cookpad news

ブロッコリーが黄色くならない「チルド保存ワザ」が話題!安井ファームさんに理由やコツを伺ってみた

【Twitterでバズったごはん Vol.56】市販品などを上手に使い、ササッと作れておいしいレシピが日々投稿されているTwitter。その中から、とくに話題を集めたレシピや便利な料理の知恵を、編集部がピックアップしてお届けします。

ブロッコリーを少量ずつ使っても黄色くなりづらい!

Twitterでバズった料理に関するツイートに注目し、多くの人の心を鷲掴みにしたヒミツを解き明かしていく連載をお届けします。第56回目に注目したのは「ブロッコリーのチルド保存」です。

“ブロッコリーは野菜室ではなくチルド室で保管したほうが長持ちする”とツイートされたのは、石川県白山市の農業法人「有限会社安井ファーム」広報課のTwitter担当者さん。1.2万いいね(2022年3月3日現在)がつくほど注目を集めました。それではTwitter担当者さんに詳細を伺ってみましょう!

ブロッコリーの呼吸を抑えられる

−−チルド保存方法は、野菜のプロの方々にとっては定番の方法なのでしょうか?

Twitter担当者さん:チルド保存そのものが定番かと言われると少し自信がありませんが、基本的にブロッコリーの流通は低温条件下で行われるため、その流通に携わる方々は少なくとも「なるべく低温で保存すること」を意識しているのではないかと思います。弊社におきましてもブロッコリーシーズン中は、冷蔵庫棟の設定温度を0℃に設定の上、ブロッコリーを保管しております。

−−チルド保存がオススメの理由を教えてください

Twitter担当者さん:ブロッコリーは収穫後も呼吸しており、呼吸が進むにつれブロッコリーも劣化していきます。ブロッコリーの呼吸は0℃環境下において最も抑えられるとされており、ご家庭においてはその理想の環境に近い「冷蔵庫のチルド室」に入れていただくと、より長く日持ちさせることができるため、オススメです。

チルド室がなくても大丈夫

−−いつも野菜室に入れていたので、意外でした。では、チルド保存する際のコツや注意点はありますか?

Twitter担当者さん呼吸抑制の促進と、乾燥を防ぐ目的ポリ袋に入れてチルド室に入れていただくと、より長くナイスブロッコリーを保持することができます。以前は「ブロッコリー、野菜室に入れてませんか?」というふうに呼びかけさせていただいておりましたが、最近は野菜室でも0℃で保存できるタイプのものも出てきているとのことで、チルド室がない、あるいはチルド室がいっぱいで入らないという方は「野菜室か冷蔵室のうち、0℃に近い方」にて保管していただければと思います。

−−ブロッコリーをカットして少しずつ使いたいときも、チルド保存で大丈夫ですか?

Twitter担当者さん:基本的にブロッコリーを生の状態で保存したい場合は「ポリ袋に入れてチルド保存」でオッケーブロッコリーです。

−−最後に、今回バズったことでどのような反響がありましたか?

Twitter担当者さん:本件は情報をアップデートしながら定期的に呼びかけを行っておりますが、発信のたびに「知らなかった」という声を少なからずいただきますので、みなさまによりおいしくブロッコリーを召し上がっていただくため、今後も積極的に呼びかけを行っていきたいと考えております。ブロッコリーを野菜室に入れて黄色くしてしまいがちという方は、 次の機会に是非チルド保存をお試しいただければと思います。よきブロッコリーライフをお過ごしくださいませ。

新鮮なブロッコリーのおいしさを長持ちできる、チルド保存ワザ。いつも野菜室に保存していた方も、さっそく試してみたくなったはず。ぜひツイート先を覗いてみて、ブロッコリーのおいしそうな美貌を愛でながら、野菜を育む美しい地球に乾杯してみませんか?

(TEXT:八幡啓司)

有限会社安井ファーム
石川県白山市にある農業法人。同県におけるブロッコリー作付面積の約3割を1社単独でシェアしている。令和元年度 農林水産祭にて「内閣総理大臣賞」受賞 。公式アカウントではブロッコリーに関する知識や情報だけでなく、夕方にはブロッコリーの鐘を鳴らすなど有意義で楽しいツイートが特長。