cookpad news

冬野菜が美味しい!体が温まる離乳食レシピ

赤ちゃんに旬のものを食べさせてあげたいと思う人も多いはず。離乳食インストラクター協会代表の中田馨さんのWEB上離乳食レッスン・第3回目のテーマは「おすすめ冬野菜の離乳食」です。

こんにちは!離乳食インストラクター中田馨です。寒い日が続きますが、ママも赤ちゃんも元気に過ごしていますか?私の子どもの学校では、学級閉鎖と言う言葉もチラホラ聞こえるように。子どもが病気になると、ママは心配です。

冬野菜には、大根、にんじん、山芋、白菜、ネギ、ニラ、ブロッコリー、カリフラワー、ほうれん草、小松菜などがあります。β-カロテンやビタミンCが豊富で、皮膚や粘膜を保護。特に根菜類は、体を温めてくれる効果があり風邪予防にもなるそうです!

今回は大根、にんじん、山芋、白菜、ほうれん草、ブロッコリーを使った体が温まる“冬野菜レシピ”を紹介。冬野菜を食べて、この冬を元気に乗り越えてくださいね!

赤ちゃんの身体がぽかぽかになる離乳食レシピ!

今回紹介するレシピは、材料を切ったら後は煮るだけ。カンタンなのも嬉しいポイントです!

大根×あんかけ

鶏ひき肉は鶏ささみに慣れた7〜8カ月(中期)ごろから食べられます。赤ちゃんの分を取り分けた後、大人用として食べるときにはさらに味付けしてくださいね。あんかけをかけるので大根はだしで煮るだけでOKですよ。食材の大きさは月齢に合わせてください。

にんじん×白菜×ブロッコリー

9〜11カ月(後期)ごろ、白身魚に慣れたら食べられます。野菜はにんじん、白菜、ブロッコリーがたっぷり入っています。スープを飲んで体を温めましょう。このスープとおかゆだけで、おなか一杯になりそうですね!

山芋×ほうれん草

9〜11カ月(後期)ごろから食べられます。山芋のとろみがほうれん草を食べやすくしてくれています。赤ちゃんも食べやすいですね。

いかがでしたか?どのメニューも味を加えて、大人メニューにしても美味しいですよ。ぜひ、親子でポカポカになってくださいね!

著者:一般社団法人 離乳食インストラクター協会 中田馨

兵庫県西宮市出身。2002年より0歳児専門保育所を経営。第1子の離乳食につまづいたことから離乳食に興味を持ち、第2子の離乳食開始と同時に離乳食ブログを開始。2014年に一般社団法人 離乳食インストラクター協会を設立。離乳食インストラクター養成講座や子育て中の方を対象とした離乳食の講義・料理教室などを中心に活動している。

離乳食に悩んだら、クックパッドの「ベビー&ママ」コーナー

管理栄養士と作ったクックパッドのあんしん基準を適用した「ベビー&ママ」カテゴリー、離乳食のきほん情報、不安・疑問を解消するためのコツ・ヒント満載のクックパッドのベビー&ママコーナー。
専門家の知識と先輩ママの経験が集まった、ママたちの「本当はこんなの知りたかった!欲しかった」という声に応えました! 詳しくはこちら