cookpad news
コラム

伝えたい、母の味。素朴な甘さの【きほんのつぶあん】

手づくりの素朴な甘さを

あんころもちや、おはぎのために、母がつぶあんを炊いてくれた日々を思い出します。あの手づくりの素朴な甘さが忘れられません。「あんこは一度炊くと、何度も炊きたくなる。うまく出来るとうれしいから」。母はこう言いました。

祖母から母へ伝えられた、つぶあんの炊き方があります。さて上手に炊けるのだろうか。

<材料(作りやすい分量)>

小豆・・・300グラム
砂糖・・・300グラム
はちみつ・・・少々

お好みですが、隠し味にハチミツを少々加えると味に深みが出るでしょう。料理時間は二時間くらいが目安です。

<作り方>

1.小豆をザルにいれて、しっかり水洗いをします。
2.鍋に小豆を入れて、豆の3倍の水を加えて強火にかけます。水が沸いてから、5分ほど煮たら火からおろします。これを「渋切り」といいます。
3.火からおろした鍋に、少しずつ水を流し入れ、ぬるま湯になったら、ひとかきまぜして、小豆をザルに上げます。
4.小豆を、もう一度鍋に戻し、豆の3倍の水を加えて強火にかけます。煮立ったら弱火にし、アクと泡をていねいに取り除きます。
5.煮詰めることでゆで汁が減っていきます。その都度、差し水をして豆が焦げつかないように気をつけましょう。一時間から一時間半ほど、じっくりと弱火で煮ます。
6.ゆで汁がひたひたになり、豆が指でかんたんにつぶれるまで、しっかりと柔らかく煮ておくことがポイントです。砂糖で味つけしてからは、どんなに煮ても小豆は柔らかくはなりませんので気をつけましょう。
7.小豆が煮えたら、砂糖150グラムを入れます。焦がさないように、木ベラでかき混ぜて、弱火でさらに煮ます。
8.煮汁がほんのわずかになったら、残りの砂糖150グラムと、ハチミツを加え、中火で煮ながら、ここで一気にしっかりと混ぜ合わせます。
9.水分が減り、ツヤが出てきたら出来上がりです。砂糖を加えてからは、あまりぐつぐつと煮過ぎないように注意しましょう。
10.まな板などの上に、小分けに置いて、粗熱を取ります。完全に冷めたら、乾燥しないようにラップをかけておきましょう。

自家製のあんは、保存が効きませんので、その日のうちに、あんころもちやおはぎにしていただきましょう。

あんこのこしらえ方は、かんたんなようでむつかしいと、よくわかります。一回目はうまくいかないのですが、二度、三度こしらえるとコツをつかんで、自分らしくうまくいきました。あんこを一度こしらえると、外で出会うあんこの味わい方も変わります。ああ、こんなふうに炊いたんだなとわかるからです。 

自分で炊いたつぶあんはやっぱりおいしいです。この経験を育てていきたいと思います。

文:松浦弥太郎 写真:片山育美

くらしのきほん

『くらしのきほん』は、食を中心に、暮らしの基本を学び、楽しみ、基本の大切を分かち合うウェブサイトです。時代が過ぎても、決して古びない、価値のある、暮らしの知恵と学びを発信していきます。トップページでは、1日3回「おはよう」「こんにちは」「おやすみなさい」の挨拶と一緒にメッセージを更新しています。

