cookpad news
コラム

冬こそおいしく!Twitterでも大人気「JA全農広報部」さんに冬野菜を丸ごと味わいつくす食べ方を聞いた

Twitterのフォロワー数23万人超え!全農広報部が運営する公式アカウントを知っていますか? 国産農畜産物をおいしく食べる方法を140文字のツイートで発信している「JA全農広報部」さんに、Twitter運営についての裏話や、これから旬を迎える野菜のおいしい食べ方を教えていただきました。

最初のバズりはラッシーの作り方

――広報部でTwitterアカウントをはじめた経緯を教えてください。

「全農広報部【公式】日本の食を味わう」のアカウントは、2019年7月に立ち上げました。当時の部長が、「Twitterをやってみよう」と言ったのが、アカウントを開設したきっかけです。世の中的にSNSでの発信の重要度が増していたので、広報的にもTwitterを利用して発信していこうという流れになりました。

――部長さんの一声でスタートしたのですね。「こういうことを呟こう!」という内容は決まっていたのですか?

当初は、明確な目的や目標がない状態でのスタートしました。投稿をする内容を厳密に決めたわけではなかったのですが、我々は野菜、米、肉などを取り扱っている団体なので、食材の食べ方、旬の時期などを投稿していこうということだけは決まっていました。

――それが今やフォロワー23万人超えの大人気アカウントになっているわけですが、アカウント開設後、最初に反響があった投稿はどんなものだったのでしょうか。

2020年4月に、コロナ禍で飲食店や学校が休みになり牛乳の行き場がなくなってしまったことがありました。牛乳の行き場がなくなっても、ミルクを絞らないわけにはいきません。そのミルクは廃棄しなくてはいけないという状況の中で、農林水産省が日本の牛乳を救う「プラスワンプロジェクト」の呼びかけをしました。我々も牛乳を取り扱っている団体として、そのプロジェクトに賛同し、牛乳とヨーグルトを使ってラッシーを作りましょう! というレシピ投稿をしたところ、それがバズりました。

――その投稿でどのくらいフォロワーが増えたのですか?

4月になるタイミングでは700人ほどだったフォロワーが、ラッシーの投稿で1万人を超えました。それまでは、投稿するネタに悩みながら新商品や飲食店舗で行われる季節のフェアのお知らせなどを投稿していたのですが、このレシピの投稿がバズったことで読者にとって役立つ投稿が求められているということがわかりました。

1つでも多くの野菜が売れるように

――やはり、多くの方が見てくれるようになると反応も増えて投稿に力が入るものですか?

見てくださる方が増えたことで、反応の良い投稿、あまり良くない投稿がわかるようになりました。その中で、フォロワーさんたちに受け入れてもらいやすいネタを投稿できるようになったように思います。我々のアカウントは、フォロワーさんからのコメントに、細かく返信をしていくというよりは、比較的一方的な発信の運用になっていますが、投稿に、「おいしそう」「作ってみたよ」といったリプライがあるとうれしくなります。

――運用していく中で、発信する目的が明確になったりしましたか?

国産の畜産物を食べてほしいという思いを込めて発信しています。例えば、野菜が豊作になることはうれしいことですが、市場へ出回る量が需要をはるかに上回ると値崩れを起こしてしまうことがあります。そういう状況になりそうなときには、その野菜を使ったレシピを発信して1個でも多く売れてくれると良いなと思います。野菜のことをもっと知っていただければ、もっともっと野菜が食卓に並ぶことが増えるのではないかと思うからです。

――投稿を見ると、「まるごと焼いた」「ドカンと食べた」などダイナミックなツイートが多いのですが、これにはどんな狙いがあるのでしょうか。

ダイナミックにしようと狙っているわけではないんですが、大きくカットしてたくさん食べてほしいという思いはあります(笑)。Twitterは、1つの投稿が140文字、画像は4枚までという画像という制限があります。ツイートからリンクで別サイトへ飛ばすことなく、1つのツイートで完結できる投稿を心がけているので必然的にダイナミックなツイートになってしまうのかもしれません(笑)。

――そうだったんですね。でも、1つのツイートで完結するというのは見ている側としても見やすいと思います。

レシピはぜひ試していただきたいので、簡単に作れるハードルが低いものを意識しています。見た瞬間に味や作り方のイメージがつくものだと、「やってみよう!」という気持ちになると思うんです。私自身、あまり料理が得意なほうではないので、「私でもできそう!」と感じるものはみなさんにも受け入れられるだろうという思いもあります。

