cookpad news
スイーツ

今晩のおかずから取り入れよう!NASAも認めた☆スーパーフード【キヌア】の簡単&絶品レシピ

クックパッドニュース編集部

日本No.1レシピサイト「クックパッド」編集部

V6のいのっちこと井ノ原快彦さん、有働アナウンサーらが、社会問題から生活実用情報まで、毎日ピックアップする「あさイチ」(NHK)。主婦の皆さんが一番気になるあさイチのテーマをクックパッドがレポートします。

驚きのスーパーフード「キヌア」の秘密に迫る!

6月7日放映の「あさイチ」をご覧になりましたか?今日のメインテーマは、話題の食材「キヌア」でした。健康志向の高い女性から絶大な支持を受けているキヌアは、NASAが宇宙に持っていく食材に候補に選んだり、国連が世界の食糧問題を解決するとして「国際キヌア年」を制定するなど、並外れた栄養価を誇るスーパーフード。今回は、そんなキヌアの驚きのパワーとレシピを一挙公開します。

キヌアのルーツ&栄養素

キヌアのふるさとは、南米アンデス地方。実はキヌアは、ほうれんそうの仲間の種で、雑穀の一種。アンデス地方では昔から、「母なる穀物」と呼ばれ、スープやジュースに入れたり、様々な料理に使われてきたそう。

このキヌアのすごいところは、なんといっても栄養素。白米と比べてカルシウムと食物繊維がおよそ6倍、鉄分は9倍も含まれているいうからビックリ。必須アミノ酸が多く、成長期の子どもや食が細くなりがちな高齢者が効率的に栄養を取るにはピッタリの食材なんです。

本場ペルーでのキヌアの使い方をチェック!

日本では赤、白、黒という3種類のキヌアしかないけれど、世界一の生産量を誇るペルーでは1000種類以上のキヌアが作られているのだとか。ペルーでは、用途によってキヌアを使い分けているそうです。
白キヌアはやわらかい食感で、短時間で煮えるのでスープにおすすめ。赤キヌアは、味が濃くて粘りがあるため、ジュースやデザートにピッタリ!黒キヌアは、水分が少なくてしっかりした食感があるので揚げ物の衣に最適です。

たっぷり食べたい派はメイディッシュで♪

キヌアと言えば、ヨーグルトやスープ、サラダに混ぜて食べる方法が一般的ですが、あさイチがおすすめするのは、メイディッシュとして活用する方法。今回は、なんとキアヌ入りのハンバーグの作り方をご紹介しちゃいますよ。

ボウルに合いびき肉を入れ、塩を加えてしっかり混ぜます。そこに炒めて冷ました玉ねぎとシイタケを加えて、よく混ぜましょう。さらにキヌアをたっぷり入れて、再びしっかりとよく混ぜます。パン粉と牛乳、卵、ナツメグを加えてよくこねたら、手に油を塗って小判型に成形。油を引いて熱したフライパンで焼きましょう。
次はトマトソース作り。ボウルにプチトマトを8等分にカットしたものを入れ、キヌア、ポン酢、オリーブオイル、ちぎった青しそを加えて混ぜます。これでソースは完成。
お皿に焼けたハンバーグを盛り付け、今作ったトマトソースをかければ出来上がり。

ハンバーグ、ソースとWでキヌアを使った今回のレシピは、プチプチ食感がクセになりそうな味わい。これは絶対美味しそうです。
せっかくなので他にもキヌアをメインディッシュに活用したレシピを探してみましたよ。

キヌアがふくらんでボリュームアップ!

ピラフに入れても♪

意外な組み合わせが病みつきに☆

いかがでしたか?キヌア人気を受けて、国産キヌアも登場するなど、グッと身近になったキヌア。ますますそのブームから目が離せませんね。 (TEXT:森智子)

執筆者情報

クックパッドニュース編集部

日本No.1のレシピサイト「クックパッド」のオウンドメディアであるクックパッドニュースでは、毎日の料理にワクワクできるような情報を発信しています。人気レシピの紹介や、定番メニューのアレンジ、意外と知らない料理の裏ワザをお届けしています。

編集部おすすめ
クックパッドの本