cookpad news
トレンドレシピ

福山雅治さんがCMでかっこよく食べてる「タルティーヌ」とは?

パリの街を舞台にしたマヨネーズのCM。福山雅治さんの凛々しい姿にキュンしてしまう人も多いのでは?なかでも印象的だったのが、バゲットのオープンサンド「タルティーヌ」が登場するシリーズ。とってもおしゃれでおいしそうなんですよね。ところで、「タルティーヌ」っていったいどんな食べ物なのでしょうか?

カリカリに焼いたバゲットに具をのせた「タルティーヌ」。ここ数年、日本でもよく見かけるようになりましたが、「オープンサンドとは何が違うの?」という声もちらほら。そこで、さっそく調べてみました!

「タルティーヌ」はフランスの日常食です

「タルティーヌ」という名前だけを聞くとスイーツの一種のようにも思いますが、簡単に言うとフランス版のオープンサンドのこと。スライスしたバゲットやカンパーニュと呼ばれるパンを焼き、具をのせて食べます。

簡単なものでいうと、焼いたパンにジャムを塗ったものもタルティーヌ。それからチーズやハムをのせたものもタルティーヌで、フランスでは日常的なパンの食べ方なのだそう。具を変えれば、朝食や昼食、おやつ、お酒のおつまみにもなり、その種類は無限大のようです。日本の「どんぶりご飯」の具をアレンジするのと同じ感覚なのかもしれませんね。

日本でも広まりつつある!?「タルティーヌ」の魅力

日本では、数年前からベーカリーショップに並ぶようになり、人気カフェのランチや洋風居酒屋のおつまみにも登場しています。そのスタイルは、具に工夫をこらしたものが多く、色鮮やかな野菜をたっぷりのせたものや、ボリューム感のある具をのせたものなど、オープンサンドといえどもきちんと食事になり、しかもオシャレな感じがするのが特徴。気取ったメニューではないけれど、アレンジ次第で気分が上がる一皿になるところが、タルティーヌの魅力といえるでしょう。

アレンジは自由自在。おもてなしにもおすすめ!

タルティーヌだけを扱ったレシピ本も出るなど、おうちで楽しむ人も増えている様子。クックパッドにもアイディアあふれるレシピが投稿されています。

きのこたっぷり、オシャレな仕上がり!

パプリカの色が食欲をそそります

和風食材と組み合わせてもおもしろい

簡単で見栄えがいいので、ママ友ランチや家飲みのおつまみとしてもおすすめ。自分なりのアレンジで楽しんでみてはいかが?(TEXT:川端浩湖)

シェアする