cookpad news

上戸彩さん×高良健吾さん 料理とおもてなしの心を熱く語る!

世界無形文化遺産の登録がほぼ決定した日本食。これから熱い注目を浴びること間違いない日本食を、さらに盛り上げる映画『武士の献立』が12月14日に公開されます。見終わった後、誰もが「何か美味しいものが食べた~い!」という気持ちになり、私たち日本人が忘れかけていた"何か"を思い出させてくれます。この映画で、料理上手の春を演じた上戸彩さんと、"包丁侍"の跡取りにも関わらず料理が苦手な安信を演じた高良健吾さんに、撮影エピソードなどをうかがいました。

調理シーンは吹き替えなし!見事な包丁さばきは練習の賜物

上戸さんは料理上手、高良さんは包丁侍という役柄。撮影の前に、包丁さばきなど特別な練習をしましたか?
上戸:野菜を切る練習が1~2回。魚をさばく日が3回ありました。
高良:2カ月くらい前から。桂むき、いもむきなど色々とやりましたね。
上戸:高良さんはすごく練習していて、お魚を最初から最後までさばけるんですよ。
高良:魚をさばくシーンの撮影があったので、覚えなくてはならなかったんです。

お二人は同じ日にお稽古をしていたんですか?
高良:いえ。別々です。
上戸:当時の包丁は大きいし、手の大きさによって扱い方が変わってくるので、高良さんには男性の先生、私には女性の先生がついたんです。教わっているとき、「高良さんは、もうここまでできます!」とか言われて、それがすごいプレッシャーになりました。
高良:料理を教わったのは初めてだったんですけど、先生がすごく素敵な方で。あの方たちだったから、ここまで上達できた気がします。
上戸:そうね。すごく楽しかった。私を教えてくださった先生の手が、私みたいに小さいの。それで、「あ~あ撮影の時は、この方が吹き替えてくださるんだ」って安心していたら、見事に吹き替えナシだったんですよ! 撮影のとき、「はい、じゃあ次はこれをやってください」って言われたのが、初めて見ることだったり。「とりあえず、やってみようか!」と思って臨機応変にやってみたら、できちゃった…という感じですね。

スゴイ!それは天性のものですね。

海山の幸満載の献立の中でいちばんの美味が「治部煮」

映画にはたくさんの料理が登場します。
実際に召し上がってみて美味しかったのは何ですか?

高良:治部煮です。
上戸:私も治部煮! わさびを溶いて入れるとピリッと味が締まるんですよ。こういう“隠し味”っていうと、普段カレーを作るとき、いちばん最後にちょっとだけお酢を入れる感覚のと似てます。隠し味程度に入れると味が締まると美味しいよ~。入れすぎると酸っぱくなるから注意してくださいね。

当時は調理器具も調味料も、今ほど充実していません。
そんな時代を体験していかがでしたか?

上戸:「この食材にはこのしょう油、あれにはあのしょう油」とか、「この料理にはこのダシをとろう」とか、美味しい料理を作るために、いろいろ工夫をしていたんですよね。食材を探しに行くシーンを演じながら、「こんな時代があるから、今があるんだなぁ」と思いました。

いろいろなものが揃っている現在と比較していかがですか?
上戸:いろいろありすぎですよね~。私はシンプルなものがいちばん美味しいと思う。クックパッドで料理を検索するときも、材料が少ないものから観てるんですよ。

クックパッドをご覧になることがあるんですか?
上戸:よく観てますよ。だから今回のインタビューも、すごく楽しみにしていました。
ありがとうございます!

反発する春と安信の心が通じ合うのも料理の効果

高良さんにお尋ねします。料理が苦手だった安信が包丁侍になる決心をします。
その心の変化をどう思いますか?

高良:安信の本心は刀の道に進みたかったのに、思い通りにはならなかった。でも、彼の家では料理が身近だったから、小さい頃から話に聞いていたり、他の人よりは知識があっただろうし、才能もあったんだと思う。ただ料理に向き合えなかった。だから、後を継ぐと決めてからは、覚えが早かったんだと思います。

夫・安信に料理を教える春を演じるとき、心がけたことはありますか?
上戸:この映画は時代劇なのに、女性が強いんですよ。男性に逆らったら、刀で切られてもおかしくない時代なので、どこまで強く演じていいのか難しかったですね。視線を合わせるだけで(刀で)切られてしまうのに、安信をにらみつけるシーンでは、その加減に悩みました。

