cookpad news
はじめての料理

しっとり柔らかくなるコツも!失敗しない「鶏むね肉の照り焼き」

早藤千紘

子育て奮闘中の管理栄養士

「鶏むね肉」をしっとりジューシーにするコツ

お財布にやさしく、さっぱり食べられる鶏むね肉。脂肪分が少ないので、上手に調理しないとパサパサになってしまうことも。今回は、皆さんが大好きな照り焼きで鶏むね肉をしっとり仕上げるコツを3つご紹介します。

下味に砂糖を加える

片栗粉をまぶして手早く焼く

下味に酢を加える

しっとり仕上げるには「下味」がカギ

鶏むね肉のパサつきを抑えるには下味がポイント。砂糖や酢は肉を柔らかくする作用があるのでおすすめです。

また、肉の厚みを均一にして火通りをよくすることで、焼きすぎることなくジューシーに仕上がります。

甘辛味の照り焼きにマヨネーズをプラスすることで、コクや旨味を足すのもポイントです。この方法で、鶏むね肉がしっとり柔らかく仕上がります。家族が喜んでくれること間違いなし!

執筆:早藤千紘

管理栄養士、食学士、野菜ソムリエ。 大手企業の社員食堂栄養士、有名クッキングスクールの講師、食学士としてセミナー講師などを経験。現在は自身の子育てをメインに、管理栄養士の資格を活かして、食事と健康・美容の大切な繋がりや、子どもへの食育の大切さを多くの方に知っていただけるよう活動中。

執筆者情報

早藤千紘

管理栄養士、食学士、野菜ソムリエ。 大手企業の社員食堂栄養士、有名クッキングスクールの講師、食学士としてセミナー講師などを経験。現在は自身の子育てをメインに、管理栄養士の資格を活かして、食事と健康・美容の大切な繋がりや、子どもへの食育の大切さを多くの方に知っていただけるよう活動中。

編集部おすすめ