cookpad news

1個たったの21円!YouTubeで210万再生された「豆腐のキャベ玉ちゃん」がおいしすぎる

チャンネル登録者数67万人を誇るYouTube「くまの限界食堂」で、簡単でおいしいレシピを日々アップしている料理研究家のKUMAさん。

どこにでもある食材と、難しくはないけれど確実にうまくなるコツを使ってつくる料理は、「こんなの食べたことがない!」という想像の限界を超えるものばかり。

今回紹介するのは、節約ごはんの限界を超えた「 豆腐のキャベ玉ちゃん」。YouTubeで210万再生を超えた、1個たったの21円でつくれるレシピは、お肉の代わりにこんにゃくを使って、ボリュームをアップさせるのがポイントです。

春キャベツがおいしいこれからの季節。財布にやさしく、心も満たされる時間を楽しみましょう。

格安!豆腐のキャベ玉ちゃん

時間や分量はあくまで目安。材料と大まかな作り方をチェックしたら、あとは自分の舌と腕を信じてつくってみてください。

材料(2人分)

キャベツ...1/4個
豆腐(絹ごし)...1/2丁(200g)
糸こんにゃく...100g
万能ねぎ...1束
にら...1/2束
【A】
・酒...大さじ1 
・しょうゆ...小さじ1 
・ごま油...小さじ1
【B】
・小麦粉...大さじ5
・卵...1個
・みりん...大さじ1
・しょうゆ...大さじ1/2
塩...適量
ごま油...大さじ1
白だし...大さじ1 ※白だしがなければかつお節粉大さじ1と水大さじ1で
サラダ油...適量

作り方

1. こんにゃく→炒めて味つけ 豆腐→水きり
こんにゃくは細かく切る。フライパンに【A】のごま油を中火で熱し、こんにゃくを炒める。水分が抜けて表面が乾いてきたら、酒、しょうゆを投入。そのまま冷ます。豆腐はザルにのせて水をきる。

2.キャベツ→粗みじん切り ねぎとにら→小口切り
キャベツは粗みじん切りにして塩をふり、軽くもむ。万能ねぎとにらは小口切り。

3. キャベツ、こんにゃく、豆腐を合わせる
ボウルにキャベツ、こんにゃくと、豆腐をつぶしながら投入。【B】を加えて混ぜ、5分ほどおく。

4. 最後に万能ねぎとにら投入。生地を寝かせる
万能ねぎとにらを加え、ごま油、塩(小さじ1/4くらいが目安)を加える。混ぜてしばらくおき、焼く直前に白だし追加。フライパンにサラダ油をひと回し入れて中火で熱し、生地をひと口大にして入れる。しっかり焼き目がつくように焼く。

こんにゃくはよく炒めるとぷりぷり食感に! ソースやポン酢しょうゆ、しょうがじょうゆをつけてお召しあがりください。

くまの限界食堂』(扶桑社)

今回紹介したYouTube「くまの限界食堂」での人気レシピを中心にまとめた『くまの限界食堂』が3月30日に扶桑社より発売します。寡黙ながらも心のこもった料理でもてなしてくれる、そんな亭主が営むお店がテーマの本書には、思わず肩の力が抜けてほっとする料理が多数登場します。

「楽しい時も、辛い時も、悲しい時も、寂しい時も、うれしい時も『飯食ってけよ』って言える場所でありたい」というYouTube「くまの限界食堂」の世界観がそのまま本になりました。袋とじ「常連さんの裏メニュー」&ダウンロード式PDF「くまの限界食堂 まかないレシピ」の豪華W特典もついてきます。

KUMA

映画好き、ゲーム好き、そして何よりも食べることが好きな料理研究家。チャンネル登録者数67万人を誇る自身のユーチューブチャンネル「くまの限界食堂」で日々料理動画を配信中。