そんな強気の春を妻として迎えた安信を演じて、いかがでしたか?
高良:この時代背景では、好きな人とは結ばれないのが当たり前。春との結婚も望んだことじゃない。安信は、他の人のために何かを諦めた人物だと思う。でも、その諦めたことにちゃんと向き合っている。ちゃんと向き合わないと、ずっと引きずると思う。諦めることも、実はそんなに悪くないんじゃないかな。諦めたことで、見えてくることもあるし。春との結婚でも、ちゃんと向き合って、会話することで安信は変わった。春と出会ったから成長したし、いい男になったと思います。

「誰かに料理をつくってあげたい」そんな気持ちになる映画

最後にお二人から、映画の見所を教えてください。
上戸:映画を見終わると、「お腹が空いた」とか「何か食べたい」と言ってくださる方が多いんです。高良さんとも、「誰かに料理を作ってあげたい」って思ってもらえる映画にしたいねって話をしていたんですよ。心を込めて料理をつくるシーンがたくさんあるし、料理をする想いを感じていただければうれしいです。
高良:誰かに美味しいものを作ってあげることは、素敵なことです。美味しいものを食べているときは、マイナスな気持ちが微塵もない。ただシンプルに"美味しい"との想いだけ。料理を通して、思いやりの心が伝わるといいですね。もうひとつの見所は、血が流れない時代劇ということ。「食で加賀藩の誇りを取り戻そう」と、刀ではなく、包丁で主君に仕える人たちがいた、という映画ですね。
上戸:すごく温かい映画です。

映画『武士の献立』12月14日(土)全国ロードショー

気の強さが仇となって1年で離縁された春(上戸彩)は、加賀藩の料理方を務める舟木伝内(西田敏行)に、「息子の嫁に!」と懇願され、跡取りの安信(高良健吾)と再婚。ところが安信は剣の腕は立つのに料理が苦手。しかも春よりも4つも年下。姑の満(余貴美子)の力を借りながら、夫の料理指南を始める。
映画『武士の献立』公式サイトはこちら

武士の献立 × クックパッド 特別コラボ企画

この冬注目の映画「武士の献立」は、料理を介して家族の絆を深めていくヒューマンドラマ。画面からは和食のおいしさ、美しさが伝わってきます。まわりの人を笑顔にするコツは、いつもの料理にほんのひと手間かけること。ちょっと頑張るだけで、味は驚くほど変わります。そこで全3回に渡り、料理研究家、大黒谷寿恵さんが和食の魅力とひと手間ポイントを伝授します。
映画「武士の献立」に学ぶ、ひと手間で驚くほど美味しくなる和食のコツ!

上戸彩

1985年東京都生まれ。'97年第7回全日本国民的美少女コンテスト審査員特別賞を受賞し、デビュー。映画やドラマ、音楽、CMなど活動範囲は多岐にわたる。映画最新作は『テルマエ・ロマエⅡ』('14GW)

高良健吾

1987年熊本県生まれ。『M』('07)で第19回東京国際映画祭"日本映画・ある視点"部門特別賞受賞以降、数々の作品に出演。『苦役列車』('12)では第36回日本アカデミー賞助演男優賞を受賞。

