cookpad news
インタビュー

簡単だけど“丁寧に作ってる感”はほしい。料理家・長谷川あかりさんに聞く、心も身体も喜ぶ料理

幼少期は子役として活躍し、結婚を機に管理栄養士の道へと進んだ長谷川あかりさん。食について学んでいく中で「趣味の料理」と「家事の料理」の違いを強く感じたのだそう。楽しいことばかりではない家事としての料理。ラクしたい!作りたくない!と思ったときは、どうすればよいのでしょうか。長谷川さんに料理を楽しむコツについて聞いてみました。

料理したくないけど外食の気分でもない日、どうする?

正直、今は料理をしなくても生きていける時代ですよね。外食もあれば宅配もあって、世の中に“食”があふれています。私も作りたくない日は外食にしたりします。でも、困るのは「作るのは面倒だけど、外食やデリバリーでもないな〜」という気分の日。皆さんはどうしていますか?私はそういうとき、自分ができる範囲でちょっとやってみようかなと思えるところまでやってみるようにしています。

簡単であることは大前提。ほしいのは“丁寧に作ってる感”

例えば、ご飯と味噌汁だけ作ってあとはお惣菜にしてしまうとか、メインは買ってきて副菜だけ作ってみるとか。0か100ではなくて、そういう日があっても全然いいと思うんです。でも、せっかく作るなら作っていて楽しいものがいいし、さらにはそこに“作ってる感”もほしいですよね。そんなときは、丁寧に作ったように見えるように、なるべく調味料や食材を少なくして、素材を活かした料理を作ることが多いです。食材の味を活かした料理って体にもいいし、丁寧に作った感じに見えて気分も上がるんです。「こんな料理が作れる私すごい!料理が上手なのかも!」っていい意味で勘違いできるというか(笑)。そんなふうに簡単だけど達成感を得られるレシピを考えています。

各人のお皿で混ぜて食べる、これでいいじゃんポテサラ

野菜はたくさん使わず、1皿に1つでもいい

きっと皆さんが料理って面倒くさいと思うのって、下ごしらえをしているときだったりしませんか?特に野菜。皮剥きや湯通しの工程が減ったらラクだろうな〜と思うことが何度もあります。だから、私は野菜をたくさん使う料理は作らないようにしています。あれもこれも使わずに、ひとつの料理の中に入っている野菜は多くて2種類。そうすると調理がぐんとラクになりますよ。

1種類、多くて2種類しか使わないと1日の野菜の摂取量が減ってしまうことを気にされる方がいますが、現実的に考えて1日何十種類もの野菜を毎日とり続けるのはなかなか難しいので、私は1ヶ月単位で考えるようにしています。そう決めて、その野菜を使い切ったら違う野菜を買って、また別の野菜で料理を作るというのを繰り返していけば、1ヶ月くらいでいろいろな野菜を食べたことになるので、それくらいゆるい考えでいいと思います。できれば冷蔵庫の中には色の濃い野菜(緑黄色野菜)2種類、色の薄い野菜(淡色野菜)2種類くらい揃っていればOK。たくさん野菜を買うと早く使い切らなきゃと迫られる感じがありますけど、その方法なら無理なく使いきれて家計にも優しいので「1皿1野菜」がおすすめです。

SNSで大バズり!茎まで使い切れるブロッコリーレシピ

野菜を使ったレシピは私のSNSでも好評で、この前は「ブロッコリーの茎を使ったレシピ」にたくさんのいいねやコメントをいただきました。茎を捨ててしまうことへの罪悪感から開放されて無駄なく食材を使いきれますし、このレシピは調味料に漬けておくだけなので簡単です。

無駄なし!ブロッコリーの茎の塩麹漬け

フォロワーさんだけでなく、家族からも好評だったのが「白菜と豚肉をお酢で煮込んだ料理」です。夫が「米が止まらないぜ!」って海外ドラマみたいなリアクションをしてくれました(笑)。やっぱり作った料理を褒めてもらえるとうれしいですよね。夫はまったく料理ができないのですが、盛りあげ担当としていつもおいしそうに食べてくれます(笑)。

白菜泥棒の「豚肉と塩もみ野菜のすっぱ旨煮」

意外と使える野菜「かぶ」

無駄なく使える野菜はほかにもあって、私はよく「かぶ」をよく使います。皮ごと食べられますし、葉の部分も食べられて、捨てるところはほとんどないとてもサステナブルな食材です。生で食べてもいいし、煮てもおろしてもいい。しかも、1束5個くらいあるので、買った初日はメインに焼いたかぶを添えて、次の日は味噌汁にして、その次の日は副菜にすることもできてとってもお得なんです。葉は炒めてもいいですし、塩揉みしてご飯に混ぜてもおいしいですよ。本当に万能な野菜だと思います。旬は冬ですが、春や夏も冬とは違った辛味を味わうことができます。

