cookpad news
節約レシピ

管理栄養士直伝!「オクラ」長持ち保存法3選

オクラはあまり日持ちしない!?

夏が旬の「オクラ」。くせが少なく、大人も子どもも好きな野菜のひとつですね。そんなオクラですが、すぐ調理しないと「どんどん傷んでしまった!」なんてことはありませんか!? オクラは長持ちしにくい野菜のひとつなので、なるべく購入したらすぐ食べた方が良いのですが、なかなかそうはいきませんよね!そんな時に活用できる、オクラを美味しく保存する方法を今回はご紹介します!

オクラの保存方法

キッチンペーパーや新聞紙にくるみ、ラップまたはビニール袋に入れて野菜室へ

コップに少量の水を入れ、ヘタを下にして立てて保存

下処理をしてから冷凍保存

つくれぽにも嬉しいコメントがたくさん!

冷凍保存のつくれぽ にも、「無駄なく使える!」「傷む前に処理できた!」など、保存方法を絶賛する声がたくさん届いています。

いかがでしたか?旬のオクラを気になった方法で美味しく保存してみてくださいね!

執筆:早藤千紘

管理栄養士、食学士、野菜ソムリエ。 大手企業の社員食堂栄養士、有名クッキングスクールの講師、食学士としてセミナー講師などを経験。現在は自身の子育てをメインに、管理栄養士の資格を活かして、食事と健康・美容の大切な繋がりや、子どもへの食育の大切さを多くの方に知っていただけるよう活動中。