cookpad news
食の知恵

実は圧倒的にヘルシーなお菓子!アメリカ人の必須アイテム「ポップコーン」

【アメリカの最新ごはん事情vol.16】1989年に渡米し、「セレブ御用達プライベートシェフ」としてアメリカで料理を作り続けてきた明比玲子さんに、日本ではなかなか知ることができないアメリカの食事情を教えてもらいます。第16回目のテーマは「ポップコーン」。アメリカ映画やドラマでよく目にする、ポップコーンを頬張る俳優たち。あれはアメリカ人のリアルな姿なの!?本場のおすすめポップコーンレシピも教えてもらいました。

映画を見る前にまずは「ポップコーン」の準備から

その昔、私が初めてアメリカの映画館に行った時、席まで行って友人が、「ポップコーンを買ってくるから待ってて」と言った時、「なぜ、ポップコーン?」と不思議に思いました。

アメリカでは「映画を観る」=「ポップコーン」と言うぐらい、映画とポップコーンは切っても切れない関係です。家で映画を観る場合でも、まず「ポップコーンを作らなきゃ」という感じです。

客引きに重要だったポップコーン

ポップコーンは、大掛かりな機械が必要なく簡単に作れていい香りが漂うため、1800年代中頃、お祭りなどで人気が出ました。1929年からの大恐慌の時代は、安くて楽しめる娯楽ということで誰もが映画館に行くようになり、映画館は生き残るために人気のあるポップコーンを販売して、客引きをしました。

そして第二次世界大戦中は、砂糖が海外の軍隊に送られて不足していため、コーン粒と塩だけでできるポップコーンは以前にも増して大人気になり、今に至っているようです。

圧倒的にヘルシーなお菓子!

あのマドンナが若い頃、彼女のスナックはエアポップしただけのポップコーンだったそう。もちろん、多量に食べると身体にはよくないですが、ポテトチップスや甘いクッキーなどとに比べると、ポップコーンははるかにヘルシースナックです。

アメリカのスーパーなどでは、ポテトチップスと並んで袋入りのポップコーンが売られていますが、ナッツや穀類の量り売りコーナーにも、必ずと言っていいほどポップコーンの粒が売られていてます。これは、いかに家でポップコーンを作る人が多いかということですね。

クリスマスにもぴったりなポップコーンレシピ

電子レンジ用にパッケージされたポップコーンなど手軽に作る方法はありますが、コーンの粒を鍋に入れてポップしたできたてのポップコーンは格別。そこで今回は、このできたてポップコーンを使って、ポップコーンボールをご紹介したいと思います。

ポップコーンボールの作り方

材料
ポップコーン用のコーン粒…… 60g
油……大さじ2
塩……適量

(飴の材料)
グラニュー糖……50g
ブラウンシュガー……50g
メープルシロップ……100cc
バター……45g
バニラエッセンス……大さじ1/2
塩……ひとつまみ

1. オーブンを120℃に温めておく。
2. 大きめの鍋か、深めのフライパンにオイルと塩を入れて、中火で温める。(ここで十分に鍋を温めていないと、ポップコーンが焦げます。塩は、少し多めかなと思うぐらい入れた方がおいしいです)
3. 鍋が十分に温まったら、コーン粒を入れて蓋をして、コーンが弾けるのを待つ。
4. 焦げないように時々鍋をゆすり、弾ける音がほとんどなくなってきたら火から下ろして、蓋を開ける。(この時点でも、まだ時々コーンが弾けるので注意)
5. あらかじめ油を薄く塗っておいたステンレス製のボウルに、出来上がったポップコーンを入れて、1.のオーブンで保温しておく。
6. 鍋に飴用の材料を全部入れて混ぜ合わせ、中火で150℃まで温める。途中、端の方が焦げそうになったりした時は混ぜるがそれ以外は触らないこと。
7. 飴が150℃になったらすぐに火から下ろし、5.に回しかけてシリコン製のヘラで素早く混ぜ合わせる。(5.で保温しているボウルは、飴が140℃ぐらいになったらオーブンから取り出しておく)
8. 触れる温度まで下がったら、手に油をつけてボールを作っていく。飴が固まる前に素早く作るのがポイント。
9. ポップコーンが固まってしまったら、ボウルを天板にのせて、120℃に温めたオーブンに30分ほど入れます。そうすれば少し柔らかくなるので、追加でボールを作ったり形を整えたりできます。(ステンレスのボウルも熱いので注意!)

