4つの材料で簡単美味!季節の味を堪能できる「たけのこそら豆炒め」【中国の簡単おいしい家庭料理 Vol.7】

4つの材料で簡単美味!季節の味を堪能できる「たけのこそら豆炒め」【中国の簡単おいしい家庭料理 Vol.7】

中国で100万人以上のフォロワーを持つ人気ブロガーで料理作家の陳宇慧さん。これまでブログに掲載して話題を集めた「おいしくて簡単な中国の家庭料理」の中から、日本の食卓にもすぐに取り入れられる絶品レシピを厳選してご紹介します。中国の“家庭の味”をぜひ楽しんでみてください♪

春野菜を代表する「たけのことそら豆」の炒めもの

こんにちは。陳宇慧です。連載第6回では、食材1つで作れる「手ちぎりキャベツ」をお届けしました。

この時期にスーパーでよく見るたけのこですが、中国では、春のほかに冬にも旬がやってきます。春のたけのこは冬のものと比べて味が成熟している反面、繊維化が進んでいるため、固いものが多いです。そのため炒め物やスープの具材として使うなど、柔らかくして食べられる料理に使用されることが多いです。

そして、もう一つ食卓に良く登場する旬素材が「そら豆」。中国では清明節(大体4月上旬)前ぐらいになると頻繁に登場し、様々な料理に使われます。

今回は春を代表する2つの食材で作る、「たけのこそら豆炒め」のレシピをご紹介します。季節の味をたっぷりと楽しめますよ!

旬の味を堪能!「たけのこそら豆炒め」

材料

たけのこ 約500〜600g
そら豆 約150g
塩 小さじ1
四川花椒油 小さじ1(省略可)

3dc1717c4ce925137f5a9b9773927e82

作り方

(1)たけのこを切る

皮付きのたけのこの場合は、まず皮を剥ぐことから始めます。最初から手で剥くのは大変なので、根元から4cm位の位置で切って、下の部分は捨ててください。

7270f19825746d5e905fbf729bad42ee 写真のようにたけのこを真ん中から切り分けると、皮を剥ぎやすくなります。たけのこは転がりやすいので、包丁をたけのこの実に挿し込んでから、全体を押し下げて切り分けるとスムーズです。

F71b96ce23da93cbeb6eb78403823dc6 皮を剥いだら綺麗に水洗いし、一口サイズを目安に切ります。

(2)たけのこを揚げる

たけのこにはシュウ酸などが含まれているため、炒め時間が短いとアクやえぐ味が強く、胃が弱い人は消化不良を引き起こすこと恐れもあります。なので、炒める前に揚げるか少し茹でるかして、アクを取り除いてください。

F06d7cd6a35291a45ae2ca92106bb4bd キッチンペーパーでたけのこの水分を拭き取り、120度位の油で8分程度揚げます。続けて温度を180度に上げて、さらに2分揚げます。

07e254ba4b8bbd5bec0fd9ec8b35b952 揚げたたけのこの表面はやや焦げて黄色っぽいですが、風味がさらに濃縮しておいしくなっています。多めに揚げて冷凍保存してもおすすめです。

(3)そら豆と炒める

フライパンに小さじ2の油(分量外)を入れて、中火でフライパンを熱し、そら豆を入れます。

B253bb06b50e97d426cc10b0ff76adad 表面が少し白く、膨らみ気味になるまで炒めます。

26d38fd74dec547d22d656049561ed6a 揚げたたけのこと塩を入れます。よく混ぜたら火を止めて、最後に四川花椒油を入れて味を整えます。花椒油の独特な風味が、たけのことそら豆に良く合いますよ。入れなければ素材の味を楽しめるので、お好みで選んでみてください。

旬食材のコンビは釜飯にしてもおいしい

同じく揚げたたけのこと生そら豆に塩を少々加えて、お米と一緒に炊けば、おいしい春の釜飯が作れます。季節の食材を組み合わせた料理で、旬の味わいを家庭で楽しんでみてくださいね。


陳宇慧

18d5a631ff778c34f86ade9888bc5a51 愛称は田螺姑娘(タニシ娘)。中国で100万人以上のフォロワーを誇るブロガーであり、料理作家。ディテール重視で、心が暖かくなるような家庭料理が得意。レシピが詳細で作り方のポイントが的確なため、成功率が極めて高いと支持されている。中国で『日出之食』、『日日之食』、『愉快地吃、痛快地痩(楽しく食べながら、痛快に痩せていく)』と3冊のレシピ本を出版しており、いずれも販売部数が5万部を超えるヒット本となっている。
【クックパッド】陳宇慧のキッチン
【Instagram】elynchan

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)