【工程写真付き】初心者必見!失敗しない「卵焼き」レシピ

【工程写真付き】初心者必見!失敗しない「卵焼き」レシピ

プロ顔負けの卵焼きに挑戦

シンプルだけれど意外と奥が深い「卵焼き」。これからのお弁当シーズンに欠かせないメニューですが、毎回同じクオリティを保つのは難しいですよね。そこで今回は、プロ顔負けのきれいな卵焼きの作り方をご紹介。ポイントは卵の混ぜ方と火加減です。

失敗なし!卵焼きの焼き方(コツあり) by たぬき@からあげ
入園・入学・行楽・愛妻弁当…。春はお弁当デビューの季節! とっても簡単にプロ顔負けの卵焼きを作りましょう!


※ 記事のメイン写真はこちらのレシピをイメージして選定させていただきました 画像提供:Adobe Stock

卵液は3回に分けて入れる

1.材料を混ぜます。きれいな黄色にするためによく混ぜましょう。
45e1d8a04d99ab1c59badd0a0b76f789

2.次は焼く工程へ。フライパンに油を引き、はじめは中火で熱します。温まったら弱火にし、卵液の3分の1を流し入れます。
E021795842669f0cd4fcf9cb550bf27a

3.半熟状態になったら、フライ返しで奥から手前に巻きます。
86370fb0741fd2134127f0d8df403282

4.残りの卵液の半量を流し入れ、同じ要領で今度は手前から奥に巻きます。これをもう一度繰り返し、形を整えて完成。両端を切り落とすと、きれいに仕上がります。
340a8843a8d96cba9c9abf204b5c7a36

これまで失敗していた人からも喜びの声が続出

つくれぽ(つくりましたフォトレポートのこと)にも「いつも失敗してた卵焼き綺麗に巻けました。 脱、卵焼き巻恐怖症!」「うまくつくれた試しがないけど、これなら上手く出来ました!」「ちゃんと巻けたの初めてです!イライラなくなりました」など、皆さん満足のいく仕上がりに。

F866e247ec374742f53ad0fb1e58fac3

卵を混ぜて焼くだけなのに、うまく巻けずに形がくずれたり、焦げ目がついて不格好になったり、うまくいった試しがないという人も多いのではないでしょうか。今回のレシピの3つのポイント「卵をしっかり混ぜる」「弱火で焼く」「卵液を何回かに分けて入れる」を守れば、理想の卵焼きに近づけるはずです。これからのお弁当作りの参考にしてみてください。 (TEXT:河野友美子)

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「お弁当」 アクセスランキング (毎日6:00更新)