【全力で検証】安いステーキ肉を柔らかくする「6つの方法」を比べてみた!

577d9d1afa8d7cb523be845f89d8b098

安いお肉を美味しく食べたい!

誰もが好きなごちそうメニューといえば「ステーキ」!高級なお肉を買えば間違いなく美味しく食べられる…とはわかっているけれど、お財布の中身と相談しながらあきらめ続ける日々。そこでクックパッド編集部は、安い牛肉を少しでも柔らかく、美味しく食べたい!という永遠の課題に全力で挑んでみました!

お肉を柔らかくする6つの方法を試してみた!

18a214e6aa8df071ae25edea7c1cb9e6 検証に使うのは、業務用スーパーで安売りしていた100g238円の輸入ステーキ用牛もも肉。この牛もも肉を6等分にカットし、お肉を柔らかくする効果があると言われている6つの食材に、それぞれ漬け込むことにしました。

お肉を柔らかくする6つの食材はコレだ!

B796882171d8aaf8bf2b1f466297153b

1.牛乳(200cc)
2.すりおろし玉ねぎ(1/2個分)
3.コーラ(200cc)
4.日本酒(200cc)
5.砂糖(小さじ2)
6.お肉やわらかの素(小さじ2)

なお、写真中央手前にある「お肉やわらかの素」は、2月に味の素から新発売されて話題になっている、お肉を柔らかくする効果のある調味料です。

0c8ae80543ad2792df41e9dfeae0239a ジップロックの中に、すりおろし玉ねぎ、牛乳、コーラ、日本酒を注いで、牛もも肉を漬け込んでいきます。

F1fecafebae235c884fa0269b1bdb213 砂糖とお肉やわらかの素は、片面につき小さじ1ずつを両面にまんべんなく、まぶします。

焼くと固くなりやすい牛もも肉が、一番柔らかくなるのは果たしてどの方法なのでしょうか?

2パターンの漬け込み時間で検証

ここで、注意したいと思ったのが漬け込み時間。
長時間漬け込めば柔らかくなるのか?それとも、ものによっては短時間でも効果が出るのか?という疑問を検証するために、6時間以上漬け込んだ「A」と、10分間だけ漬け込んだ「B」の2つのパターンを用意。漬け込み時間は、柔らかさに影響を与えるかを比較しました。

すべての肉を同じ条件で焼いていきます

F75a4d0665d9c9ca8725fa8f1fdc82e7

おいしいステーキの焼き方を参考にしました!

フライパンでおいしいステーキの焼き方★ by イベリコ★
何回も経験を重ねてみてこの方法がミディアムレアで美味しくなりました。安いお肉でも大丈夫です♡誕生日やおもてなしにもどうぞ

肉の表面についた調味料をキッチンペーパーで拭き取り、油大さじ1をひいたテフロン加工のフライパンで焼いていきます。強火で焼き色がつくまで片面を焼いたら、ひっくり返して2分40秒弱火で焼きます。その後、火を止めてフタをして3分間余熱で中まで火を通します。この方法で、どのお肉も上手に焼けました!

Aea804a945567f4d3cc3a673b6add616

今回の検証の目的は“お肉の柔らかさ”なので、味が均一になるようにステーキソースで味つけをしました。

編集部で「目隠しテスト」を実施しました!

476a0417e99b18fe75c5dbe45cd47449 6種類の肉を、「A」と「B」それぞれ8名のメンバーに目隠ししたまま食べ比べてもらい、「柔らかかった順」に3位まで順位をつけてもらいました。

「2番のお肉はなんかスパイシー」「5番はフルーティーな感じがして美味しい」など一口食べるごとに、さまざま感想が飛び出しましたが…あくまで、今回の検証ポイントは“お肉の柔らかさ”です。

B3910cd975f0e0cf84ee94212244d425 「柔らかかった!」と感じた順に、1〜3の番号が書かれたシールを貼ってもらいました。

ついに!結果発表

さきほどの集計結果を下記のルールで得点に換算してみました!

・1番柔らかかった=3点
・2番目に柔らかかった=2点
・3番目に柔らかかった=1点

6時間以上漬け込んだ「A」の結果

5ecec4808df3614fc8e1905fea9c5644

1位…お肉やわらかの素 22点
2位…日本酒 13点
3位…牛乳、コーラ、砂糖 各4点

「お肉柔らかの素」がダントツの1位、次いで「日本酒」という結果に。ですが、それ以外にも、まんべんなく票が入りましたよ。

10分間だけ漬け込んだ「B」の結果

E5aeee6193baa8379e9b0cae7212d406

1位…お肉やわらかの素 18点
2位…すりおろし玉ねぎ 11点
3位…コーラ 9点

こちらも「お肉やわらかの素」が1位、次いで「すりおろし玉ねぎ」、「コーラ」の順となりました。

この結果を、クックパッド食みらい研究所 特任研究員の石川伸一先生に科学的に説明してもらいました。

「『お肉やわらかの素』と『すりおろし玉ねぎ』については、どちらもプロテアーゼというタンパク質分解酵素の作用で、お肉が柔らかくなったと考えられます。また、以前の記事では塩水に漬けることで肉が柔らかくなりましたが、今回は日本酒やコーラなどpHが低い酸性の液体に肉を漬け込むことで、酸で筋肉組織が解けたことが、焼いても肉が固くならなかった理由として挙げられます」。

「お肉やわらかの素」の効果はバツグン!一家に1つ常備しておきたい調味料ですが、「お肉やわらかの素」が家にない場合もありますよね。そんなときは、急いでいるなら「すりおろし玉ねぎ」に、時間があるなら「日本酒」に漬け込むのがよいということが判明しました。

おいしいステーキ肉をお腹いっぱい食べたいというみなさん、ぜひこの検証結果を参考にしてみてくださいね!

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「裏ワザ」 アクセスランキング (毎日6:00更新)