cookpad news
コラム

未来の国民食!?「スパイスカレー」が日本の新しいスタンダードになる日【平成食ブーム総ざらい!Vol.11】

阿古真理

作家・生活史研究家。食や食らし領域が専門。

約30年続いた平成は、4月30日に終わりを迎えました。「令和」になった今こそ、平成にあったさまざまな食のブームや事件を振り返ってみるのはいかがでしょうか。昔懐かしいものから直近のものまで、作家・生活史研究家の阿古真理さん独自の視点で語っていただきます。

和食にルーツあり!「スパイスカレー」の正体

『dancyu』(プレジデント社)の2018年9月号カレー特集のタイトルは「スパイスカレー 新・国民食宣言」。それは、大阪で生まれたスパイスカレーが、全国に広がっていることを伝える内容だった。私も『パクチーとアジア飯』(中央公論新社)の執筆に際して、大阪で何回か食べたとき、「これは新しい日本のスタンダードになるかもしれない」と感じていた。

そんな画期的なスパイスカレーとは何か。カレーはそもそもスパイシーなものではないのか。どこルーツなのか。食べたことがない人にとっては、謎だらけかもしれない。

スパイスカレーは、日本で生まれた新しいタイプのカレーで、店によって異なる独自のスパイスの扱い方に特徴がある。私が食べたものはどれも、複雑な味わいがありつつ、あっさりしていた。それは、どろりとしたふつうのカレーライスのような、小麦粉のルウが入っていないからだろう。『関西のスパイスカレーのつくりかた』(eoグルメ編集部、LLCインセクツ)にも、小麦粉が入ったレシピは皆無だ。それから、インドカレーとは違い、基本的にご飯を合わせる。

同書を観ると、和の要素が入っているカレーは多い。梅干し、カツオ出汁、鯛のアラ、ゴボウ、酒かすなどが使われている。中華との融合もある。「梵平」という店が考案した「白身魚とほうれん草の四川風スパイスカレー」は、一味唐辛子と花椒を加える。それは明治時代に入ってきた西洋料理が、ご飯に合う洋食に進化したことに似ていて、日本人が安心するスパイシーさを持った「和食カレー」なのである。

スパイスカレーは、1992年に大阪・ミナミにカレー屋「カシミール」ができたことで、産声を上げた。世紀の変わり目頃からほかの店ができ始め、2008年に関西のグルメ情報誌『あまから手帖』(クリエテ関西)8月号に、その後『dancyu』が2011年8月号など数回紹介した後、2010年代後半になってブームになった。
今は北浜に移転した「カシミール」をはじめ、ミュージシャンが始めた店が多いこと、休業時間に間借りし、サイドビジネスとして開業する店主が多いなど、店の成り立ちにも特徴がある。そのせいか、どことなく文化の香りがする。

間借りカレー」は最近ちょっとした流行りで、東京でも存在する。開業資金が少なくて済むし、本業とは別に店を持つやり方はリスクが少ない。厳しい時代だからこそ、好きなことを追求して自分らしく生きたい人もいるだろう。そういう新しい働き方が、主要な大企業が東京に本社を移してしまい、不況が深刻な大阪で始まった点が示唆的だ。スパイスカレーは、平成の経済構造の問題を体現するとともに、それでも生きる人間のたくましさを感じさせる。

流行するのは、時代に合っていたからだろう。スパイスの味に慣れ、昭和のカレーライスでは刺激が足りないと思う人たちの好みに合う。小麦粉のルウは重たい、と思う感性にもちょうどいい。私たちがよく知るカレーライスは昭和の初めに流行し、昭和が終わる頃にはなつかしい「おふくろの味」になっていた。その意味で、「昭和カレー」とも呼べる。対して、平成の初めに生まれ、平成の終わりに全国に広まったスパイスカレーは、「平成カレー」ではないか。

なぜ大阪で誕生したか、という点についてくわしくは『パクチーとアジア飯』で書いたので、ここであまり深堀りはしない。一つだけ関西出身者としてあげたい理由は、大阪人はオリジナリティを発揮することが好き、という点だ。

