cookpad news
メインおかず

毎日でも食べたい!簡単&さっぱり「トマト」のおいしい副菜5選

作りおきレシピや常備菜のアレンジ方法など、毎日のごはんに役立つアイデアをクックパッドでも人気の料理研究家・鈴木美鈴さんがご紹介。素材の味を大切にした心と身体にやさしい作りおき常備菜で、日々の料理をラクして楽しみましょう。

フレッシュなトマトを余すことなく味わおう

夏に旬を迎える野菜といえば、トマト。ビタミン豊富で栄養がたっぷり、生のままで食べても、ラタトゥイユやカレーなどの料理に使ってもおいしいですよね。そこで、フレッシュなトマトが安く手に入るこの時期だからこそ作りたい副菜の作りおきレシピを、料理研究家の鈴木美鈴さんに教えてもらいました。

トマト×ナスの夏野菜コンビ

同じく夏野菜のナスと一緒にレモンやごま油などで和えました。「レモンでクエン酸が摂取でき、夏バテの予防にも効果が期待できます。これからの時期にぴったりな作りおきです」と鈴木さん。


ウスターソースが味の決め手

「甘くない残念なトマトでも劇的においしくなるレシピです」と鈴木さんがイチオシするのがこちら。ウスターソースと砂糖の組み合わせが絶品です!


はちみつ入りのまろやかマリネ

トマトと玉ねぎのシンプルなマリネも、「はちみつを入れることで味がまろやかに。お酢が苦手な方も食べやくなりますよ」と鈴木さん。ごま油で風味がアップ!


デザート感覚でつゆまで飲める

みじん切りの玉ねぎがアクセントになったサラダ。「はちみつレモン味なのでデザート感覚でいただけます」と鈴木さん。酸味がまろやかなので、おつゆまで飲みほせるのがポイントです。


チーズをかけてイタリアン風に♪

トマトはチーズとの相性がいいことはみなさんご存知ですよね。鈴木さん曰く、こちらは「バジルの爽やかな風味と、パルメザンチーズのコクがおいしい、ちょっとおしゃれなサラダです」とのこと。イタリアンを食べている気分になれそう!


いかがでしたか?フレッシュなトマトを使った副菜なら、ジメジメして食欲のない日もさっぱりと食べられそう。これからの季節、冷蔵庫に常備しておきたいですね!(TEXT:妹尾香雪)

「作りおきおかず」保存のルールをおさらい

保存状況により、保存期間は異なりますので、なるべく早く食べきりましょう。

  • 冷蔵庫や冷凍庫で保存…常温での保存は避ける
  • 清潔な保存容器を使用する…水滴や汚れは腐敗の原因に
  • 取り分け用の箸で取り出す…口に直接入れる箸や手でさわるのはNG
  • 冷蔵の場合は、2〜3日を目安に食べきる
  • お弁当に入れるときはレンジで再加熱&完全に冷ます
  • 作った日付を記しておく

鈴木美鈴さん

料理研究家。トータルフードコーディネーター。クックパッド公式レシピエール。作りおき・お弁当を得意とし、素材の味を大切に心と身体にやさしい家庭料理を考案、発信している。ウェブ・雑誌・企業へのレシピ掲載をはじめ、数々の料理コンテストにて受賞歴あり。著書に『盛るだけ つめるだけ 毎日かんたん 作りおき おかず』(オーバーラップ)。クックパッドにも絶賛投稿中♪>>>鈴木美鈴さんのキッチン

シェアする