cookpad news
副菜レシピ

一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

SNSで発信する、超絶便利なお料理のワザが大人気の麦ライスさん。料理を初めてこうした活動をするに至った経緯や、今すぐ使えるおすすめのお料理ワザについてお聞きしました!

趣味の食べ歩きから、未経験のまま高級店で修行の道へ

麦ライスさん:「実は元々食べ歩きが趣味で、ラーメンに始まり次第にフレンチのコースやアメリカンまで色々なお店を食べ歩いていました。その趣味が高じて、自分で作りたくなったのが料理を始めたキッカケです。自宅であれこれと独学で取り組んでいましたが、次第に本格的に学びたいと感じるようになって、高級店に飛び込みました。未経験からだったので苦労しましたけど、星付きレストランのシェフの元で働きながらたくさん勉強して、本当に成長できました」

プロの腕を身に付けた麦ライスさんが、レストランで働きつつもSNSで料理についての投稿を始めたのはなぜでしょう。

麦ライスさん:「自分が培って来た技術を家庭向けに使いやすい形で世の中に広げていけば、料理を楽しめる人が増えるのではないか、と思ったのです。世の中には、料理が好きな人、苦手な人、嫌いな人…と様々な人がいますが、僕のSNSでの発信がキッカケで『これならやってみたい!』、『料理が上達した!』となる人がいたら純粋に嬉しいなぁと思いました

なんとも素敵でありがたいお志ですね!

大反響の「ゆで卵の時間表」

そんな麦ライスさんのSNS発信の中でも、特に人気の高いのがこの記事のメイン写真に載せている「ゆで卵の時間表」なんだそう。

麦ライスさん:「沸騰したお湯に冷蔵庫から出したての卵を入れ、写真の表記通りの時間タイマーで測ってゆで、氷水で冷やして完成です。これ僕の中で大切なテクニックで、多分一生使えます。画像を印刷しておくと良いですよ」

まさに、一生モノのプロのワザ!
そしてもう一つ、今の時期におすすめの簡単家庭料理『みソイ汁』も教わりました。

麦ライスさん:「豆乳をつかったお味噌汁で、ヘルシーなのにとても濃厚です。量を増やせばお鍋にもなり、シメにうどんやご飯を入れれば寒い冬も温まります。好きな野菜やお餅を入れて食べて欲しいです」

『みソイ汁』の作り方

<材料>(3〜4人分)
無調整豆乳…250cc
水…250cc
味噌…大さじ2
昆布だし顆粒…小さじ2
砂糖…小さじ1と1/2
すりごま…大さじ2
豆腐…一丁
小松菜…4株

<作り方>
1. 全ての材料を鍋に入れ、温めたら完成!

サツマイモとキャベツも入れても最高なんだとか。色々アレンジして楽しめそうです。

プロとして活躍しつつも、家庭向けに使える様々なアイデアを発信し続ける麦ライスさん。今後の活動もぜひチェックしていきたいですね。

麦ライス

趣味の食べ歩きから次第に自分で料理を始め、さらに料理熱が高じてプロの道へ。現在は都内のレストランシェフ。本業の一方で、Twitterでは料理初心者でも簡単に再現できる料理テクを紹介して大人気に。
「本業に負けないぐらい楽しんでやっています(笑)」とは本人談。

Twitter:麦ライス@簡単レシピ&料理テク(@HG7654321
Instagram:麦ライス/簡単レシピ(@hg.7654321

シェアする