日 08:00
専門店が続々登場!定番の「おにぎり」がブームになった理由 2024年02月21日 19:00
「お酢」が隠し味!なめらか絶品ポテサラ3選 2024年01月23日 13:00
炒めものの味付けに困ったら「ポン酢」!食欲そそるさっぱりおかず3選 2024年02月01日 13:00