冗談が好きで、面白くなるなら虚実入り混じった話も平気な大阪人。何かがすばらしいと説明するのに「俺の中では一番やねん」と言うことがある。スパイスカレーも、正統派インドカレーやスリランカカレーなどとは違う、独自のつくり方をしている。

店主たちが、「俺の中では一番おいしい」味を追求した趣味のようなライフワークのような、あるいは生き方そのもののようなカレーが、スパイスカレーだったのではないか。本物でも正統でもなくていい。それより、自分が考案したオリジナルで最高においしいものを提供して、人が喜ぶ顔が見たい。そういう気持ちの集合体が生んだカレーが、全国に広がろうとしている。

新しい文化は、異文化と接触したとき、それから逆境に置かれたときに生まれる。両方の要素を持つスパイスカレーはきっと、人に厳しかった平成の時代が生み出した、新しい食文化なのである。

阿古真理(あこ・まり)

©坂田栄一郎
1968(昭和43)年、兵庫県生まれ。作家・生活史研究家。神戸女学院大学卒業。食や暮らし、女性の生き方などをテーマに執筆。著書に『昭和育ちのおいしい記憶』『昭和の洋食 平成のカフェ飯』『小林カツ代と栗原はるみ』『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか』『パクチーとアジア飯』など。

執筆者情報

阿古真理

作家・生活史研究家。1968年、兵庫県生まれ。食や暮らし、女性の生き方を中心に生活史と現在のトレンドを執筆する。主な著書に『大胆推理!ケンミン食のなぜ』・『家事は大変って気づきましたか?』(共に亜紀書房)、『ラクしておいしい令和のごはん革命』(主婦の友社)、『日本外食全史』(亜紀書房)、『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』(幻冬舎)、『料理は女の義務ですか』・『小林カツ代と栗原はるみ』(共に新潮新書)など。