意外な組み合わせ。かぶとゆかりクリーム煮

作りたくないときは作らない!きっと自然と作りたくなる

私は料理ってやっぱり“楽しく作る”ということが絶対大事だなと思うんです。だから、クタクタで料理を作りたくない、楽しく作れそうにないというときは、1回離れてしまうのもひとつの手だと思います。そうすると、1週間も経ったら「体のことを考えて今日はご飯とお味噌汁だけは作ってみよう」とか「ちょっと時間があるからサラダくらいなら作れそう」とか「サイトで見たあのレシピがおいしそうだったから作ってみよう」みたいに料理をする気持ちが自然と沸いてくると思います。そんなとき、私のレシピが少しでも皆さんのお役に立てたらうれしいです。 (TEXT:河野友美子)

『つくりたくなる日々レシピ』(扶桑社)が発売決定!

長谷川あかりさんの2冊目のレシピ本『つくりたくなる日々レシピ』が6月14日に発売予定。SNSで話題を呼んだレシピのほか、未公開レシピを含む60品をたっぷり収録。時短料理でもなく、丁寧料理でもない。でも、「料理をしている感」がきちんとあって、私ってこんなのつくれるの?と思わず自画自賛してしまうはず。おいしく、体にやさしいだけでなく、自己肯定感まで上がる欲張りなレシピ本です。

長谷川あかりさんの春レシピ掲載『cookpad plus 2023年春号』(扶桑社

季節のレシピのほか、ちょっと素敵な暮らしの情報をお届けする季刊マガジン『cookpad plus』。2023年春号では、春キャベツ・新じゃがいも・新玉ねぎを使った時短・簡単・ボリューム満点のレシピや、卵を使ったレシピなど旬の食材や春らしさを楽しめるレシピが盛りだくさん。その他に「みんなのお弁当人気ランキング」「笑顔こぼれる 手づくりおやつ」などのアイデアも紹介しています。特別付録は、ムーミンの磁器のボウル皿2個セットです。
>> 詳しい内容をチェック!

【ご購入はこちらから】
Amazon

長谷川あかり

料理家、管理栄養士。なんでもない日を幸せにする、シンプルで豊かなごはんのレシピを投稿したSNSで人気。 著書に、『クタクタな心と体をおいしく満たす いたわりごはん(KADOKAWA)』がある。