ダイナミックにおいしく食べる旬の野菜レシピ

――これからの時期(秋冬)におすすめの野菜とその食べ方を『JA全農広報部さんにきいた 世界一おいしい野菜の食べ方 』(KADOKAWA)から教えてください。

4等分するだけの豪快レシピ!キャベツ主役のポトフ

キャベツをどーんと縦に4等分にカットして、顆粒コンソメ少々と、ソーセージで煮込みます。キャベツが主役だけど、迫力があるから見た目は豪華。とろとろに煮込んだキャベツを口いっぱいにほおばれる幸せが、刻む手間なしで味わえる……といいことずくめなのです!

プラスベーコンで主役に!焼き白菜

白菜は縦4等分に切り、白菜の葉と葉の間に、ベーコンを1枚ずつはさんでいく(計6枚ほど)。フライパンにオリーブ油小さじ1を熱して白菜を入れ、3面を弱火で5分ずつ焼く。全体にこんがり&しんなりしたらできあがり。これで1人分!

1本買いして大量消費「大根のバターステーキ」

「ステーキにするとぺろりと食べられるのでぜひ。大根は2cm厚さの輪切りにし、500Wの電子レンジで1枚につき約5分、少し透き通るまで加熱して、バターを溶かしたフライパンで両面を焼く。醤油と砂糖で甘辛く照り焼き風に仕上げても、ポン酢をかけてもよき。ガーリックバターで焼いて照り焼きにすると……大人のみなさんはわかりますよね? ビールです!」と広報さん。子どもも喜びそうですね。

(TEXT:上原かほり) 画像提供:Adobe Stock

『JA全農広報部さんにきいた 世界一おいしい野菜の食べ方 』(KADOKAWA)

「料理がそんなに好きじゃない方にこそ、手に取ってもらいたい一冊です。本のページは野菜毎に並んでいるので、使い切りたいときや、スーパーで眺めていただけの野菜にチャレンジするときなど、さまざまなシーンでお役に立てる内容になっていると思います。これまでに食べたことがない野菜をどのように食べるかのヒントにもなると思うので、ぜひ日々の食生活に取り入れていただければと思います」

