cookpad news

いつでもブーツを脱げる女になろう!

風が冷たく寒~い日のお出かけに、ブーツは手放せません。ブーツを履いている間はいいのですが、たまたま入ったレストランがお座敷スタイルだったり、急遽お友達の家にお呼ばれしたり、不意を突かれて「エッ、脱ぐの!!」と思うことはありませんか?
プ~ンと漂う臭いを気にせず、いつでもブーツを脱げる女を目指しましょう。

かかとのガサガサが臭いの元・雑菌のエサに!

私たちの足の裏は“1日でコップ1杯分の汗をかく”、と言われています。この汗と足裏に潜む雑菌が結びついて強烈な臭いに。加えて、冬はかかとや指のつけ根部分などが乾燥し、古い角質がこびりついたガサガサ状態になりがち。雑菌はこの古い角質をエサにして、さらに増殖します。ブーツの中はポカポカ温かく蒸れやすいので、いつまでも汗が残る→雑菌と結びつく→古い角質で雑菌が増殖→さらに臭いが強烈に…という負の連鎖が起こっているのです。
素足になることが多い夏は足裏の角質ケアをこまめにしても、冬はおろそかにしていませんか?雑菌を繁殖させないために、古い角質をこまめに取り去るお手入れをしましょう。殺菌力のある石けんで指の間や爪の間よく洗い、かかとやくるぶし、指のつけ根を手でちょっと強めに擦るだけでOK。湯船でよくふやかしておくと、垢のようにポロポロ落ちます。軽石などでゴシゴシ擦ると、乾燥してよけいにガサガサするので注意が必要です。

あとは“蒸れ”と“汗”を防げば完璧!

足裏の角質ケアが片付いたら、あとはブーツのケア。帰宅したら、まずはブーツの中をしっかり乾燥させましょう。コップ1杯分の汗を乾燥させるには、お気に入りのブーツでも、続けて履いてはいけません。靴の中に消臭・殺菌スプレーをスプレーして、2~3日はそのまま休ませること。食品の箱や袋の中に入っているシリカゲルを入れておくのもオススメです。

臭いの元となる雑菌の繁殖を防ぐには、足を清潔に保ち、ブーツをしっかり乾燥させるのがポイント。この2つを守れば、いつでもどこでもブーツを脱げる足美人になれます。

シェアする