cookpad news

【ガラス容器で簡単!】餃子の皮でもっちり「ラザニア」が作れた

毎日の料理が楽しみになるキッチングッズが購入できるオンラインショップ「クックパッドストア」が、おすすめグッズを紹介します。

オーブン料理で人気はあるのに、グラタンほど身近でないのがラザニア。
ラザニアのハードルがちょっと高く感じるのは、ラザニアの生地が高めで、買いにくいところにありそうですね。
そんなラザニアが、なんと餃子の皮を使えば簡単に作れちゃうんです。まるで餃子の皮とは思えない、もっちりとした仕上がりになる餃子の皮ラザニアの作り方をご紹介します

ラザニアの材料はとってもシンプル

ラザニアを作るときに、生地以外で必要なのは、
ミートソース、ホワイトソース、とろけるチーズ
ソースは市販のものがお手軽&安価なので、手早く楽しみたい場合は市販のものを使うのもいいですね。

手作りミートソースは煮込む時間はかかっても、パスタにドリアに何かと使えるので、作りおきしておくのもおすすめです。

ホワイトソースの作り方

ホワイトソースは短時間で作れるのでパパっと作ってしまいましょう。
フライパンでバター大さじ1を溶かし、小麦粉大さじ1を加え、粉っぽさがなくなるまでよく混ぜます。
牛乳200mlを少しづづ加え、ダマにならないよう混ぜ続けます。とろみがついてきたらでき上がりです。

しましまに重ねていきます

耐熱容器にミートソース、ホワイトソースを順番に重ねます。
ラザニア風に仕上げるポイントは、生タイプの餃子の皮を濡らして2枚重ねること
そうすることで厚みのある、もっちりとしたまるで餃子の皮とは思えない食感になるんです。

もう一度交互にソースと餃子の皮を重ねたら、最後にとろけるチーズをたっぷりのせます。
今回使ったガラス容器WECK Gourmetは口径が広く、高さが低いので、熱の通りが早くオーブン料理に適した作り。ガラスなのでラザニアのしましまが横からみても楽しめますね。
また大判の餃子の皮が1枚すっぽり綺麗に入るので、餃子の皮ラザニアにまさに最適!
小ぶりなサイズ感は、子どもにも食べやすい大きさです。

トースターで10分程焼けば完成。
スプーンを入れると、するっと皮切れもよく、これが餃子の皮?とびっくりする食感。ちょっとしたサプライズにも使えそうです。
ソースを作りおきしておけば、火を使わずパパっと作れるので暑い夏にもおすすめです。 (Photo&Text:大西佳葉)

ご紹介したレシピはこちら

クックパッドストア
毎日の料理が楽しみになるキッチングッズが購入できるオンラインショップ。 ここでしか買えない「オリジナルアイテム」や、便利なキッチンツールをお届けします。
『クックパッドストア』はこちら

編集部おすすめ
クックパッドの本