cookpad news
コラム

ロシアから来たジャンナさんの作る家庭料理「ボルシチ」をいただきました!

シベリアのお母さんに教わったボルシチを目黒で食す!

世界の家庭料理を旅しよう!世界中の食卓で料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)をマッチングするWebサービス、KitchHikeです! 旅先で現地の人を訪ねて、世界中の食卓を実際に取材してきた模様を臨場感たっぷりにお届けいたします。

第2回目は、日本に住む外国人の食卓から! 国際化が進む現在、日本には200万人程の外国人が住んでいます。そうとわかれば、彼らの食卓にお邪魔して、美味しい母国料理を作ってもらわないわけには行きません。普段は見えない日本の中の海外を、ぜひともKitchHikeしたくなるではありませんか。

そんなわけで今回は、東京は目黒に住むロシア人女性の食卓にもぐりこんできました。シベリア出身のジャンナさんに作って頂くのは、ロシアと言えばあの料理、そう、「ボルシチ」です。寒い寒いシベリアの地でお母さんに教わったボルシチを、ここ目黒で食べられるなんて、なんたる贅沢。

味付けのアレンジにチョコレートやチェリーを入れる?

ジャンナさんが言うには、ボルシチというのは家庭によっても味が違うし、食べてもらう相手によっても材料や味付けをアレンジするものだとのこと。一般的には豚肉が多いのだけれど、牛肉や鶏肉を使ったり、チョコレートや蜂蜜、赤ワイン、チェリーなどを入れて甘く煮込む時もあるんだとか。そして、ボルシチのあの赤さの元と言えば、ビーツ。日本では、手に入りにくいこともあるので缶詰のビーツを使うそうです。

シェアする