cookpad news
コラム

あの大物芸能人も溺愛!「アジフライ」ブームはなぜ起きた?

阿古真理

作家・生活史研究家。食や食らし領域が専門。

【あの食トレンドを深掘り!Vol.42】90年代に流行した「ティラミス」、数年前に話題になった「おにぎらず」、直近では社会現象にもなった「タピオカ」など、日々生まれている食のトレンド。なぜブームになったのか、その理由を考えたことはありますか? 作家・生活史研究家の阿古真理さんに、その裏側を独自の視点で語っていただきました。

大物芸能人がアジフライ愛を語り、話題に

庶民の定番料理、アジフライがなぜか最近、ブームになっている。東京でも、次々とアジフライに力を入れる専門店などが誕生し、話題を集める。2022年5月17日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)では、アジフライを求めて全国を歩く高田馬場の居酒屋店主が、各地のこだわりのアジフライを紹介した。2023年2月18日には、ラジオ番組の『タモリのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、タモリが星野源にアジフライ愛を熱く語った。芸能界の大物2人が語ったことで、ますます盛り上がっていきそうなブームであるが、なぜまたアジフライなのか?

実は2022年春、私はそのアジフライ通の店主が開く店へ行くチャンスがあった。そこが感動的においしいアジフライの店だと聞きつけた友人が、会食候補として挙げていたのである。しかし、その店のアジフライ以外の料理に私たちは食指が動かず、結局女子会が盛り上がりそうなモロッコ料理店へ行って語り尽くした……。それはおそらく、メンバー全員が台所の担い手で、アジフライはいつでも作れる、という頭があったのではないだろうか。少なくとも私は、そうである。

ただ、フライは何でもそうだが、家で調理すると油の後始末が手間である。キッチンが狭ければ、バットを三つも並べて小麦粉、卵、パン粉をつける作業をする場所を確保しづらい、残った衣の材料を始末するのが面倒くさい、少人数家族で量が多く出来過ぎる、など料理の難易度を考える以前の問題がたくさんある。その結果、揚げ物は外食やテイクアウトの総菜に頼っている人も多いと思われる。

ところが、アジフライが流行してアジフライについての情報が増えた結果、実は私たちが頼りにしてきた市販のアジフライは必ずしも鮮度が保障されておらず、そのために味もいまいちになりがちなことがわかってきた。そして、その実態があるからこそ、鮮度が高く良質なアジを使い、上手に料理したおいしさが売りの店から、アジフライブームが巻き起こったのである。

「アジフライの聖地」がある!?普通のアジフライと違いは

ブームの発端は、伊万里湾に面する長崎県松浦市が2019年に「アジフライの聖地」を宣言したこと。同市のウェブサイト「松浦の恋」にアクセスすると、食べ歩きマップその他の松浦のアジとアジフライに関する情報が出てくる。2017年末、友田吉泰市長は、アジフライの聖地を目指すことを公約に掲げて選挙に出馬し、当選した。友田市長が『ヤフーニュース』2023年6月12日配信記事(『週プレNEWS』より転載)のインタビューで、関西の居酒屋でアジフライを注文したところ、「なんだか薄っぺらくて、食べると独特の臭みが広がりました」という体験をした話を語っていた。松浦の飲食店で当たり前のように食べてきたアジフライと雲泥の差があったことから、改めて地元の魅力を再発見したのだ。

他の地域のアジフライと、松浦市のアジフライは何が違うのか?『東洋経済オンライン』2023年5月3日配信記事は「一般的なアジフライは水揚げから包装まで一部の工程は国内外で行われるため、輸送や加工のタイミングで冷凍・解凍が繰り返され、仕入れから出荷まで3~6カ月ほどかかることもザラにある」一方、松浦では獲れたての地元のアジを工場に運んで当日中にさばいて冷凍することを、徹底している。鮮度が全然違うのである。

こうした説明を読むと、一般のアジフライはおいしいわけがない、と思わされてしまう……。消費者には、どこで提供されているアジフライが、海外で処理されて納入されたかわからないわけだから、気づかずに水揚げされたのちに、凍結と解凍を繰り返された魚を食べてしまっているのかもしれない。それなら、鮮度が高いアジを揚げただけでも、相当おいしくなりそうだ。

そのうえ、松浦の漁港で獲れるアジは、対馬海峡から五島海域の沖合を回遊していることから、身が引き締まっており、柔らかくて脂のりがよいらしい。地域に限らず激しい海流に揉まれた魚はおいしいが、松浦を拠点にした漁師たちが獲るアジも、そうした魚の一つなのだ。

