埼玉県秩父ではお汁粉に◯◯を入れて食べる!【日本各地の絶品レシピVol.12】

Edcdfaa9a2a76640b904de5bf87d960b

地域に伝わる郷土料理や特産品をつかった美味しいレシピを、自治体が運営するクックパッド公式キッチンがリレー形式でご紹介。第12回目は埼玉県の公式キッチンから。 日本各地の味わいをご家庭の食卓でぜひお試しあれ♪

<今回、絶品レシピをレクチャーしてくれた公式キッチンはこちら>

埼玉県のキッチン
埼玉県には、地元で愛されてきた郷土料理や、新鮮な地場産物など魅力的な「食」がたくさん!公式キッチンでは、そんな埼玉県の「食」を気軽に楽しんでもらえるようなレシピを掲載しています。 ☆埼玉県の魅...

前回、埼玉県の夏の定番メニューとして「すったて」をご紹介しました。 今回は、寒い季節に体を温めてくれるおやつ「小豆ぼうとう」をご紹介します。

お汁粉にはお餅の代わりにうどんを!

秩父のお汁粉「小豆ぼうとう」 by 埼玉県
小麦栽培が盛んな埼玉県。生産地の一つ秩父地域ではお汁粉にお餅ではなく、地元産の小麦で作ったうどんを入れて食べていました。

埼玉県では、昔から小麦栽培が盛んに行われてきましたが、生産地の一つ秩父地域ではお汁粉にお餅ではなく、地元産の小麦で作ったうどんを入れて食べていました。 戦中戦後のモノがない時代には、お汁粉の餅の代わりとしてうどんを使い、体を温めてくれるおやつとして重宝されていました。

お汁粉にうどんを入れたものを「小豆ぼうとう」と呼びますが、これと似た料理で、うどんに小豆あんをからめた「ねじ」という料理もあります。

F430b19c1b46904aa78d713ea21f1564 「ねじ」写真提供:秩父商工会議所

「小豆ぼうとう」や「ねじ」は、秩父に昔からある、農作業の合間など小腹がすいた時に食べる郷土料理「小昼飯」(こぢゅうはん)の1つです。

あまい小豆の風味に、もちもちとしたうどんが意外と合って、寒い季節のおやつにおすすめです。 時間のあるときは、うどんも手打ちで作ってみてはいかがでしょうか。

親子で作ろう♪簡単!手打ちうどん by 埼玉県
埼玉はうどんの生産量、全国2位※!本州随一の「うどんの国」です。ぜひ親子で作ってみませんか? ※H21農林水産省調べ
クックパッド編集部

「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)