150℃の飴で作ったポップコーンボールは、食べた時にバリっとしておいしいのですが、作っている時に飴が固まる速度がとても早いです。130〜135℃の飴だと固まるのが少し遅く作りやすいですが、食べた時に歯にくっつきます。どちらでもお好きな方をどうぞ。また、飴は非常に熱くなっているので危険です。鍋を引っ掛けたりしないように、細心の注意を払ってください。

ポップコーンボールは、アメリカ人の子どもがハロウィーンやクリスマス、その他パーティーでよくもらえるお菓子のひとつです。クリスマスの場合は、キャンディーケインを突き刺したり、袋に入れてリボンをつけたりして、クリスマスツリーの飾りにすることが多いようです。ツリーに飾らなくても、置いておくだけで可愛いですね。子ども達は、キャラメルポップコーンボールを目にしただけで、喜ぶこと間違いなし。ボールにせずそのまま食べてもおいしいですので、是非作ってみてください。

明比玲子

兵庫県芦屋市生まれ。1989年に渡米し、ニューヨークのシェフ養成学校で学んだ後、本格的に料理に取り組む。著名レストランでパティシェとして経験を積み、アメリカ人と日本人に料理とお菓子の指導も行う。日本の料理雑誌への寄稿やフードスタイリングも行いつつ、2008年からは、コンサルティングの仕事なども兼ねながら、ニューヨークセレブのプライベートシェフとして、活躍中。
【HP】
【Instagram】