関連する記事
【見知らぬ土地で子なし、友達なし】孤独だった元・歯科助手がフォロワー8万人越えの人気レシピ作家になるまで 2023年12月09日 20:00
知っておいて損なし!長持ちするかぶの保存法 2023年12月27日 11:00
おひたしに飽きたらやってみて!旬のほうれん草を使った副菜レシピ 2023年12月29日 15:00
生春巻きだけじゃない!「ライスペーパー」がSNSで大バズりした理由とは? 2023年11月29日 04:00
2023年春の物価高騰…苦境の中で驚きの「卵なし」レシピが爆誕! 2023年11月29日 04:00
昨年の食トレンド予測から見事、入選!なんでも使える「米粉」が大ヒット 2023年11月29日 04:00
1個600円以上!パリで日本のおにぎりが大ブーム。人気の理由は? 2023年11月29日 04:00
新感覚のスイーツに変身!2024年大注目の野菜は「とうもろこし」 2023年11月29日 04:00
世界が日本の「和紅茶」を絶賛!ビール・コーラに続くクラフトブームはコレ 2023年11月29日 04:00
Z世代からブームが広がりそう。ヘルシーにお腹を満たす最新の健康食「アジアン粥」 2023年11月29日 04:00
衝撃の甘さを体験してみた!手作りでも缶詰でも楽しめる「グラブジャムン」 2023年11月29日 04:00
“練らないこと”がポイント!バターと卵不使用の「チョコスコーン」がX(旧Twitter)で話題 2023年12月08日 20:00
カルディの高コスパ食材はどれ?11月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年12月08日 22:00
血圧が高いといわれたら?注意したい食生活と食事のポイント3つ 2023年12月20日 20:00
ブームの予感「アジアン粥」を簡単に!ご飯&サラダチキンで作る楽々レシピ 2023年12月09日 17:00
ライスペーパーでシャリサクッ!の新食感「鶏胸肉の唐揚げ」をクリスマスに 2023年12月21日 12:00
30代スタッフに聞いた“こだわり”!料理で「面倒だな」と思いながらもやってしまうこと 2023年12月01日 17:00
あの料理にもすごく合う!編集部スタッフも悩む「味の素」の上手な使い方とは… 2023年12月15日 17:00
料理をするとき必ずつける?30代スタッフの「エプロン」に対する本音とは… 2023年12月22日 17:00
なんと8割の子どもに栄養失調のリスクが!その原因は◯◯不足にあった 2023年11月28日 20:00
とろけるおいしさに驚き!チーズは「しゃぶしゃぶ」にするのが正解だった 2023年12月14日 13:00
驚愕!快感!ブロッコリーの茎の皮をむく方法 2024年01月26日 07:00
中からチーズがとろ~り!X(旧Twitter)で話題の「もっちもちチーズいももち」の作り方を聞いてみた 2024年01月12日 20:00
え、これ便利すぎ…クックパッドで話題の「バターの切り方」がスゴかった! 2024年01月22日 20:00
無印良品の隠れた名品「野菜や果物の鮮度を保つポリエチレン袋」で野菜を保存してみた! 2024年01月13日 12:00
味噌のベストな保存法も紹介!30代スタッフに聞いた「オススメの味噌汁の隠し味」とは… 2024年01月12日 17:00
子どもに合わせて料理はしない。21万人が注目、arikoさんが語る「家族が幸せになる食事」 2023年11月30日 18:00
がん専門医に聞いた!がんリスクを減らす「抗がん食材」ベスト3 2023年12月21日 20:00
なかなか痩せない……なら冷蔵庫を見直して!「痩せやすい冷蔵庫」作りのポイントって? 2024年01月13日 19:00
【X(旧Twitter)で話題】つぶしながら焼く!「ぺちゃんこガリガリクロワッサン」のおいしい作り方を聞いてみた 2024年02月16日 20:00
使いこなせない!?編集部スタッフに聞いた「鉄のフライパン」のメリット&デメリット 2024年02月09日 17:00
特に女性は要注意!?コーヒーと「一緒に摂らないほうがいい食材」とは… 2024年03月01日 17:00
1品で完結!メインに迷ったら「具だくさんオムレツ」を作ろう 2024年03月03日 10:00
簡単作りおき◎ビタミン豊富な「にんじんの作りおき」レシピ 2024年03月24日 16:00
【X(旧Twitter)で話題】中からトロッとガナッシュが溶け出す「アールグレイガトーショコラ」 2024年03月15日 20:00
SNSで340万再生!優勝レシピ【82円のバターチキンカレー】 2024年03月25日 18:00
ある成分を制限することが大事!「老化を防ぐ」ための食生活のポイント2つ 2024年03月29日 17:00
サラダだけじゃない!「カット野菜」で時短ワザ4選 2024年04月09日 08:00
「料理は“型”があれば迷わない」スープ作家・有賀薫さんが教える、レシピなし料理の秘訣 2024年04月05日 18:00
【X(旧Twitter)で話題】「これウマい」の声多数!トロトロあまあまな「新玉ねぎの炊き込みご飯」の作り方を聞いてみた 2024年04月12日 20:00
“クタクタな日”でも5分で作れちゃう!スタッフ絶賛の「サバ缶」アレンジメニュー 2024年04月19日 17:00
食べ歩きが趣味の30代グルメ夫婦!栄養知識ゼロではじめたダイエットがきっかけで大きく変化した食習慣とは? 2024年03月23日 20:00
子どもの偏食に悩む人に朗報!野菜嫌いの子が自分から「食べたい」と言ってくれる調理法 2024年03月22日 21:00
「合理的にいうと料理ってする必要がない」スープ作家・有賀薫さんがそれでも料理をする理由 2024年03月29日 18:00
英国のスコーンが進化!SNSで人気のかわいすぎる「韓国風スコーン」 2024年04月05日 05:00
ニトリのアレで料理がラクに⁉️Instagramで話題になった「手間がゼロになる家事ワザ」5選 2024年04月16日 19:00
【64.7万回再生された!】材料3つで作れる「即席抹茶スコーン」がX(旧Twitter)で話題 2024年05月17日 20:00
コレやってる人注意!今スグ見直したい「実はコスパが悪い節約術」3選 2024年05月10日 17:00
トマトを手で潰してTV局からストップも!?平野レミさんに聞く、料理を楽しくする考え方 2024年04月12日 21:00
料理愛好家という肩書きにした理由は…平野レミさんの「料理を好きになる」ために大事なこと 2024年04月26日 19:00