cookpad news
コラム

自家製餃子も、冷凍餃子も!失敗しない、おいしい餃子の焼き方のコツとは?

春キャベツがおいしい季節。餃子の具にもぴったりですね。せっかく具をおいしく作っても焼き方で失敗したら台無し。シンプルな料理こそ難しいということで、餃子の焼き方講座を開催! これさえ知っておけば、冷凍餃子もおいしく焼けますよ♪

冷凍餃子もOKの基本の焼き方

皮がフライパンにくっついてしまって、具がぼろぼろこぼれるなんて状態になったら、せっかくの餃子も台無し。まずは生でも冷凍でも大丈夫な焼き方をマスターしましょう。

解凍せずに冷凍のままでOKです!

サラダ油を引き、餃子を並べ、水を入れます
ここではまだ火をつけないのがポイント!

強火でふたをして3分

蒸し焼き状態にし、水分が少なくなってきたらふたをあけて水分を完全に飛ばします。あとはごま油をまわし入れ、カリッと仕上げたら完成♪

憧れの羽つき餃子もマスター

餃子同士の間にパリパリの羽。お店のような羽つき餃子もおうちでできちゃいます♪

生餃子だったら誰でもカンタン☆

水50mlに小麦粉小さじ1/2を溶きます

買ってきた生餃子だったら、水でサッと濡らして

粉がついている場合があるので、こうして粉を落とします。

ごま油を引いて、餃子を並べ、水溶き小麦粉を入れます

まだ火はつけません。

ふたをして、弱火で7~8分蒸し焼きに

ふたをとって中火で2分

焼き色がついてきます♪

火を止め、皿に盛ったらほらっ!

パリパリの羽が出現♪

これでもう失敗なし! 大人も子どもも大好きな餃子がますますおいしくなりますよ☆(TEXT:松崎祐子)

シェアする