cookpad news
スイーツ

オーブンも絞り袋も不要!「逆さモンブラン」が驚きの発想すぎる

人気の秋スイーツと言えば?

秋は、栗が美味しい季節。栗で作る人気スイーツと聞いてパッと思い浮かぶのはやはり、モンブランですよね。モンブランと言えば、細長い栗のクリームが生クリームの上に巻かれて山のようになっているスイーツ。そんな風に細長くするには絞り器が必要だし、素人が作るのは難しそうと思っている方が多いと思います。でも、ちょっと発想を変えれば、簡単に作れちゃうんです!今回は、そのコツをご紹介しますよ。

具材をはさむことでボリュームアップ!

ポイントは、クリームの乗せ方です!
鍋に下準備した芋とひたひたの水を入れて、柔らかくなるまで煮ます。

芋が柔らかくなったら水を捨て、甘栗と砂糖をイン。弱火で混ぜながら水分を飛しましょう。

火を止めてマッシャーで潰したら、生クリームを入れてよく混ぜます。

アルミカップなどの上に山型になるように盛り、冷蔵庫で冷やしておきましょう。

生クリームに砂糖をプラス。しっかり泡立てたら、アルミカップの上の山に塗り、フォークでなぞって模様をつけます。これを冷やせば完成!

いかがですか?クリームを上下逆さにするだけで、簡単にモンブランができちゃうなんて感動ですね!これならオーブンも専用の絞り器もいりませんし、普段あまりお菓子作りをしたことがない人でも手軽に作れます。さっそくチャレンジしてみてください。(TEXT:森智子)

シェアする