cookpad news
トレンドレシピ

あさイチで注目度急上昇!地味なのにすごい♪こんにゃくは食べ過ぎの季節の救世主

クックパッドニュース編集部

日本No.1レシピサイト「クックパッド」編集部

12月24日クリスマスイブの「あさイチ」の特集はなんと「こんにゃく」。ごちそうがたくさんテーブルに並ぶ日になぜこんな特集を?と思ったのですが、実は食べすぎになりやすいこんな季節こそ低カロリーの「こんにゃく」は強い味方。地味なルックスからはわからない、「こんにゃく」のすごい実力とは?

地味に見えて実は優秀!おりこう食品こんにゃくの秘密

12月24日のNHK「あさイチ」では、クリスマスをはじめ、ついつい食べ過ぎてしまう季節のお助け食材として「こんにゃく」を徹底取材。栄養学から特徴から、料理のポイントまで詳しく紹介され、目からいくつもウロコが落ちちゃいました。今回は特別に3つのポイントをリポートします♪

ポイント1 こんにゃくの意外なパワーについて

こんにゃくは、「こんにゃく芋」というサトイモ科の植物の球茎から作られる加工食品。グルコマンナンという食物繊維の一種が含まれているため、便秘解消に役立つというのはご存知の通り。200g食べてもわずか10calという低カロリーなところも嬉しい。でも、「こんにゃく」の実力はこんなものではないんです。

NHKの取材によれば、「こんにゃく」には……
①血液中の中性脂肪や(悪玉)コレステロールが上がるのを抑えたり
②血糖値の上昇も抑える働きがある
というすごいパワーが備わっているんだそうです。

こんなすごい力をもった「こんにゃく」。イベントシーズンに限らず、普段からもっと食べるようにしたいものですね。

ポイント2 プロ直伝!こんにゃくに味を染み込ませるテクニック

じっくり煮込んで作ったはずの煮物なのに、なぜか「こんにゃく」にだけ味が染み込んでいなかったという経験はありませんか?実はこれは味付けをするタイミングの問題。味を染み込ませるテクニックは大まかに言ってこのふたつ。
・下茹でした後、一度冷ましてから、他の食材と煮込む
・しょう油などの調味料は、煮汁が冷たいうちに入れる

これなら簡単にマネできそう!ですね。

ポイント3 地味な「こんにゃく」をおしゃれにする裏ワザ

最後に面白かったのが、「こんにゃく」をおしゃれにするコツ。あさイチでは野菜を使って「こんにゃく」をカラフルな色に変えるテクニックも紹介。玉ねぎの皮と一緒に「こんにゃく」を煮ると、キレイな黄色に。緑色の「こんにゃく」はなんと、ゴボウで染められたものでした。 黒っぽい色が苦手で「こんにゃく」を子供が食べてくれない……なんて方は、ぜひ試してみたいアイディアです。

クックパッドにもこんにゃくをおしゃれにするレシピがエントリーされていましたよ。いくつかご紹介しましょう。

おしゃれで美味♪

和風なこんにゃくが、おしゃれなテリーヌに大変身!?

最近は「こんにゃく」の仲間である「しらたき」がヨーロッパでブームになっているそうです。さすが健康や流行に敏感なヨーロッパ人。日本人の私たちも負けないよう、体にいい「こんにゃく」を食べて健康になりましょう。(TEXT: 黒沢るか/ライツ)

執筆者情報

クックパッドニュース編集部

日本No.1のレシピサイト「クックパッド」のオウンドメディアであるクックパッドニュースでは、毎日の料理にワクワクできるような情報を発信しています。人気レシピの紹介や、定番メニューのアレンジ、意外と知らない料理の裏ワザをお届けしています。

編集部おすすめ