cookpad news
コラム

なぜスーパーの卵は常温保存?帰宅後も冷蔵庫入れなくてOK?管理栄養士に聞いてみた

知っているようで意外と知らない料理の基本について管理栄養士がお伝えするシリーズ。今回は卵の安心できる保存方法についてご紹介します。

卵の正しい保存方法知ってる?

栄養価が高く料理に使うことも多い卵。スーパーでは常温で販売されていますが、家庭では冷蔵庫に入れた方がいいのか等、どうやったらきちんと保存ができるのか疑問に思うことも多いと思います。そこで管理栄養士が卵を安全に保存するポイントをお伝えしていきます。

卵はどの温度で保存するのがいい?

スーパーでは常温販売されている理由

卵は細菌の繁殖を防ぐため冷蔵での保存が基本とされています。ただ、スーパーでは常温で販売されていることも多いですよね。これは温度差によってできる結露で卵が傷むのを防ぐためと言われています。

スーパーで卵を買ってから自宅に帰るまでに温度差があると、表面に結露ができてしまうことがあります。結露は空気中の水分が固まったもの。

卵の表面には小さな穴が開いているため、結露つまり外の空気の水分が入ってしまうと卵が傷んでしまう場合があるのです。

家庭では常温保存?冷蔵庫に入れた方がいい?

細菌の繁殖を防ぐため、家庭では冷蔵庫に入れて保存しましょう。卵の賞味期限は基本的には冷蔵庫に入れて保存することを想定して設定されています。

また、スーパーと違って家庭のキッチンは常時空調が効いている訳ではなく、1日の中の温度変化もあるので冷蔵保存が安心です。

卵の正しい保存方法って?

尖った部分を下にして保存する

卵の殻の強度は場所によって違い、尖った先の方が丸い底の部分よりも殻の強度が高く割れにくくなっています。そのため安全に保存するには強度が高い尖った方を下にするのがベターです。

また、底の部分には空気が溜まっている部屋があります。この部分を上にすることで卵黄と空気が触れるのを防ぐことができ、空気中の細菌が入りにくくなって、より安全に保存できると言われています。

冷蔵庫の卵ポケットより冷蔵庫の奥がベター

冷蔵庫についている卵ポケットはドアについていることが多く、冷蔵庫の開閉によって温度変化が大きくなってしまいます。卵は温度差に弱いので、卵ポケットを使っている場合は素早く開閉するようにしましょう。心配であれば温度差の少ない冷蔵庫の奥に保存すると安心です。

卵が傷んでいるか確認する方法は?

基本的に卵の賞味期限は、冷蔵庫で保存して安全に「生」で食べられる期間を設定しています。傷んでいる様子がなくても、賞味期限が切れたものは卵かけご飯などの生食はせず、しっかりと加熱をするのがおすすめです。

傷んだ卵は他の食品と同様に鼻をつく腐敗臭がしますので、そのような場合は食べずにすぐに廃棄しましょう。

また、ヒビが入った卵も殻から細菌に汚染されてしまっている可能性があります。ヒビが入ってしまった場合も生食はせず、しっかり加熱する必要があります。いつヒビが入ったかわからない卵は廃棄しましょう。

卵の正しい保存方法を知って安全に食べよう!

日本の卵は正しく保存できれば、賞味期限内は生食をすることができます。しかし、保存方法を誤ると食中毒が起こるリスクになってしまうこともあります。お料理に使うことが多い卵だからこそ正しく保存ができているか、ぜひチェックしてみてくださいね。


画像提供:Adobe Stock

永吉みねこ

フリーランス管理栄養士。献立・レシピ・栄養バランスが即キマる! 即決バランスクッキングスクール代表。「忙しくてもちゃんと簡単に自炊」をサポートするコンテンツ・レシピを提供。延べレシピ開発数は2,000以上。