関連する記事
ひとくちサイズが嬉しい!絶品ころころスイートポテト 2023年09月14日 07:00
魔法みたい!○○するだけ味染みしみ「カボチャの煮付け」が作れる 2023年09月19日 13:00
800人絶賛!研究し尽くしてたどり着いた「きんぴらごぼう」の黄金比はこれだ! 2023年09月26日 16:00
20代女性にまさかの「更年期」症状?体の中で起きていること 2023年09月23日 20:00
材料少なめレシピが人気!8月に最も読まれた「スイーツ」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年09月08日 22:00
5分で作れる「なすの浅漬け」が大人気!8月に最も読まれた記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年09月09日 22:00
フライパンで簡単!美しすぎるりんごケーキ 2023年10月02日 07:00
ふっくらサクッ!自宅で焼き立て「クロワッサンたい焼き」のレシピ 2023年10月24日 07:00
カヌレとパイの夢のコラボ!冷凍パイシートで「パヌレ」 2023年10月13日 12:00
混ぜて固めるだけ!焼かないブラウニーが絶品 2023年10月27日 06:00
【極シリーズ】まるで生チョコ!なめらかなお芋の味わいでフォークが止まらない「極スイートポテト」 2023年10月26日 19:00
冷やして食べるのが◎旬のさつまいもでダイエット中でも「罪悪感ゼロ」のヘルシースイーツ 2023年10月24日 18:00
材料2つで簡単!コクうま「鶏と白菜のクリーム煮」 2023年11月04日 13:00
ねっとり濃厚でご飯がすすむ!「里芋と豚バラの味噌煮」 2023年11月20日 08:00
残りご飯で!寒い日や風邪気味の日に食べたい「中華おかゆ」 2023年11月09日 06:00
【殿堂入り目前】こんにゃくでかさ増し!モリモリ食べられる「麻婆大根」 2023年11月10日 19:00
コンビニでも話題!関西名物の「肉吸い」が薄切り肉で簡単 2023年11月13日 10:00
「細かい汚れがごっそり」「知らなかった」ブロッコリーの洗い方の正解 2023年12月20日 18:00
圧力鍋なしでプロの味!煮込み10分で絶品「薄切り肉のビーフシチュー」 2023年11月24日 20:00
シュールなイラストにハマる人続出!自然な甘みで体にやさしい「さつまいもスイーツ」がX(旧Twitter)で話題 2023年11月10日 20:00
SNSで9万回検索された!卵不使用なのに驚くほど濃厚な「罪悪感ゼロ・カルボナーラ」 2023年11月28日 18:00
750人が絶賛!簡単なのにごちそう感がすごい「トマト缶煮込み」 2023年12月02日 13:00
味つけは砂糖としょうゆだけ!15分煮るだけの「豚の角煮風」 2023年12月04日 08:00
バターとあんこがとろじゅわ〜!「今川焼」の新しい食べ方 2023年12月17日 07:00
今年のクリスマスケーキは焼かない!コーヒームースの「ドームケーキ」 2023年12月21日 07:00
材料1つで濃厚うまい!大根だけで大満足おかず 2023年12月24日 07:00
オーブン不要!材料5つ&フライパンで作れる「はちみつケーキ」なら忙しい年末でも作れそう 2023年12月30日 15:00
黄金比率で間違いのないおいしさ!年末年始の「すきやき」はこの割下で決まり 2023年12月31日 08:00
これだけ守れば大丈夫!ダイエット中でも罪悪感ゼロの「おやつ2か条」とは 2023年12月18日 20:00
かぼちゃだけじゃない!冬至の日に食べたい「7つの食材」とは? 2023年12月21日 21:00
驚き!いま話題の「アレ」を使って、薄切り肉が「手間なしチャーシュー」になった! 2023年12月07日 10:00
SNSで大注目!世界一甘いあのお菓子を「米粉」で作ってみた結果… 2023年12月11日 12:00
新感覚すぎる!カルディの大人気「おにぎり」実食レポ 2024年01月31日 19:00
子どもと作れる!フライパン&ホットケーキミックスで簡単ロールケーキ 2024年01月01日 07:00
子どもと一緒に!加熱4分のかわいい「パンダまん」 2024年01月07日 13:00
忙しい朝にも◎10分で食べられるスコーン 2024年01月26日 06:00
殿堂入り目前!ツヤツヤふっくら「鶏ごぼう炊き込みご飯」 2024年01月06日 13:00
味付けは「白だし」だけでOK!パパッと白菜おかず 2024年01月07日 15:00
ステンドグラス風!美しすぎる「キラキラモザイクゼリー」 2024年01月11日 07:00
新年を祝うフランス菓子「ガレット・デ・ロワ」が美しすぎる 2024年01月06日 07:00
殿堂入り間近!鶏むね肉で作るしょうが焼き 2024年01月23日 08:00
ウインナーをおいしくするのは“焼きボイル” 2024年01月27日 09:00
5分完成レシピも!お正月に食べたい和スイーツ「おしるこ」で心も体もあったか◎ 2024年01月01日 21:00
お粥なのに食べごたえたっぷり!「サムギョプサル風アジアン粥」ならヘルシーでも大満足 2024年01月08日 11:00
余ったお餅で簡単!「あんこと餅の春巻き」がおやつにぴったり 2024年01月11日 13:00
白菜があったらこれ作って!1品で満足「トマチキグリル」 2024年02月05日 10:00
時短で旨い!10分煮るだけ「大根と豚こま肉」のクックパッド人気レシピ 2024年02月17日 08:00
バランスよく食べたい朝に。卵&野菜の簡単「すごもり丼」 2024年02月25日 06:00
【極シリーズ】自家製めんつゆで作る、だれウマ本気のトロトロ「極 半熟煮卵」 2024年02月29日 19:00
春先に向けて身体リセット!!栄養&ボリューム大満足「脂肪燃焼スープ」 2024年02月27日 18:00