阿古真理さんの理想のキッチンに関するプロジェクトはご自身のnoteやYoutubeでもコンテンツを更新中です。

関連する記事
今は「クセつよ」が人気。チーズケーキが日本人に愛されるようになったきっかけ 2023年11月28日 19:00
スパイシーな味付けで手が止まらない!業務スーパーの「スパイシーワッフルポテト」実食レポ 2023年12月03日 12:00
子どもに◎冷めてもしっとり「鶏むねとコーンの一口おかず」 2023年11月27日 06:00
「にんじんバターライス」でシチューがレベルアップ!炊飯器で作れるお手軽レシピ 2023年12月18日 10:00
飲んだらやみつき!アレを入れた「コーヒー」がウマすぎた 2023年12月16日 06:00
これからのごちそうシーズンに備えて!パスタの代用に◯◯でダイエット 2023年12月19日 17:00
朝からバタバタ!そんな日のごはんに「5分スープ」 2023年12月28日 06:00
旨すぎ「じゃが×ウインナー」のアレンジ3選 2023年12月31日 15:00
マニアが食べ比べ!業スーで1番おいしい「スパム缶」はコレだ 2023年12月15日 20:00
【TVでも話題に!】混ぜない!こねない!重ねるだけの「乱暴ハンバーグ」 2023年12月14日 19:00
渋谷からブームに!若者たちに「いちご飴」が人気の理由 2023年12月27日 19:00
ニトリで爆売れ「毎日とりかえキッチンスポンジ」使ってみた!100均と比べてみると…? 2023年12月09日 18:00
アメリカの意外な場所で見つけた「スターバックス」激レア商品や裏メニューを現地レポート! 2023年12月22日 20:00
家にある◯◯でカレーが格上げ!試してみたい隠し味4選 2024年01月04日 14:00
480人絶賛レシピも!爆速完成の「もやしだけ」副菜 2024年01月03日 15:00
これで中身が飛び出ない!鍋料理の長ネギはこの切り方がおすすめ 2024年02月01日 14:00
フルコース料理に進化!?日本のとんかつが外国人旅行者に人気の理由 2024年01月31日 20:00
冷めても◎やみつき「ブロッコリーペペロン」 2024年02月04日 10:00
え、これ入れるの?旨さ倍増する「カレーの隠し味」はコレ 2024年02月17日 10:00
いつものレトルトカレーを「バターチキンカレー」風にする方法 2024年02月19日 08:00
【460人絶賛レシピも】ちくわで作る大満足メインおかず3選 2024年02月23日 08:00
丸める&揚げる手間をカット!平日でも作れる「スコップコロッケ」 2024年02月22日 08:00
ウソでしょ!?「厚揚げ」は冷凍でもっと便利な食材に進化 2024年02月25日 16:00
専門店が続々登場!定番の「おにぎり」がブームになった理由 2024年02月21日 19:00
◯◯でカリカリ食感!食べてびっくりの「ちくわおかず」 2024年02月05日 16:00
品切れしている店舗も!カルディの「フライドチキンの素」実食レポ 2024年03月19日 18:00
一番人気はちくわの◯◯!北海道民に愛されるコンビニ「セイコーマート」でみんなが何を買っているか現地調査してみた 2024年01月12日 21:00
300人の料理好きに聞いた!本気でおすすめするキッチンアイテム(鍋&フライパン編) 2024年02月02日 20:00
風邪予防にこれ飲んで!ヨーロッパ発の健康ドリンク 2024年03月05日 17:00
「鍋の底に残っていた…」がなくなる!固形カレールーの溶かし方 2024年03月06日 11:00
家のアレ足してみて!「ポテトサラダ」の隠し味 2024年03月23日 17:00
新じゃがでホクホクおいしい!この時期に食べたい「ジャーマンポテト」4選 2024年03月25日 07:00
これおいしすぎる…!チルドしゅうまいの意外な食べ方レシピ3選 2024年03月15日 16:00
スパイスカレー、生クリームがてんこ盛り…東京でうどんが独自の変化を遂げていた 2024年03月23日 16:00
むね肉だけで絶品!子どもに大好評の「チキンスティック」はいかが? 2024年03月04日 16:00
パサつかず柔らか!「鶏むね肉」のホイル焼きがうまみたっぷりでジューシー 2024年03月14日 19:00
弁当にも◎食感ハマる「カレーちくわ」が簡単ウマいと大好評 2024年03月18日 16:00
グラブジャムンだけじゃない!注目の「インドアフタヌーンティー」を編集スタッフが体験してきました 2024年03月30日 14:00
【災害時に役立つレシピ】断水中に子どもからのリクエスト「カレーが食べたい!」にどうこたえる? 2024年02月26日 12:00
皮ごとおいしく食べられる!新じゃが炒め3選 2024年04月01日 12:00
芽が出にくい⁉︎おいしくキープ「じゃがいも保存ワザ」 2024年04月20日 16:00
箸が止まらん!キャベツと鶏むね肉のがっつりメインおかず 2024年04月12日 16:00
圧倒的に成長しているグミ市場。逆転された飴やガム、若い世代は本当に関心がないのか? 2024年04月28日 17:00
“クタクタな日”でも5分で作れちゃう!スタッフ絶賛の「サバ缶」アレンジメニュー 2024年04月19日 17:00
食べ歩きが趣味の30代グルメ夫婦!栄養知識ゼロではじめたダイエットがきっかけで大きく変化した食習慣とは? 2024年03月23日 20:00
【大河ドラマで注目!】紫式部の天才的頭脳を支えたのはあの食材?現代にも活かせる平安時代の食生活とは 2024年04月12日 19:00
手が止まらない!「カリカリカレーえのき」がおやつやおつまみに大活躍 2024年05月08日 15:00
これはリピート確実…!実は爆売れしている「業務スーパー」隠れた人気商品 2024年05月10日 20:00
“キャロ活”って知ってる?大ブーム目前のスイーツ「キャロットケーキ」 2024年04月05日 05:00
早く知りたかった!人気店に聞く絶対おいしくなる「お好み焼き」の作り方 2024年04月26日 20:00