cookpad news
コラム

イタリアのマンマ直伝!簡単なのに絶品「手打ちパスタ&夏野菜のソース」

イタリアの家庭の味を、マンマから教わりました!

普段よりのんびりした時間を過ごせる夏休み。この機会に、海外の家庭料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

先日行われた、イタリアマンマの家庭料理を学ぶイベントの様子と、マンマ直伝のレシピをご紹介します。

イベントはイタリアのマンマ・ラウラさんとクックパッドアンバサダーの方々をZoomでつなぎ、イタリア家庭料理家の中小路葵さんの通訳で進行しました。

ラウラさんの説明を聞きながら、みんなで手分けしてソースに使う夏野菜を切っていきます。

パスタを手打ちして茹で、ソースとからめて完成!

できあがったパスタの実食。イタリアの家庭の味を堪能しました。

こちらのイベントで、ラウラさんが教えてくれたパスタのレシピをご紹介します。

夏野菜のうまみをソースに凝縮

1. まずは野菜の下ごしらえから。なすとズッキーニ、パプリカを薄切りにし、塩をふっておきます。ミニトマトは二つ切りにして、水分を出しておきます。

2. エシャロットを刻み、サフランは水につけて色と香りを出します。

3. パスタを作ります。清潔な台の上にセモリナ粉を出し、ドーナツのように広げて、輪の中に水を入れます。

4. 少しずつ水をなじませ、一つにまとめてこねます。生地がまとまったら、しばらく寝かせておきましょう。

5. 1の野菜をフライパンでローストします。少し焦げ目がつくくらいに焼けたら、いったん取り出しておきます。

6. 同じフライパンでエシャロットを炒め、5の野菜とトマトを戻し入れて炒め合わせ、塩こしょうで味を調えます。

7. パスタ生地を2mm程度の厚さにのばし、5㎝×7㎜くらいの小さな短冊サイズに切り分けます。

8. 短冊1つずつに指を3本当てて、手前にクルッと引くようにして成形します。

9. 成形したパスタを熱湯でゆでたら、温め直したソースのフライパンに加え、パスタのゆで汁とサフラン水を加え、味を調えたら完成です。

ラウラさん直伝のパスタレシピは、こちらからご覧いただけます。

今回はなす、ズッキーニ、パプリカ、ミニトマトを使いましたが、夏野菜の種類や量はお好みでOK。イタリアでは自家製のセミドライトマトをよく使うそうで、そちらもおいしそうですね!

手打ちパスタの材料になるセモリナ粉は、日本でも手に入ります。富澤商店や成城石井、カルディなどで探してみてくださいね。 ない場合は中力粉でも代用できますが、ぜひセモリナ粉を手に入れて作ってみてください。

手作りしたカヴァテッリはモチモチ食感で絶品。 ソースは野菜だけでお肉が入っていませんが、夏野菜のうまみがギューッと凝縮されていて、びっくりするようなおいしさですよ。

中小路さんによると、イタリアには厳密にいうと6000種類ものパスタがあると言われているそう。今回はそのうちの1つ、「カヴァテッリ」の作り方をご紹介しました。 特別な道具は使わず指で成形できて、ゆで時間も短いので気軽にチャレンジできるパスタです。

みなさんもぜひおうちで、イタリアマンマ直伝の味を楽しんでくださいね。

編集部おすすめ