cookpad news
裏ワザ

切れ味悪い包丁でもOK!トマトをきれいにスライスする方法

クックパッドニュース編集部

日本No.1レシピサイト「クックパッド」編集部

切れにくい包丁でもスッと切れる

トマトを切ったときにグチャッとつぶれてしまった経験、ありませんか? サラダやお弁当に使いたいとき、切り口がつぶれて見栄えが悪いと、残念な気持ちになりますよね。

そんなときのために、トマトをきれいにスライスする方法を学びましょう。 今回ご紹介する方法を使えば、切れにくい包丁を使ってもきれいに切れます。

先に切り込みを入れるのがポイント

1. 包丁の刃先でトマトの表面に浅く切り込みを入れます。指先を切らないように注意しましょう。

2. 切れ込みに包丁をあて、トマトをいつもどおりスライスします。切れ込みがあることで切りやすくなり、断面もきれいに仕上がります。

実際に試した人も絶賛!「いつもよりきれいに切れた」

つくれぽ(つくりましたフォトレポートのこと)にも「少しの工夫でこんなに変わるんだ!」「綺麗に切れて嬉しい!ありがとうございます!」など、ちょっとした工夫でみなさんの悩みが解消されて、称賛のコメントが寄せられています。

この方法を使えば、火を入れてやわらかくなったものや完熟したものでもきれいに切ることが可能です。 サラダの彩りやマリネなど、トマトの断面をきれいにしたいときには、ぜひこの方法を利用してみてください。 (TEXT:加藤千奈)

画像提供:Adobe Stock

執筆者情報

クックパッドニュース編集部

日本No.1のレシピサイト「クックパッド」のオウンドメディアであるクックパッドニュースでは、毎日の料理にワクワクできるような情報を発信しています。人気レシピの紹介や、定番メニューのアレンジ、意外と知らない料理の裏ワザをお届けしています。

編集部おすすめ