cookpad news
メインおかず

1食材だけでOK!ネバネバがうれしい「長芋」使い倒しレシピ4選

シャキシャキ&ネバネバで粘り強く夏を乗り越えよう

暑さもピークの頃、食事にツルっと喉を通るものが欲しくなりませんか。ネバネバ食材代表の長芋は、シャクシャクとした歯ざわりと喉ごしのよさが、さっぱりアイテムとして理想的です。すりおろしてだし汁を加え、とろろ飯にすれば勢いよくかっ込めそうです。ただ、大きな長芋は一度に使い切れないし、毎日とろろ飯というわけにもいきません。ならば、様々な味付けの冷菜や炒め物にして堪能しましょう。暑いキッチンで長時間の調理はツライはずなので、なるべく冷菜が多めの使い倒しレシピ4選をご紹介します。

変色、手のかゆみ防止のポイントはアク抜き

長芋を調理すると手がかゆくなるのが嫌ですよね。皮をむいてすぐ酢水にさらしてアクを抜くと、変色や手がかゆくなるのを防げます。千切りのように美しく切るのもいいけど、ビニール袋に入れて袋の外から叩いて粗く砕けば手も汚れません。包丁・まな板が不要で後片付けが簡略化されるので、忙しい時に取り入れてみてはいかがでしょうか。

海苔和え

ピリ辛和え

しょうゆ味のお漬け物

バター醤油炒め

どうでしたか? 清涼感のある副菜をぜひ今日のメニューに加えてみてください。おつまみとしても気分が上がる1品なので、キーンと冷えたビールやワインに添えてもいいですね。(TEXT:櫻井実由莉)