関連する記事
家族絶賛!とろっと食感の「なす+1食材」の作りおき 2023年09月03日 18:00
ごま油の香りがたまらない!塩気でお酒がすすむ「ゆで卵ナムル」 2023年09月13日 17:00
使いかけキャベツ「しなしな」にならない保存ワザ 2023年09月22日 18:00
パラパラ絶品チャーハンが作れる「冷凍ご飯」の作り方 2023年09月21日 11:00
おいしさキープ!シャキシャキ「レタス」の保存法 2023年09月28日 14:00
何を作ればいいのかわからない…編集部スタッフが絶賛する「キャンプの朝食」は◯◯だった! 2023年09月08日 17:00
保存容器はNG?お米屋さんに聞いた「マズくならない」ご飯の冷凍ワザ 2023年09月22日 13:00
忙しい日の救世主!食べごたえバツグンの「丼」5選 2023年09月03日 21:00
「なす」だけでこんなに楽しめる!とろとろ絶品の作りおき副菜 2023年09月16日 19:00
【知らなかった】パカパカしない&フタがしっかり閉じられる「卵パック」の開け方 2023年09月04日 16:00
農家直伝レシピも!ジューシーさが長持ちする「梨の保存法」 2023年09月07日 16:00
黄身がきれいに!おばあちゃんが教える「ゆで卵」の作り方 2023年09月28日 16:00
混ぜてもかけてもおいしい!万能「作りおきそぼろ」のバリエーションレシピ 2023年10月29日 16:00
カリカリ食感&具だくさんで大満足!パンもご飯もない朝は「春巻きの皮」が正解 2023年10月05日 06:00
もうイライラしない!たまごの殻をスッと取る方法 2023年10月06日 18:00
どんな食材もごはんが進む味になる!「てりたま」味のメインおかず 2023年10月08日 08:00
え、鍋に入れるの!?驚きの「バナナ」長持ち保存ワザ 2023年10月10日 13:00
水っぽさ&臭みなし!ゆでたブロッコリーは◯◯保存が正解 2023年10月12日 14:00
安全にギリギリまですりおろせる!「大根おろし」のワザ 2023年10月15日 17:00
あと1品の救世主!レンジで完結するしめじ常備菜 2023年10月20日 15:00
冷蔵庫のキャベツでささっと一品!もりもり食べられる簡単サラダレシピ 2023年10月27日 15:00
◯◯させないのがポイント!柿が長持ちする裏ワザ 2023年10月26日 10:00
この生栗のむき方は驚き!9月に最も読まれた「裏ワザ」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年10月12日 22:00
お弁当にも大活躍!「さつまいもだけ」で作りおき副菜 2023年10月21日 19:00
たくさんもらったときに役立つ!柔らかくならない「柿」の保存法 2023年10月23日 16:00
【レシピ本大賞受賞】大人気パティシエ直伝!混ぜるだけで絶品「ベイクドチーズケーキ」の作り方 2023年09月16日 15:00
あと一品に◎お箸がすすむ「れんこんサラダ」 2023年11月05日 16:00
旨すぎ!保存袋に入れるだけで絶品「白だし卵」 2023年11月12日 15:00
おいしさキープ!「りんごの保存ワザ」 2023年11月27日 18:00
卵、コーヒーなど身近な食材の知識をアップデート!10月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年11月10日 22:00
パスタ以外でもウマすぎる!ご飯や野菜で楽しむ「カルボナーラ風」 2023年11月08日 21:00
コスパ抜群!やわらかジューシー「鶏むね肉」の作りおきおかず 2023年11月18日 19:00
体力無しでも作れる!おかか醤油がおいしい「ウインナー目玉焼き丼」 2023年11月18日 11:00
オーブントースターの中で発火!急いで扉を開けて水をかけたら最悪の結果に…正しい対処法を解説 2023年11月02日 20:00
韓ドラのおともに◎工程3つの「本格カンジャンセウ」 2023年12月09日 13:00
知らなかった!「缶詰」の正しい開け方でもう怪我しない 2023年12月21日 14:00
みかんのカビ対策はこれでOK!「箱買いみかん」の長持ち保存ワザ 2023年12月19日 18:00
知っておいて損なし!長持ちするかぶの保存法 2023年12月27日 11:00
大量消費にもおすすめ!シャキシャキおいしい「白菜サラダ」作りおき4選 2023年12月16日 19:00
これ知ってた?アレするだけで驚くほど「みかん」が長持ち 2024年01月27日 17:00
無印良品の隠れた名品「野菜や果物の鮮度を保つポリエチレン袋」で野菜を保存してみた! 2024年01月13日 12:00
大根だけでもう1品!サッパリおいしい作りおき副菜5選 2024年01月20日 19:00
材料3つ!ふわしゅわスフレチーズケーキ 2024年02月05日 07:00
トロ旨〜!「白菜&大根」があったら食べたいおかず 2024年02月19日 17:00
うっかり割れても大丈夫!割れた卵で作る「ゆで卵」の作り方 2024年02月21日 11:00
ウソでしょ!?「厚揚げ」は冷凍でもっと便利な食材に進化 2024年02月25日 16:00
りんごの変色防止ワザが注目ナンバーワン!2023年に多く読まれた「裏ワザ」の記事は?【年間ランキングTOP5】 2023年12月29日 10:00
【極シリーズ】自家製めんつゆで作る、だれウマ本気のトロトロ「極 半熟煮卵」 2024年02月29日 19:00
食材2つで簡単作りおき!平日の夜がラクになる「メインおかず」レシピ5選 2024年02月24日 19:00
【停電した時に】冷蔵庫の扱い方/カセットコンロの正しい使い方/炊飯器を使わないご飯の炊き方 2024年01月01日 18:00