cookpad news
コラム

リッチな甘さがくせになる、【きほんのフレンチトースト】

フレンチトーストは、玉子液の配合と、漬ける時間がおいしさのコツです。ふわふわで香り高い、本場ニューヨーク風のリッチな甘さをご堪能ください。やみつきになるおいしさです。焼き上がった先から、みなさんの口に入れてあげたいくらいです。濃い目のコーヒーによく合う味ですね。正真正銘の味をお試しください。

<材料(4人分)>

フランスパン…8切れ
玉子…2コ
牛乳…100cc
生クリーム…100cc
てんさい糖…80g
バニラビーンズ(バニラエッセンスでも可)…1/5本
バター…適量
*パンの量を減らす場合は、玉子液の量を調整してください。

<作り方>

1 ボウルに玉子を入れ、白身と黄身をしっかり混ぜます。しっかり混ぜることで、パンによくしみこみます。

2 玉子液に、牛乳、生クリーム、てんさい糖、バニラビーンズを加え、混ぜ合わせます。

3 バットの中に、食べやすい大きさに切ったパンを入れ、玉子液を均等につけます。冷蔵庫で2時間漬け置きしながら、途中で表と裏を裏返します。

665eeecb1a4cb90639ec21cac2fec030 パンの厚さは3センチくらいがよいでしょう。

4 フライパンにバターを溶かし、パンを入れ、フタをして、弱火でじっくり蒸しながら、まごころをこめて焼きます。焼き色がついたら裏返し、ふたたびバターを少量加えます。

5 裏側はフタをせず、かるく焼き、ほどよい焦げ目がついたら出来上がりです。皿に盛って、メープルシロップをたっぷりかけて出来上がりです。お好みで、ホイップクリームと焼いたベーコンを添えてお召し上がりください。

760020c888124413cea8cd38e24b5092 パンの中心まで、しっかり火が入るように焼きます。

*ホイップクリームは、生クリームに、分量の1%の塩を加え、泡立て器で撹拌します。クリーム状にかたまったら出来上がりです。

文・写真:松浦弥太郎

※こちらの記事は、ウェブサイト「くらしのきほん」内でも読むことが出来ます。この他にも、家事や料理、学びなど、暮らしに役立つ情報を、毎日ご紹介しています。

くらしのきほん

『くらしのきほん』は、食を中心に、暮らしの基本を学び、楽しみ、基本の大切を分かち合うウェブサイトです。時代が過ぎても、決して古びない、価値のある、暮らしの知恵と学びを発信していきます。
>>>『くらしのきほん』のサイトはこちら

おすすめ記事