関連する記事
【見知らぬ土地で子なし、友達なし】孤独だった元・歯科助手がフォロワー8万人越えの人気レシピ作家になるまで 2023年12月09日 20:00
あの栄養がカギを握る!「子どもの学力を伸ばす食事」でとにかく覚えておくべきこと 2023年11月10日 23:00
ラーメン屋で蕁麻疹!?「オーガニック生活10年」のスタッフに聞いた、普段何食べてるの? 2023年10月20日 17:00
買ってよかった!30代女性が本気でおすすめ「キッチングッズ」3選 2023年10月27日 17:00
凍らせて栄養価アップ!きのこの冷凍わざ 2023年11月24日 07:00
ご飯に合う「鶏と小松菜の味噌マヨ炒め」時短献立 2023年11月25日 11:00
行ったら必ずチェック!「成城石井」で買ったほうがいい食品5選 2023年11月03日 17:00
30代スタッフも愛用するスーパー「ライフ」で絶対買うべき冷凍食品とは!? 2023年11月17日 17:00
水道水を飲むことに抵抗ある?自宅の「飲み水」について30代スタッフが本音を激白 2023年11月24日 17:00
“だしいらず“でおいしい!低カロリー高タンパクな「豆乳」がスープにおかずに万能すぎた 2023年10月22日 20:00
材料2つで完成!もちもち食感がたまらない「豆腐の海苔焼き」 2023年10月17日 15:00
158cm・60kgから48kgへ!食事管理のみで1年に−12kgを叶えた産後ママの最強ダイエット法 2023年11月04日 15:00
お正月準備にやってみて!簡単だけど豪華見え「かまぼこの飾り切り」4選 2023年12月28日 14:00
2023年春の物価高騰…苦境の中で驚きの「卵なし」レシピが爆誕! 2023年11月29日 04:00
“練らないこと”がポイント!バターと卵不使用の「チョコスコーン」がX(旧Twitter)で話題 2023年12月08日 20:00
30代スタッフに聞いた“こだわり”!料理で「面倒だな」と思いながらもやってしまうこと 2023年12月01日 17:00
寝る前のお水が原因に…!?「認知症」につながるリスクがある行動とその対処法とは 2023年12月08日 17:00
あの料理にもすごく合う!編集部スタッフも悩む「味の素」の上手な使い方とは… 2023年12月15日 17:00
「ネギ」って聞いて思い浮かべるのは?関東人が戸惑う"関西の常識"に90万人以上が大注目 2023年11月14日 10:00
オーブンなし&市販品で簡単に作れる!「かまくらケーキ」 2023年12月21日 13:00
お肉のストックがない時に。とろとろ&コクありで美味「白菜ツナ中華丼」 2024年01月04日 08:00
まな板いらずで手も汚れない!アボカドの切り方 2024年01月21日 18:00
殿堂入り目前!甘辛厚揚げのチーズ焼き 2024年01月24日 17:00
味噌のベストな保存法も紹介!30代スタッフに聞いた「オススメの味噌汁の隠し味」とは… 2024年01月12日 17:00
発症リスクが47%も低下する! “風邪予防”につながる2大栄養素とは… 2024年01月26日 17:00
味噌汁よりカンタン!寒い朝の汁物に「なめこ豆腐」がおすすめ 2024年02月06日 06:00
たったこれだけ「絶品味しみ大根」を時短で作る方法 2024年02月20日 13:00
何これスゴい…!半熟卵を超えた「とろ生ゆで卵」の作り方 2024年02月20日 09:00
使いこなせない!?編集部スタッフに聞いた「鉄のフライパン」のメリット&デメリット 2024年02月09日 17:00
何を持たせてる?お友達の家に行くとき・来るときの「子どものおやつ問題」をスタッフが激白 2024年02月16日 13:00
1ヶ月に1回は替えている?「キッチンスポンジ」の取り替えどき&オススメの優秀スポンジ 2024年02月23日 17:00
キッチンのプチストレスを解消!驚きの「ダイソー」キッチングッズがあった 〜アンバサダー渡部アキさんに聞きました〜 2024年01月22日 19:00
注目ドラマ『厨房のありす』に登場!「ジュワーッとする豚の角煮」と「苦くないピーマンコロッケ」 2024年01月21日 23:30
用意していた非常食は役に立たなかった…能登半島地震・被災者に聞く避難時の食生活 2024年01月25日 20:00
挫折とリバウンドを乗り越えて−16kg!成功を支えたのは「アプリで繋がった仲間たち」 2024年02月10日 09:00
300人の料理好きに聞いた!無印良品で絶対買うべきキッチンアイテム 2024年02月01日 20:00
マカオ名店の味!冷凍パイシートで絶品「エッグタルト」 2024年03月29日 19:00
フライパンは捨てる前に◯◯掃除に使用!?毎日使うキッチングッズを「捨てるタイミング」は… 2024年03月15日 17:00
あの油汚れがゴッソリと落とせる!お掃除好きスタッフ激推し「重曹」のとっておき活用術 2024年03月22日 16:00
メイン食材2つでパパッと完成!ボリューム満点肉おかず3選 2024年02月24日 14:00
レンチン2分以内!一品のみで完結するお弁当の副菜4選 2024年04月03日 06:00
まるでカスタードクリーム!?ゆで卵にアレをかけたら衝撃の旨さだった 2024年04月03日 10:00
豚肉マニアが考えた!豚こまだけの「うまいうまい焼き」 2024年04月07日 08:00
材料2つ!卵不要・揚げない「チュロス」が簡単すぎ 2024年04月09日 07:00
賞味期限が迫ったら!ヨーグルト使い切りスイーツ5選 2024年04月10日 10:00
「料理は“型”があれば迷わない」スープ作家・有賀薫さんが教える、レシピなし料理の秘訣 2024年04月05日 18:00
今日からやってみて!スタッフが教える「ゆで卵」を大量に作る裏ワザ 2024年04月05日 17:00
「合理的にいうと料理ってする必要がない」スープ作家・有賀薫さんがそれでも料理をする理由 2024年03月29日 18:00
“ぶっ潰す”のが楽しい!カリカリ食感の「スマッシュドポテト」が欧米で人気 2024年04月05日 05:00
トマトを手で潰してTV局からストップも!?平野レミさんに聞く、料理を楽しくする考え方 2024年04月12日 21:00