先の『東洋経済オンライン』の記事によると、福岡市で漁業から水産物加工まで一貫して行う株式会社三陽が、2022年7月に市内に冷凍自動販売機を設置し、それまでBtoBだったビジネスを消費者向けにも振り分けて福岡市に三陽食堂を開業した。松浦のアジを売りにする、福岡市の店も多いそうだ。

ブームの背景に、家庭の揚げ物調理を避ける動き

アジフライ人気の背景がわかると、別の角度からこの流行が見えてくる。もし、魚屋やスーパーで新鮮そうなアジを選び、自宅でフライにする生活が誰にとっても当たり前だったら、アジフライブームは起きなかったかもしれない。総菜や外食でアジフライを食べる人が一般的だったからこそ、数カ月前に水揚げされたアジも、冷凍保存することが可能になり、商売として成り立ってきたのだ。そして、鮮度が高いアジフライを提供する店が増え、ブームは起きた。やきとりやギョウザなど、今は外国で加工した食品が届けられることがすっかり一般化しているが、そうした食品の中にアジフライも入っていた。

そしてもちろん、アジフライは調理方法によっても味が変わる。揚げ方や油脂の質、衣の質などが違えば、おいしさの印象が変わるだろう。タルタルソース、塩、ウスターソースその他、味つけでももちろん違う。

から揚げブームも、家庭でから揚げをしなくなっている土台があり、手軽に買えるテイクアウト店が出現したことが、ブームのきっかけになった。家族の人数が減り、揚げ物にかかわる家事のわずらわしさがこうしたブームを生んでいる。おいしいアジフライを食べられる店が増えることは望ましいし、松浦市に続いて鮮度を大切にした流通業界の変化が起きたらありがたい。しかし、その背景に家庭での調理の衰退があると考えれば、ちょっと複雑な気持ちになる。

画像提供:Adobe Stock

阿古真理(あこ・まり)

1968(昭和43)年、兵庫県生まれ。作家・生活史研究家。神戸女学院大学卒業。食や暮らし、女性の生き方などをテーマに執筆。著書に『大胆推理!ケンミン食のなぜ』『昭和育ちのおいしい記憶』『昭和の洋食 平成のカフェ飯』『小林カツ代と栗原はるみ』『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか』『母と娘はなぜ対立するのか』『平成・令和食ブーム総ざらい』『日本外食全史』『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』『ラクしておいしい令和のごはん革命』『家事は大変って気づきましたか?』など。

執筆者情報

阿古真理

作家・生活史研究家。1968年、兵庫県生まれ。食や暮らし、女性の生き方を中心に生活史と現在のトレンドを執筆する。主な著書に『大胆推理!ケンミン食のなぜ』・『家事は大変って気づきましたか?』(共に亜紀書房)、『ラクしておいしい令和のごはん革命』(主婦の友社)、『日本外食全史』(亜紀書房)、『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』(幻冬舎)、『料理は女の義務ですか』・『小林カツ代と栗原はるみ』(共に新潮新書)など。

