cookpad news
メインおかず

鉄分たっぷり!「スープパスタ」献立で冬の貧血対策

体がだるい、フラフラする…鉄欠乏性貧血かも!?

フラフラする、体がだるい……そんな症状がよくある人は、もしかしたら鉄欠乏性貧血かもしれません。鉄欠乏性貧血とは、慢性的に鉄の摂取量が少なかったり、逆に鉄の排出量が多いとき、また鉄の必要量が多くなったときに起こります。女性は、月経はもちろん、妊娠や出産などのライフイベントもありますが、じつは無理なダイエットや偏食でも鉄欠乏性貧血になることもあるので、注意が必要です。

鉄はどんな働き?

赤血球は血液の成分の一つで、酸素を体のすみずみに運ぶ働きがあります。酸素をキャッチするのが、赤血球の中にあるヘモグロビン。このヘモグロビンの材料が鉄のため、体の中に鉄が足りなくなると、酸素を全身に運べなくなります。疲れやすくなったり、めまいや立ちくらみなどさまざまな症状が起こるのもこのためです。鉄を多く含む食材をバランスよくとることで、こうした症状を改善できます。

おすすめの夕食献立はこちら!

【主食、主菜】あさりのスープパスタ

鉄が豊富なあさりを使ったパスタ。レシピは生のあさりを使っていますが、もっと手軽に作りたい場合は缶詰でもOK。ちなみにスパゲティにも鉄が含まれていますよ!

【副菜】ほうれん草と大根のおひたし風サラダ

ほうれん草には鉄、大根にはビタミンCが多く含まれています。植物性食品に含まれている鉄は、動物性より吸収されにくいのですが、動物性たんぱく質やビタミンCといっしょにとることで吸収率がアップします。

【デザート】プルーン入りヨーグルト

鉄が含まれているプルーンは、ヨーグルトといっしょなら食べやすくなります。

鉄がたっぷりとれる食材をちょこちょこ組み合わせることで、食事のバランスも自然にアップします。あと一品増やしたいときにもおすすめです。

執筆:富田チヤコ

フードライター&コピーライター、管理栄養士
雑誌やWEBなどで、「健康」「食」に関する取材記事やコラムなどを執筆。 わかりやすく、食の楽しさを伝えます。

シェアする