cookpad news
コラム

「みそ炒め」の味つけはどこまで簡略化できるのか⁉︎スタッフが試してみた

料理をしていて感じるふとした疑問に、クックパッドスタッフが実際にやってみるシリーズ。あくまでスタッフの主観のもと、いろんな気になることにチャレンジしていきます。

こんにちは、たべドリのすどうです。 みそ炒めのレシピって、調味料がいっぱい出てきませんか? 試しに適当にググって調べてみたところ、 みそ、醤油、酒、砂糖、水の5種類ですよ!

みそ炒めなのに醤油?っていうか、水大さじ2って意味あんの⁉︎とか思っちゃうわけです。 しかも分量もマチマチで、絶対覚えられる気がしない…。

そこで今回は、もうちょっとシュッと簡略化できないの?というのを試してみました!

脳内シミュレーションしてみる

みそ炒めなんだから、最低みそが入ってればいいと思うんですよ。なのでみそ以外の調味料で削れそうなものを探してみると…

酒って、なくても良さそうじゃないですかね…? 味しなそうだし。

あと砂糖なんですが、以前、酒 + 砂糖 = みりん 的なことをどこかで聞いたことがあります。ってことは、みりんを使えば、酒も砂糖も消せるのでは?

さらに、醤油は小さじ1なので思い切ってカット! 水はマジでよくわからないのでカット!

えいや! でカットした結果、脳内では、見事にみそとみりんだけに簡略化されました 🎉

簡略化版、分量はどうする?

レシピに書かれている酒の分量は、みそと同量です。つまり、みそ:酒 が1:1。

酒もみりんも液体だし、同じ扱いで良いのでは?という乱暴な解釈のもと、今回は、みそ:みりん を 1:1でやってみようと思います。 それで問題ないなら、めっちゃ覚えやすくなるしね!

2種類作ってみる

レシピ通りの全部入り版と、脳内では成立している簡略化版の2種類の味付けのみそ炒めを作ります。 食材として用意したのは、豚バラ、なす、ねぎ。 定番ぽい感じですね! なすは乱切り、ねぎは斜め切りにします。

調味料を合わせる

調味料を量ります。まずは全部入り版から。めっちゃ場所取る...

砂糖小さじ1を量ります。

みそは大さじ1。ちょっとスキマがあるけど、そこまでは気にしない。 酒と水は大さじ1ずつ、しょうゆは小さじ1入れました。

次は簡略化版。みそとみりんを大さじ1:1で合わせます。

全部入り版と簡略化版、それぞれ味噌が溶けるまで混ぜ合わせたのがこちら。 量が違いますね。倍くらい違う。

6ddea9a6f63563d282156c1b0adc2d60 左:全部入り版、右:簡略化版

簡略化版は水分が少ないので、ちょっと溶けづらい。

炒めて味付けする

炒め油にはごま油をチョイス。大さじ1で統一します。

まずは豚バラを焼く。

結構脂が出ます。 あんまりギトギトはいやなので、ちょっと拭き取ります。

8割がた火が通ったかな? くらいで、一旦取り出しました。

フライパンには油が残っていますね。 そのまま、なすとねぎを投入。 焼き目が付くと、いい感じ〜!

肉を戻します。

全部入り版の調味料を投入!

水分多いのでサラッと感あるし、砂糖が入ってるからか、ちょっとトロミが出てきました。

できた!普通にうまそう!

もう1パターン、簡略化版を同じ条件で調理します。 肉を焼き、油をふき、野菜を炒めます。

簡略化版の調味料を投入。 こっちは、ボテっ! って感じで、ちょっと味噌のダマが残りますね…。

できました! こちらもおいしそう。

食べ比べてみる

さて、食べ比べてみます。

6f1a52ea7f0880d4193dad6bf07af9d4 左:全部入り版、右:簡略化版

あ〜!、あ〜〜!!

これはどっちもアリ!!!

なんですが…

全部入り版は、いろいろ絡み合ってひとつの味って感じで一体感があります! 一方でみそ&みりんの簡略化版は、ちょっとしょっぱいというか、トガリがある印象です。

分析してみる

全部入り版でいい仕事をしてるのは砂糖で、みそのトガリをいい感じにまろやかにしてます。砂糖が入ることでトロミも付き、一体感を出すのにすごく効いてる!

しょうゆはコレ、香り出し要員ですね。ハッキリした味はしないけど、ほのかな香りがついて、これまた一体感を出すのに一役買ってます。

あと、意味ないと思ってた、意味ありましたよ。 正直、簡略化版の方は、溶いてるときからみそのダマが消えなかったので、炒め合わせたあともちょっとダマが残っちゃってました。一方、全部入り版は 水+酒+しょうゆでたっぷり水分があるので、バッチリ溶けてます。 ダマがない&トロッとしてるので、具材に味がしっかり絡んでる〜! 全部入りの安定感はスゴい。

0a751d18ddb483bff7c2b15152cbfacd 全部入りはスキのない安定感!

まとめ 調味料5種類も要らんでしょ⁉︎ と思ったけど、やっぱそれぞれ意味があるんだな〜という学びを得ました。勝手に削ってゴメンナサイ。

けど、どっちも普通にうまいですよ。

ごはんのおかずというより、酒のアテにちょっと食べるなら、簡略化版の味の方が呑める気もします。 軽く唐辛子入れてピリ辛にしたら、更に呑めそう〜〜!

8c404dbdb68e1071a08c059155642abd 簡略化版は呑める(笑)

次回やるとしたら、みそ:みりん:水 = 1:1:1をやってみたい。ちゃんとみそを溶いて、味ムラがないように炒め合わせれば、覚えやすい簡略化版でも十分だと思います。

というわけで、簡略化の実験でした。それぞれの調味料の役割を理解してれば、削ったり増やしたりが自由にできるってことですね!

こんな感じで、料理のモヤッとをいろいろ試していますので、よかったら他の記事も参考にしてみてくださいね。

たべドリでは、LINEをつかって専属のトレーナーからマンツーマンの料理アドバイスがうけられるサービスを提供しています。日記感覚でその日の料理をLINEしていただくだけで、専属トレーナーが改善点をアドバイスをいたします。早く効率よく上達したい!レパートリーを広げたい!という方にぴったりのサービスです。
▼詳しくはこちら。
料理の個別トレーニング たべドリ by cookpad

それでは〜。

料理にチャレンジしたくなったらたべドリの「料理の入門ドリル」へ

たべドリは、クックパッドが提供する料理のトレーニングドリルです。レシピには載っていない料理の発想法やテクニックを学べるスキルアップドリルを多数公開しています。 たべドリで学んで、アイデアの広げかたを身につけよう!
◎料理の入門ドリルはこちらから
◎アプリのインストールはこちらから(iOSのみ)