cookpad news
メインおかず

いつもの「鶏むね」をレモンバター味で格上げ!明太マヨ副菜でご飯が進む〜♪【ふたしな献立】

理想の献立といえば一汁三菜ですが、毎日のごはん作りで汁物とおかず3品を用意するのは大変ですよね。そこでクックパッドニュースでは、2品でも満足できる献立を実際に作ってレポートする「ふたしな献立」を提案。さて今回の献立は?早速ご覧ください!

鶏むね肉をレモンバター味でぐっと美味しく!

自宅で過ごすことが多くなった今、自炊率がググッと上がり、食費もググッと上がってしまったご家庭も多いのではないでしょうか?そんな時はやっぱりこの食材「鶏むね肉」が便利です!

そこで今回は、鶏むね肉と今が旬の春キャベツと合わせて、コクと爽やかさを感じる炒め物に挑戦。副菜は、切って和えるだけのこちらのレシピです。

今回挑戦するレシピはこちら!

調理スタート!

まずはメインの鶏むねおかずから。ひと口大に切った鶏むね肉をビニール袋に入れて、お酒・塩こしょうを加えて揉みこみます。ここで副菜作りに移ります。

副菜作りは下の写真の通り!明太子とマヨネーズとこしょうを混ぜ、角切りに切ったはんぺんを加えて混ぜれば出来上がりです。おでんの具など加熱するイメージのあるはんぺんですが、実は加熱せずともそのまま食べることのできる便利な食材。和え物などに重宝しますよ。

はんぺんの明太マヨ副菜を冷蔵庫へ。その間にメインおかずを仕上げてしまいましょう!

鶏むね肉に片栗粉を加えて揉みこみ、あとはフライパンで焼いていきます。

続いて手でひと口大にちぎったキャベツを加えて炒め、調味料を加えれば完成! (ちなみにレモン汁は絞ったところ大さじ1と1/2ほどでした。生ではなく、市販のレモン汁を使う時の参考にしてくださいね♪)

ふたしな献立の完成!いただきます!

ご覧ください!このボリュームは嬉しいですよね。さっそくメインおかずからひとくち。

レモンの酸味がいいかんじ!爽やかさを感じたい春にぴったりなおかずです。鶏むね肉とたっぷりキャベツで食べ応えも充分。

続いて副菜をパクリ!明太マヨ味なんて美味しくないわけがないっ!おつまみにもおすすめの一品ですね。そして、はんぺんのふわふわ食感も口の中が”口福”に包まれ最高です!

作ってみた感想

・鶏むね肉はビニール袋で揉みこむことで短時間でも柔らかに
・レモンバターの味わいはコクと爽やかさが最高!
・はんぺんは加熱せずとも使える便利な食材
・明太マヨ味はおつまみにもぴったり

爽やかな春にぴったりの味わい♪鶏むねおかずも、はんぺんの明太マヨもあっという間にできてしまうので覚えておくと便利です!次回のふたしな献立もお楽しみに♪(TEXT:ヤスダユリ)

いつもクックパッドニュースをご愛読くださいましてありがとうございます。編集部では今、「一人暮らしの方の自炊に役立つアドバイス」を広く募集しています。ぜひ読者の皆さまのお知恵をお借りしたく、下記アンケートへのご協力をお願い致します! (集計結果は4月配信の特集記事にて発表予定です)
【アンケートはこちら】
https://enq.cookpad.com/cookpadnewsnewlife/

おすすめ記事