cookpad news
トレンドレシピ

この秋、鮭の一番おいしい食べ方は「マヨ味噌バター」で決まり!

鮭にはたくさんの種類があります

鮭とひと口でいっても、さまざまな種類の鮭がいることをご存知でしたか?夏の終わりころから出回る「ぎんざけ」、春から初夏にかけては「さくらます」。一般に「あきさけ」「あきあじ」などと呼ばれる「しろさけ」。身の赤みが強い「べにざけ」など。実にたくさんの種類の鮭が存在していますが、そのなかの多くは9月頃に旬を迎えます。旬の鮭をおいしく食べる方法を探しましょう!

ふっくらおいしい「ホイル焼き」がオススメ

鮭の産地のひとつである北海道には、鮭をつかった郷土料理が多くあります。「石狩鍋」「ちゃんちゃん焼き」「三平汁」など、聞いたことがある人も多いのでは。今回は「ちゃんちゃん焼き」に注目!とはいえ、大きな鮭の半身丸ごと使うという大胆な調理法を持つ「ちゃんちゃん焼き」をおうちで作るのはなかなか大変。そこで、切り身で出来る、かつオーブンやフライパンでも出来る「ホイル焼き」はいかがでしょうか!

味付けに「マヨ味噌バター」を提案します!

「ちゃんちゃん焼き」の味付けといえば、味噌、砂糖、みりん、酒ですが、そこにバターのコクと、マヨネーズの旨みを加えた「マヨ味噌バター」で味付けしてみませんか?鮭といえばムニエルもおいしいので、バターとの相性は抜群。プラス、みんな大好きマヨネーズで、こってりジューシーな味わいに!

こってりおいしい「マヨ味噌バター」

野菜もたっぷり入れちゃいましょう

チーズもプラスで、子供も喜ぶ!

隠し味のからしが味を引き締めます

ホイルに鮭やお好みの野菜を包んで調理する「ホイル焼き」。洗い物も少なく後片付けも楽チンですよね。おいしい旬の鮭が手に入ったら、さっそく「マヨ味噌バター」で「ホイル焼き」。秋の味覚を満喫しましょ♪(TEXT:はまずみゆきこ)

参考文献: ・オールガイド食品成分表2015