cookpad news
作りおきレシピ

シャキシャキ食感がおいしい「れんこん」の作りおき副菜5選

作りおきレシピや常備菜のアレンジ方法など、毎日のごはんに役立つアイデアをクックパッドでも人気の料理研究家・鈴木美鈴さんがご紹介。素材の味を大切にした心と身体にやさしい作りおき常備菜で、日々の料理をラクして楽しみましょう。

旬の「れんこん」をおいしく使いきるレシピ

秋から冬にかけて旬を迎える「れんこん」。シャキシャキとした食感は、煮物にもサラダにもピッタリですが、意外と傷みやすいので早めに使い切りたいところ。そこで今回は、「れんこん」をおいしく食べ尽くせるよう、料理研究家の鈴木美鈴さんに作りおきレシピを教えてもらいました。

ごまダレの濃厚味で食べごたえ抜群

薄い半月切りにしたれんこんを酢水でさらした後、サッとゆでて、ごまダレとあわせた一品。鈴木さんいわく「れんこんだけのおかずですが、味が濃厚なので食べごたえ抜群」です。

シャキホクの食感が楽しい。のり塩れんこん

皮をむいて縦切りにしたれんこんをフライパンで炒め、最後に塩と青のりをふりかけます。「れんこんは輪切りや半月切りにすることが多いと思いますが、この切り方にすることでホクホク&シャキシャキとした新食感が味わえますよ」と鈴木さん。白いごはんやお酒も止まらなくなりそうですね。

コクうまカレー味で食欲UP

皮をむいて半月切りにしたれんこんを、カレー粉を加えて炒めた作り置き。「れんこんとカレーは意外な組み合わせですが、実は好相性。コクのあるカレー味がれんこんによくあい、食欲をそそります」と鈴木さん。

箸休めやお弁当おかずに大活躍

輪切りにしてゆでたれんこんを、はちみつ入りの酢、柚子の輪切りと一緒に密封容器に入れて冷蔵庫で一晩寝かせれば完成です。「保存期間がわりと長いので、作りおきしておくと、箸休めやお弁当のおかずなど、なにかと重宝します」と鈴木さん。

やみつき旨いガリバタ醤油味

拍子切りにしたれんこんをフライパンで焼き、にんにくや醤油などの調味料と、バター、粉チーズを加えて、全体になじませるだけ。鈴木さんによれば「れんこん料理は和風の味付けが多いと思いますが、意外や意外! ガーリックバター醬油がバッチリ合い、あっという間に完食してしまう」ほどのおいしさなのだとか。濃厚な味付けでご飯が進みそうですね。

和洋どんなアレンジもしやすいれんこん。いろいろな味のものを作ってストックしておくと、あと一品足りないときに助かりますね。傷んで黒くなってしまう前に、作りおきをしておいしくいただきましょう。

「作りおき」保存のルール

保存状況により、保存期間は異なりますので、なるべく早く食べきりましょう。
- 冷蔵庫で保存…常温での保存は避ける
- 清潔な保存容器を使用する…水滴や汚れは腐敗の原因に
- 取り分け用の清潔なスプーンなどで取り出す…口に直接入れるスプーンや手でさわるのはNG
- 作った日付を記しておく
- 冷蔵の場合は、2〜3日を目安に早めに食べきる

鈴木美鈴さん

料理研究家。トータルフードコーディネーター。クックパッド公式アンバサダー。作りおき・お弁当を得意とし、素材の味を大切に心と身体にやさしい家庭料理を考案、発信している。ウェブ・雑誌・企業へのレシピ掲載をはじめ、数々の料理コンテストにて受賞歴あり。著書に『盛るだけ つめるだけ 毎日かんたん 作りおき おかず』(オーバーラップ)。クックパッドにも絶賛投稿中♪