関連する記事
「キャベツの千切り」やり方3選と保存方法!クックパッドの人気レシピを紹介 2024年06月12日 14:22
【節約にも】栄養たっぷり「サバ缶」を使ったボリューム満点◎鍋レシピ 2023年12月28日 08:00
頑固な赤サビでも落ちる?話題の「電気ケトル」お掃除ワザを試してみた 2023年12月18日 19:00
一石◯鳥!?ひき肉100gで家族分できちゃう子ども大喜びなお子様ランチ風【ハンバーグ鍋】 2023年12月25日 12:00
本当に万能!カルディの「いぶりがっこタルタル」実食レポ 2023年12月18日 13:00
え、おにぎりにも合うの!?旨すぎる「白菜」の新しい使い方 2024年01月17日 06:00
忙しい日はこれ作ろ!10分で完成する白菜×豚肉のメインおかず 2024年01月13日 08:00
簡単なのにごちそう感あり!白菜と鶏むね肉のシチュードリア 2024年01月15日 10:00
300人絶賛!白菜&チーズがトロトロ絶品「クリームシチュー」 2024年01月20日 14:00
量が多くても完璧に作れる!究極の「野菜炒め」 2024年02月02日 08:00
中からチーズがとろ~り!X(旧Twitter)で話題の「もっちもちチーズいももち」の作り方を聞いてみた 2024年01月12日 20:00
無印良品の隠れた名品「野菜や果物の鮮度を保つポリエチレン袋」で野菜を保存してみた! 2024年01月13日 12:00
大根だけでもう1品!サッパリおいしい作りおき副菜5選 2024年01月20日 19:00
生姜の爽やかな風味が美味「白菜入り豚の生姜炒め」の即席夕食献立 2024年01月27日 11:00
味や食感が良くなる!「キャベツの千切り」のワザ 2024年01月01日 16:00
大量消費にも!「白菜だけ」で作れるあと一品おかず5選 2024年01月08日 16:00
求む、濃い味つけ。「鶏むね1枚+キャベツ」だけでメイン4選 2024年01月25日 16:00
がん専門医に聞いた!がんリスクを減らす「抗がん食材」ベスト3 2023年12月21日 20:00
白菜があったらこれ作って!1品で満足「トマチキグリル」 2024年02月05日 10:00
シャキシャキ絶品!濃厚マヨおかかの「白菜の和風コールスロー」 2024年02月07日 15:00
3cm多く食べられる!小松菜の「正しい洗い方」 2024年02月11日 15:00
トロ旨〜!「白菜&大根」があったら食べたいおかず 2024年02月19日 17:00
「材料2つ」「オーブンいらず」がキーワード!2023年に多く読まれた「スイーツ」の記事は?【年間ランキングTOP5】 2023年12月30日 10:00
【X(旧Twitter)で話題】つぶしながら焼く!「ぺちゃんこガリガリクロワッサン」のおいしい作り方を聞いてみた 2024年02月16日 20:00
食材2つで簡単作りおき!平日の夜がラクになる「メインおかず」レシピ5選 2024年02月24日 19:00
炒めものの味付けに困ったら「ポン酢」!食欲そそるさっぱりおかず3選 2024年02月01日 13:00
キャベツ半玉でボリューム満点!巻かない「ロールキャベツ」 2024年03月12日 08:00
胃炎や肌荒れに◎忙しい年度末をビタミンたっぷり「春キャベツのスープ」で乗り切ろう! 2024年03月18日 20:00
200人以上が絶賛!「春キャベツ」は焼いて食べるのが大正解 2024年03月20日 15:00
◯◯を狙って切る⁉︎キャベツの上手な「千切りのコツ」集めました 2024年03月29日 14:00
【X(旧Twitter)で話題】中からトロッとガナッシュが溶け出す「アールグレイガトーショコラ」 2024年03月15日 20:00
春キャベツで夏までに身体スッキリ!野菜をモリモリ食べられる「ごちそうヘルシーサラダ」 2024年03月26日 18:00
甘くてやわらかい旬の味!「春キャベツだけ」で作りおき副菜 2024年03月23日 19:00
さっと炒めて煮込むだけ。ご飯のすすむ「豚肉と大根と小松菜のとろみ煮」 2024年04月05日 08:00
おいしさキープ!パリパリ「キャベツ」の保存ワザ 2024年04月12日 18:00
え、それやってたわ…倹約家FPが指摘する「やってはいけない」食費節約術4選 2024年04月05日 20:00
【X(旧Twitter)で話題】「これウマい」の声多数!トロトロあまあまな「新玉ねぎの炊き込みご飯」の作り方を聞いてみた 2024年04月12日 20:00
ニトリで出会ったキャベツピーラーが超便利!ふわふわの千切りがどっさり「キャベピィMAX」 2024年04月13日 12:00
朝は解凍して詰めるだけでオッケー!冷凍できる「お弁当作りおき」 2024年04月20日 19:00
殿堂入り間近のレシピも!副菜でよく使う食材で「あと1品おかず」 2024年03月11日 19:00
「合理的にいうと料理ってする必要がない」スープ作家・有賀薫さんがそれでも料理をする理由 2024年03月29日 18:00
英国のスコーンが進化!SNSで人気のかわいすぎる「韓国風スコーン」 2024年04月05日 05:00
クリームチーズのような濃厚さ!美容系インフルエンサーが注目の「グリークヨーグルト」 2024年04月05日 05:00
【64.7万回再生された!】材料3つで作れる「即席抹茶スコーン」がX(旧Twitter)で話題 2024年05月17日 20:00
お肉がなくても大満足!「厚揚げ豆腐」でメインおかず4選 2024年05月25日 19:00
外葉も使える!食べごたえ抜群の「キャベツチヂミ」味バリエ 2024年05月27日 16:00
100万回再生された!こねずに作業5分で完成する「不思議パン」の秘密に編集部が迫る 2024年05月24日 17:00
感動するおいしさ!JA全農米穀部が教える「抜群にうまいお米の炊き方と保存法」 2024年06月14日 19:00
「だるくて疲れやすい」をキャベツが解決⁉️人生が変わる“だる抜け”の方法とは 2024年05月28日 19:00
ビールが止まらない!タレが絶品の「生姜焼き風ウインナー」がX(旧Twitter)で話題 2024年06月14日 20:00