cookpad news
コラム

ご飯がすすむ!「くるみみそ」

練りみそは、日本独自の料理手法です。さまざまな食材をみそと一緒に練り合わせて、和えものの土台に使うための工夫のひとつです。おかずの少ない日に、炊いたご飯に、自家製の練りみそがあれば安心。ご飯が進むおいしさです。くるみをたっぷり使った、くるみみそは、おにぎりに塗ってもおいしいですし、お酒の肴にもよろこばれるでしょう。

<材料>(作りやすい分量)

合わせみそ…50g
むきくるみ…50g
てんさい糖…大サジ1杯
みりん…小サジ1杯
木の芽…ひとつまみ

<作り方>

1.みそをすり鉢に入れます。そこにてんさい糖、みりん、細かくちぎった木の芽を加えて、よくすります。
2.むきくるみを、キッチンペーパーでくるんで、すりこぎで叩いて、細かく砕きます。
3.くるみとみそを和えて、出来上がりです。

手塩皿に盛って食卓に。お酒もすすむおいしさです。

文・写真:松浦弥太郎

※こちらの記事は、ウェブサイト「くらしのきほん」内でも読むことが出来ます。この他にも、家事や料理、学びなど、暮らしに役立つ情報を、毎日ご紹介しています。

くらしのきほん

『くらしのきほん』は、食を中心に、暮らしの基本を学び、楽しみ、基本の大切を分かち合うウェブサイトです。時代が過ぎても、決して古びない、価値のある、暮らしの知恵と学びを発信していきます。トップページでは、1日3回「おはよう」「こんにちは」「おやすみなさい」の挨拶と一緒にメッセージを更新しています。

編集部おすすめ