阿古真理さんの理想のキッチンに関するプロジェクトはご自身のnoteやYoutubeでもコンテンツを更新中です。

関連する記事
今の若者は「ベトナム料理ネイティブ世代」。ライスペーパーが人気な理由を探ってみた 2023年09月20日 19:00
農家もやってる!アレで包むだけ「キャベツ長持ち」保存術 2023年10月20日 18:00
「きのう何食べた?」にも登場。庶民の味方「のり弁」が高級化した理由 2023年10月31日 19:00
こんなものまで⁉︎ライスペーパーで作れる意外なレシピ 2023年10月21日 06:00
今年のトレンド!「シュプリームクロワッサン」が春巻きの皮で簡単に作れる 2023年10月28日 06:00
DASH食とは?高血圧予防に役立つ食事法の効果とやり方を知ろう 2023年10月11日 20:00
今ならコーヒー100円!中国のコーヒーチェーン店「Cotti Coffee(庫迪咖啡)」に行ってみた 2023年10月07日 17:00
静岡県民が絶賛!年間50万枚売れてる“黒はんぺん”について直売店に聞いてみた 2023年10月05日 19:00
もう作った?今年大流行の「暗殺者のパスタ」が進化していた 2023年11月16日 11:00
これなら気軽にできる!「葉物野菜」を簡単に長持ちさせる方法 2023年11月25日 17:00
今は「クセつよ」が人気。チーズケーキが日本人に愛されるようになったきっかけ 2023年11月28日 19:00
柿の長持ちワザに驚き!10月に最も読まれた「裏ワザ」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年11月09日 22:00
南国、奄美大島のローカルスーパー「グリーンストア」。独自のカードや島ならではの食材を調査してみた! 2023年11月10日 21:00
大阪の激安スーパー「玉出」に行ってみた!1000円で何が買える?驚きの店内を紹介 2023年10月14日 20:00
今年SNSで大ブーム!「ひき肉です」10分満腹レシピ 2023年12月27日 08:00
知っておいて損なし!長持ちするかぶの保存法 2023年12月27日 11:00
生春巻きだけじゃない!「ライスペーパー」がSNSで大バズりした理由とは? 2023年11月29日 04:00
刺激的なネーミングも話題!「暗殺者のパスタ」が衝撃のウマさでブームに 2023年11月29日 04:00
2023年春の物価高騰…苦境の中で驚きの「卵なし」レシピが爆誕! 2023年11月29日 04:00
見た目も味も大胆に変化した「進化系クロワッサン」に心奪われる人が続出! 2023年11月29日 04:00
昨年の食トレンド予測から見事、入選!なんでも使える「米粉」が大ヒット 2023年11月29日 04:00
脳がバグる不思議な感覚!SNSで話題の「2Dケーキ」って知ってる? 2023年11月29日 04:00
1個600円以上!パリで日本のおにぎりが大ブーム。人気の理由は? 2023年11月29日 04:00
新感覚のスイーツに変身!2024年大注目の野菜は「とうもろこし」 2023年11月29日 04:00
大手コーヒーチェーンにも登場。大人かわいい「モノクロスイーツ」 2023年11月29日 04:00
世界が日本の「和紅茶」を絶賛!ビール・コーラに続くクラフトブームはコレ 2023年11月29日 04:00
Z世代からブームが広がりそう。ヘルシーにお腹を満たす最新の健康食「アジアン粥」 2023年11月29日 04:00
本場イギリスでは食べ方で論争が勃発!奥深い「英国式スコーン」の世界 2023年11月29日 04:00
衝撃の甘さを体験してみた!手作りでも缶詰でも楽しめる「グラブジャムン」 2023年11月29日 04:00
お肉パックのまま冷凍OK?正しい冷凍法を管理栄養士に聞いてみた! 2023年12月19日 12:00
渋谷からブームに!若者たちに「いちご飴」が人気の理由 2023年12月27日 19:00
ブームの予感「アジアン粥」を簡単に!ご飯&サラダチキンで作る楽々レシピ 2023年12月09日 17:00
2024年は「とうもろこし」ブームが来るかも!トースターでできる簡単パイは試す価値アリ 2023年12月04日 11:00
SNSで大注目!世界一甘いあのお菓子を「米粉」で作ってみた結果… 2023年12月11日 12:00
こんなケーキ見たことない⁉︎市販品で意外と簡単「モノクロブッシュドノエル」 2023年12月14日 12:00
レンジでお手軽◎卵なしでとろける「生チョコ」食感ケーキ 2023年12月18日 12:00
ライスペーパーでシャリサクッ!の新食感「鶏胸肉の唐揚げ」をクリスマスに 2023年12月21日 12:00
新感覚すぎる!カルディの大人気「おにぎり」実食レポ 2024年01月31日 19:00
ネットスーパーで買い物、本当にお得?倹約家FPが指摘するデメリットとは 2024年01月19日 20:00
フルコース料理に進化!?日本のとんかつが外国人旅行者に人気の理由 2024年01月31日 20:00
あの菓子パンの意外な食べ方が話題!2023年12月に多く読まれた「朝ごはん」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年01月09日 22:00
無印良品の隠れた名品「野菜や果物の鮮度を保つポリエチレン袋」で野菜を保存してみた! 2024年01月13日 12:00
3%の減量で血糖コントロールが改善?減量を達成するための実践法を伝授! 2024年01月03日 20:00
お粥なのに食べごたえたっぷり!「サムギョプサル風アジアン粥」ならヘルシーでも大満足 2024年01月08日 11:00
話題のモノクロスイーツを手軽に楽しむ!黒ごま&バナナのジュースを作ろう 2024年01月18日 12:00
【材料3つ】雑に作るのがコツ!外サク中ホロの「英国式スコーン」 2024年02月18日 14:00
アレするだけで長持ち!白菜の長期保存ワザ 2024年02月25日 18:00
粉ふるい&寝かせ不要、10分で完成!「米粉のクレープ」で手作りおやつを楽しもう 2023年12月28日 10:00
お弁当にも便利!パパッと簡単「ブロッコリー」の作りおき副菜 2024年02月23日 16:00
専門店が続々登場!定番の「おにぎり」がブームになった理由 2024年02月21日 19:00