cookpad news
朝ごはん

朝からアガル♪台湾の絶品屋台メニュー~世界の朝ごはん⑧~

クックパッドニュース編集部

日本No.1レシピサイト「クックパッド」編集部

台湾は小さいながらも中国各地の本場の味が集まっているので、おいしいもの好きにはたまらない旅行先です。現地では、朝ごはんを外で食べるのがお決まり。そのため、朝からグルメを堪能できちゃうのです。果たして、台湾に住む人はどんなメニューを食べているのでしょうか?

外で食べるのが常識!?台湾の朝は屋台からスタート

台湾のほとんどの人は、自分の家ではなく外で朝ごはんを食べるといいます。その理由は、家庭では手間のかかるものが、安くておいしく食べられるから。「朝食屋さん」もたくさんあり、台湾ならではのメニューを食べることができます。

豆乳に似たスープ「豆漿」が、台湾式朝ごはんの定番

台湾の朝ごはんの代表的なメニューといえば、「豆漿(トウジャン)」。豆乳として紹介されていることが多いようですが、作り方が少し違うようで、豆乳よりもさらりとしているとか。甘いものと塩味のものがあり、どんぶり鉢に並々と入っています。朝の一杯が豆乳なんて、健康的ですね。

行列のできる店の塩味の「豆漿」を再現

卵焼き?クレープ?「蛋餅」は人気の屋台メニュー

日本人旅行者にも人気があるのが、「蛋餅(タンピン)」というメニュー。これは、鉄板の上に広げた卵の上にクレープのような生地をのせ、くるくる丸めて食べやすく切ったもの。具を入れたものや、ソースをかけたものなど、バリエーションもあるようです。オーダーしてからその場で焼いてくれるところが、屋台メニューらしいですね。

食べてみないとこの食感は分かりません

具なしでシンプル。ふっかふかの「饅頭」は、台湾の主食

「饅頭(マントウ)」も、朝ごはんの定番の一つ。「饅頭」という漢字だけ見ると、甘いのかな?と思ってしまいますが、台湾の「饅頭」は中に具はなく、肉まんの皮の部分だけ。シンプルな味なので、先ほどの「豆漿」に浸すなど、何かとセットで食べることが多いようです。日本で「饅頭」は甘くてあんこが入ったお菓子なのに、台湾では主食なんですね。

甘くないからおかずによく合う!

他にも野菜まんや肉まん、台湾風おにぎり、スープなしの麺など、台湾には魅力的な朝食メニューがいっぱい!現地の屋台に行った気分で、ぜひ味わってみてください(TEXT:川端浩湖)

執筆者情報

クックパッドニュース編集部

日本No.1のレシピサイト「クックパッド」のオウンドメディアであるクックパッドニュースでは、毎日の料理にワクワクできるような情報を発信しています。人気レシピの紹介や、定番メニューのアレンジ、意外と知らない料理の裏ワザをお届けしています。

編集部おすすめ
クックパッドの本