cookpad news
コラム

う、なんかマズい…レシピ通りに作っても「料理失敗する人」の原因はコレ

いつも作ってる料理、なんだかおいしくない…。そんなお悩みを抱えている人も多いのでは?おいしい料理を作るのに必要なのは、高価な食材や調理器具ではなく、焼き方や炒め方の「ちょっとしたコツ」を身につけること。料理研究家・栄養士である小田真規子さん監修、ノグチノブコさんが描く漫画で楽しく料理の基本を学べるコミック「なんかおいしくないので料理をおいしくするコツ知りたいです!(インプレス)」の中から、料理上手になるヒントをお届けします。

食べることが大好きだけど、料理が苦手な会社員のかおりさん。レシピ通りに作っても「なんかおいしくない…」となりがちなのがお悩み。とあるきっかけで、お隣に住む料理上手な大家さんに料理を教えてもらうことになったかおりさん。今日はおいしい「鮭の焼き方」を教えてもらうようです。

監修・小田真規子さんからのメッセージ

目の前の素材の味わいを生かすのが料理。だから、素材を無理にいじったり、調味しようと思わなくてよいのです。切るだけ、焼くだけ、ゆでるだけでも立派な料理。そして、おいしく食べる方法もシンプル。

だからまず、その最大公約数から覚えましょう。はじめからたくさんのバリエーションは必要ありません。そして、シンプルだからこそ、昨日と今日の味わいは違いますし、違ってもいいのです。その違いがわかって、楽しめれば、料理は自然に身についてきますよ!

書籍紹介

なんかおいしくないので料理をおいしくするコツ知りたいです!(インプレス)

「おいしい」は味付けじゃない!焼く・炒める・煮るを変えるだけで誰でも料理上手になれる入門書が発売!

たくさんの調理料も、高い調理器具も料理のセンスもいっさい必要ナシ

焼く・炒める・煮る、この3つのちょっとしたコツを覚えるだけで毎日の料理が変わります!

▼マンガで楽しく料理の基本が学べる! 料理が苦手な主人公と、料理上手な大家さん。ふたりのクスっと笑え、あるあるな料理の悩みをスパッと解決してくれるので、料理に苦手意識がある方でも、楽しく読めます。また、マンガを読んだあとに、本書のレシピを見て料理を作ると料理のコツがしっかり身に付きます。

▼レシピ本を買う前に読んでほしい入門書 レシピ本を買っても、上手に作れないってことありませんか。それはレシピが原因でなく、調理方法が原因かもしれません。本書は調理のコツを学ぶことに特化した内容です。この本のコツを知れば、毎日のレシピがもっとおいしくなること間違いナシです!

▼こんな人におすすめ ・料理をおいしく作るコツを知りたい人 ・料理本やレシピサイトをみて料理を作ってみたが失敗経験がある人 ・美味しくできない原因がわからない人 ・新生活で自炊を始めたがなかなか上手にできない人 ・料理が苦手でないが、「どうしたら美味しく作れるんだろう」と頭のすみっこで考えている人

▼章立て Chapter1 ごちそうは焼くだけでできる!  Chapter2 炒め物は重ねて炒めれば失敗なし! Chapter3 煮物と汁物は炒めてじっくりコトコトと Chapter4 副菜と盛り付けで豪華ごはんに!

著者紹介

監修 小田真規子
料理研究家・栄養士。「健康に配慮した、誰もが作りやすく、おいしい家庭料理」をテーマに、Web・TV・雑誌などでオリジナルレシピを紹介。身近な材料を生かした手軽なレシピは、幅広い年代の支持を得て、つくりおきや料理の基本などを中心に著書は120冊を超える。1998年、スタジオナッツ設立。代表のフードディレクターとして、企業へのメニューアドバイス、レシピ提案のほか、料理撮影のフードコーディネートに数多く携わる。Instagramではパプリカマキコとなり料理のコツを発信中。

Instagram…@studionutsnuts

まんが ノグチノブコ
イラストレーター・漫画家。「ひと」と「くらし」に関するテーマを主軸に、デフォルメした人物キャラにマンガ的な表現を加えてイキイキした画面作りが得意。Webから紙媒体まで幅広くイラスト・マンガの仕事を行う。グルメと食べ歩きが大好き。おいしい世界を描くのも大好き。

Twitter …@noguchinobu
Instagram…@noguchi
nobuko

編集部おすすめ