関連する記事
見た目はリンゴ、中身はプリン!?「たっ・ぷりん・ご」パン 2023年10月22日 07:00
農家のおばあちゃん直伝!カリカリ大学いもを作る最大のコツとは? 2023年10月21日 13:00
シンプルが一番おいしい!覚えておきたい基本の「カップケーキ」 2023年10月21日 15:00
たこ焼き器の意外な使い方!「ライスボールチヂミ」が今までにないおいしさ! 2023年10月28日 13:00
レストランもやってる!アメ色玉ねぎをあっという間に作れるワザ 2023年10月29日 10:00
【極シリーズ】まるで生チョコ!なめらかなお芋の味わいでフォークが止まらない「極スイートポテト」 2023年10月26日 19:00
【準備5分】ザクザク食感がたまらない!混ぜるだけで簡単「オレオマフィン」 2023年10月29日 14:00
袋モミモミで生地完成!さくさく「紅茶のクッキー」レシピ 2023年11月01日 07:00
800人絶賛!ホットケーキミックスで絶品「シナモンロール」 2023年11月02日 06:00
10分で作れる!レンジ&トースターで「スピードミニグラタン」 2023年11月06日 06:00
手が止まらない!新食感ザクザク「やみつきポテト」 2023年11月10日 15:00
【つくれぽ650件超】箸が止まらない…!ブロッコリーだけで簡単スピード副菜 2023年11月16日 15:00
クタクタに疲れた…そんな日はレンジで作れる「ささみうどん」で空腹を癒そう 2023年11月13日 12:00
サクッ&ほろっな食感がクセになる!米粉で作る簡単クッキーボールのレシピ 2023年11月16日 12:00
300人絶賛!大ざっぱさが肝心のザクザクしっとりふわっな「3層スコーン」 2023年11月30日 06:00
冬休みに◎ボウル不要の焼くまで10分「コロコロクッキー」 2023年12月03日 13:00
じゃがいも1つで3人分できる!「カリカリじゃがいも」 2023年12月03日 16:00
セリアの特大カップで!昔ながらのカスタードプリン 2023年12月11日 07:00
渋谷からブームに!若者たちに「いちご飴」が人気の理由 2023年12月27日 19:00
“練らないこと”がポイント!バターと卵不使用の「チョコスコーン」がX(旧Twitter)で話題 2023年12月08日 20:00
一石◯鳥!?ひき肉100gで家族分できちゃう子ども大喜びなお子様ランチ風【ハンバーグ鍋】 2023年12月25日 12:00
2024年は「とうもろこし」ブームが来るかも!トースターでできる簡単パイは試す価値アリ 2023年12月04日 11:00
SNSで大注目!世界一甘いあのお菓子を「米粉」で作ってみた結果… 2023年12月11日 12:00
ライスペーパーでシャリサクッ!の新食感「鶏胸肉の唐揚げ」をクリスマスに 2023年12月21日 12:00
クリスマスはホットケーキミックスで手軽に!手作りスイーツ4選 2023年12月19日 13:00
え、おにぎりにも合うの!?旨すぎる「白菜」の新しい使い方 2024年01月17日 06:00
やみつきの旨さ「ピリ辛大根」が常備菜に便利 2024年01月07日 16:00
ピヨピヨ可愛い!ひよこのちぎりパン 2024年01月12日 10:00
黄金比率を大公開!なめらか〜な絶品レアチーズケーキ 2024年01月29日 09:00
発酵いらず!フライパンで焼ける「丸パン」が便利 2024年01月27日 13:00
110万人が注目!【材料費たったの2円】本格スノーボール 2024年01月31日 15:00
白菜があったらこれ作って!1品で満足「トマチキグリル」 2024年02月05日 10:00
シャキシャキ絶品!濃厚マヨおかかの「白菜の和風コールスロー」 2024年02月07日 15:00
飴色玉ねぎがレンジで簡単に!700人が絶賛した「オニオングラタンスープ」 2024年02月10日 18:00
簡単!オレオで作る「焼かないチーズケーキ」 2024年02月22日 07:00
実は〇〇!食べてびっくりカレーライス 2024年02月25日 07:00
【殿堂入り目前】味つけ不要!ツナの和風パスタ 2024年02月26日 10:00
アレを入れて濃厚に!大人味のポテトサラダ 2024年03月02日 09:00
おいしい掛け算!手が止まらない「ヤンニョムボール」 2024年03月02日 12:00
中からチーズがどばぁっ!白だしで味が決まる「ふわとろチーズ焼き」 2024年02月22日 19:00
春のダイエットに◎罪悪感ゼロの痩せチーズケーキ 2024年03月04日 09:00
余っても大丈夫!使いかけ「コーン缶」の保存法 2024年03月04日 14:00
放ったらかしでも焦がさない!「お弁当ウインナーの焼き方」正解はコレ 2024年03月22日 06:00
いちごやみかん、なんでもOK!春休みのおやつに「フルーツ飴」を作ってみない? 2024年03月30日 15:00
ご飯も酒も止まらなくなる!ガーリックマシマシのやみつき「ペペロンブロッコリー」 2024年03月21日 19:00
春キャベツで夏までに身体スッキリ!野菜をモリモリ食べられる「ごちそうヘルシーサラダ」 2024年03月26日 18:00
【災害時に役立つ洗い物極少レシピ】断水時にうれしい!水をムダにせずお米を研ぐ方法とは? 2024年02月20日 12:00
作業5分で!失敗なしのざくざく「クロッカン」 2024年04月07日 13:00
材料2つ!卵不要・揚げない「チュロス」が簡単すぎ 2024年04月09日 07:00
夏に向けてブームの予感!いちご飴が進化した新感覚スイーツ「アイスタンフル」って? 2024年04月05日 05:00