cookpad news
トレンド

東京の人気カレー店考案!酢を入れて夏にもさっぱり美味な「オクラとすりごまのチキンカレー」

【今週のおすすめの一冊 vol.20】編集部が特に「おもしろい!」と注目した料理にまつわる本をピックアップし、気になる内容をダイジェストでお届け。今回は『and CURRYのフライデーカレー』(立東舎)についてご紹介します!

週1回のカレーのススメ

まだまだステイホームが必要そうな2021年、自炊はこれからも続きそうですね。毎日の献立決めや食事作りに疲れてしまっている方も多いのではないでしょうか…?

献立に迷ったり、考えるのがおっくうなときこそ、週に1回のカレー曜日を作ることを提案するのが、人気カレー店「and CURRY」主宰の阿部由希奈さん。「仕事で疲れて帰っても、10分、15分で作れて、さらに包丁も使わずに作れるカレーレシピを知っていれば無敵です。たとえば毎週末をカレー曜日と決めたら、今日はどうしよう?と悩むことがなくなり、心がとても楽になりますよ」と教えてくれました。

そんな阿部さんが紹介するカレーは、定番スパイスと冷蔵庫にある食材を組み合わせるだけで驚くほど違った味わいになり、週1回作っても飽きることはありません。使うのはたった5つのスパイス、そして玉ねぎベースさえあれば、15分で完成するレシピもあるほど、調理もシンプル。これは気軽にチャレンジができそうです!

夏におすすめのさっぱりカレー

今回は本書の中から、酢をたっぷり加えたさっぱり和風味のカレーレシピをご紹介。オクラのとろみとごまの香りが合わさったスタミナカレーです。時短で仕上げたいなら、スパイスをあらかじめブレンドして「スパイスミックス」を用意し、玉ねぎ4個をまとめて炒めて「玉ねぎベース」を作ることをおすすめします。玉ねぎ1個からカレー1回分の玉ねぎベースができるので、残った玉ねぎベースは小分けにして、冷凍ストックしておきましょう。

玉ねぎベースの作り方

材料(カレー4回分)

玉ねぎ……大4個
にんにく(みじん切り)……4かけ
しょうが(みじん切り)……4かけ
青唐辛子(みじん切り)……4本
レッドチリ(ホール)……4本
クミンシード……小さじ4
油……大さじ4

作り方

1. 玉ねぎを縦半分に切って切り口を下にしておく。繊維を断ち切るように横半分に切り、繊維に沿って縦に薄切りにする。

2. 大きめのフライパン(または鍋や中華鍋)に油とレッドチリを入れ、弱火にかけて20秒待ってからクミンシードを加え、香りが出るまで炒める。

3. 玉ねぎをすべて加えてよく混ぜる。中火にし、ときどき混ぜながらしんなりするまで炒める。フライパンの大きさに比べて玉ねぎの量が多い時は、ふたをして蒸しながら炒めると、短時間でかさが減って混ぜやすくなる。

4. 玉ねぎがしんなりし、かさが2/3くらいになったら、にんにく、しょうが、青唐辛子を加えてよく混ぜる。

5. 焦げるか焦げないかのギリギリまで混ぜずに我慢しながら加熱する。焦げもうまみなので、木べらでこそげながら好みのあめ色になるまで炒める。

6. 粗熱を取り、4等分して、保存する分は保存袋に入れて平らにし、冷凍庫へ。(冷凍庫で1~2カ月保存可。冷凍庫の開閉回数など、状態によって保存期間は異なりますのでなるべく早めに食べきりましょう)。

スパイスミックスの作り方

材料(カレー6回分)

コリアンダーパウダー……大さじ6
チリペッパー(辛さが苦手な人はパプリカパウダー)……大さじ1
ターメリックパウダー……大さじ1

作り方

1. コリアンダーパウダー、チリペッパー、ターメリックパウダーを混ぜる。密閉できる瓶に入れ、直射日光を避けて保管する。

オクラとすりごまのチキンカレー

F34bc6cd5f29bd51c0469d992e69a595 撮影/安彦幸枝、スタイリング/池水陽子

材料(2〜3人分)

玉ねぎベース……カレー1回分(上記参照)
スパイスミックス……大さじ山盛り1(上記参照)
鶏もも肉(から揚げ用)……400g
オクラ……1パック(6本)
白すりごま……大さじ2
水……300ml
酢……100ml
塩……小さじ1と1/2(目安)
ごま油……小さじ2〜3

下ごしらえ

※オクラはガクを取り、塩小さじ2(分量外)を加えた熱湯で30秒ゆで、ざるにあげて冷まして斜めに切る

作り方

1. フライパンに玉ねぎをベースを入れて弱火で温める。火を止め、スパイスミックスを加えて余熱で混ぜる。

2. 分量の水を入れて混ぜ、中火にかける。煮立ったら酢を加え、再び煮立ったら鶏肉を加えて10分ほど煮込む。

3. 肉に火が通ったら、オクラとすりごまを入れて軽く混ぜ、塩で好みの味にととのえる。食べる直前にごま油をかける(ひと皿につき、小さじ1が目安)。白すりごまは好みで仕上げにもたっぷりふって。

本書には、週に1回カレーを作ると想定した際、1年分となる54種類のカレーレシピが掲載されています。また、54種類のレシピは月ごとに提案されているので、その月々の旬や気分に合わせたカレーレシピを悩まずセレクトできるのが嬉しいポイント

ちなみに阿部さんは金曜日をカレー曜日と決め、献立決めのストレスを解消しているそう。調理時間も短く、食材を選ばずに飽きずに楽しめるカレー

さぁ、あなたは何曜日にカレーを楽しみますか?

(TEXT:小菅さちえ)

『and CURRYのフライデーカレー』(立東舎)

1週間頑張った週末は「フライデーカレー」でスパイス注入。あらかじめスパイスを合わせておき、あめ色玉ねぎを多めに作って冷凍しておけば、おいしくて元気になれるお家カレーが平日も手軽に楽しめます。旬の野菜たっぷりのカレーや缶詰でサッと作れるカレー、包丁いらずのカレーまで全54種掲載しています。

シェアする