cookpad news
トレンドレシピ

さかなクンも「ぎょ!ぎょ!ぎょ!」と大喜び!「ブリのぬた」を食べてみない?

V6のいのっちこと井ノ原快彦さん、有働アナウンサーらが、社会問題から生活実用情報まで、毎日ピックアップする「あさイチ」(NHK)。主婦の皆さんが一番気になるあさイチのテーマをクックパッドがレポートします。

海と山に囲まれた富山といえば、いわずとしれたグルメ王国。今回は、そんな美味しいものいっぱいの富山の漁師町のゴッドマザーに教わった、とっておきの料理をご紹介します。

美しくて美味しい富山にフィーチャー!

3月9日放映の「あさイチ」(NHK)をご覧になった人はいらっしゃいますか?今回の特集は、知っているつもりのあの土地、あの場所の魅力をナビゲーションする「JAPA-NAVI」。レポーターとして福田彩乃さんが訪ねたのは、風光明媚なグルメ大国・富山。さっそくごちそうの数々をチェックしてみて。

列車でお寿司が食べられる!?

まず紹介されたのは、日本海の真横を走る観光列車「べるもんた」。すし職人が目の前ですしを握ってくれるこの列車で提供されるネタはすべて、地元・富山湾でとれた旬の魚。特にこの時期は、富山湾の宝石と呼ばれる「シロエビ」が絶品!お寿司以外にも富山の地酒や「ホタルイカの沖漬け」などのおつまみも味わえるというから素敵ですね!

まだある悶絶グルメの数々!

次に登場したのは、「紅ズワイガニ」。富山県の射水市は紅ズワイガニの一大産地で、年に1回、市内の小学6年生の給食で、1人1匹ずつの紅ズワイガニがふるまわれるというからビックリですね。なんとそんな紅ズワイガニを使った、ほんのりピンク色のソフトクリームまであるとか!

イチオシのブリ料理とは?

最後は、カニと並んで富山の名産とされるブリ。番組では、漁師町のゴッドマザーに教わったという、家庭料理を紹介していましたよ。それは「ブリのぬた」。作り方も簡単です。

最も脂がのっているブリの腹身の部分の身を薄くそいでいきます。そぎ落とした身に塩をして5分置くと、身がしまって食感がよくなるのだとか。次に酢、砂糖、水、塩、しょうゆを入れて甘酢を作ります。この甘酢に身を30分ほど漬け、大根おろしとあえれば完成です。普通のブリの刺身やイワシでもOKとのこと。

試食したゲストのさかなクンも飛び上がって大喜び!思わず「おかわり」とリクエストしたぐらいの美味しい「ブリのぬた」。ぜひ家でも作ってみたいという人のために、クックパッドでも探してみましたよ。

わさびが刺激的~♪

酢味噌風にしても!

いかがでしたか?酒のおつまみはもちろん、白いごはんにもピッタリな「ブリのぬた」。ぜひその美味しさを堪能してみてください。(TEXT:森智子)

シェアする