cookpad news
コラム

大好きな「だし汁」をやめたら、いつもの味から脱出できた話

【今日、キッチンで何を考えていますか? Vol.9】料理ユニット「アンドシノワーズ」で旧仏領インドシナ三国(ラオス・カンボジア・ベトナム)の食文化を広めている田中あずささん。毎日キッチンに立ち、料理をしながらいろいろなことを考えるのが密かな楽しみなのだそう。その時間を『脳内よそ見』と名付けている田中さん。日々の料理に疲れたとき、息抜きしたいときにぴったりの、肩の力がふっと抜ける『脳内よそ見』のヒントをお届けします。

こんにちは。
私はふだん、仕事で毎日のように東南アジア圏の料理を作っていることもあり、プライベートでは違う味、多くは和食を食べたいと思っています。

家では冷蔵庫にあるたいていの残り野菜や半端な肉、魚介などを懐深く受け止めてくれる「味噌汁」に、「納豆ごはん」を頂くことが多いというか、ほぼそればかり食べているのですが、自分が作る味噌汁って、味がマンネリになりがち……。

料理は基本的に、ベースの調味料を大幅に変えなければ味変できないと思う一方で、狭い私の家にはだしも味噌も一種類ずつしかない。具材が変わってもやはり「いつもの味噌汁」になるのです。

こうして、ふつふつと他の味が食べたい欲が爆発し「味噌汁あきた」「でも和食がいい」と騒いでいたある日、主人が作ってくれた親子丼が目からウロコだったので、今回はその簡単な作り方を紹介しますね。

「カラメル親子丼」by主人

作り方

1.食べやすく切った鶏肉を、ひたひたになる量の調味液(酒1:醤油1/2くらい)に漬けておく。
2.鍋に砂糖、油、水を加えてカラメル状になるまで焦がす。
※カラメルを作る際に油を使うのがコツ。焦げずになめらかな液状カラメルが仕上がります。
3.の鍋に鶏肉を漬け汁ごと加え、火が通ればねぎと溶き卵を入れて仕上げる。

焦げのうまみでいい味になる

砂糖と油を焦がしたカラメルで肉を煮る」という調理法は東南アジアではよくある手法で、だし汁などで煮るのと違い、肉の脂のうまみが流れ出ず閉じ込められることと、煮汁には焦がした砂糖のコクが加わること、また、見た目がツヤっぽくきれいに仕上がるという良い効果があります。でも、まさかまさか、この手法を和風の親子丼に応用するとは思いつかなかった。

味は、関東風の甘い卵焼きを想像していただけるとわかりやすいかもしれません。鶏肉のうまみと、長ねぎのとろっとした食感がカラメルの濃厚な甘さと相性良く、なかなかいい感じ

親子丼もカツ丼も、だしがしっかりきいたつゆで作るものと思い込んでいた私にとっては新鮮な発見だったし、私が作る親子丼と、主人が作る親子丼はそれぞれ、わが家のレパートリーになりました。

同じ調味料でも、使い方で味変できる

前段で私は「料理は基本的に、ベースの調味料を大幅に変えなければ味変できない」と言い切っておりますが、この親子丼は私にとって「調味料を変える」ということは品を変えるだけではなく、配合や使い方を変えるということでもある、と気付かされたレシピになりました。

砂糖はまず、甘みを加えるという役割が思いつきますが、その他にも「(味に)うまみを加える」「(仕上がりに)照りを出す」「(食感を)柔らかくする」といった特性があります。今回の親子丼は、砂糖を甘さというより「うまみ」として加えることで、和のだしを使ったいつもの味とは違ったおいしさを教えてくれたのです。

家族同士でも、料理がシェアできたら楽しい

以前「『自分の味』に飽きたら、料理を“シェア”してみるといいかもしれない」でもつれづれと書いておりますが、私はいつだって「ひとさまが作った料理にまかなわれたい」と思いながら誰かにお料理を作っています。その「ひとさま」が今回は主人だったという内輪の話で恐縮ですが、同じ釜の飯を食べている家族でも、料理の発想はまったく別なことがありますね。

もし機会があれば、家族同士で自由に作った料理をシェアしてみるのもいいかもしれない。長引くステイホーム習慣の中、自由な発想と時には広い心(笑)で、料理を任せあい、楽しんでみてはいかがでしょうか。

アンドシノワーズ 田中あずさ


料理家、コピーライター。
仏印料理教室『アンドシノワーズ』主宰。2006年頃からインドシナ(ラオス・ベトナム・カンボジア3国)の古典料理を研究・紹介。

関連する記事
コレ、絶対レンチンしないで!ゆで卵だけじゃない「電子レンジ加熱」NGリスト 2024年03月19日 20:00
寒くて外に出たくない日のランチはこれ!あったか「スープパスタ」5選 2023年12月24日 21:00
あの料理にもすごく合う!編集部スタッフも悩む「味の素」の上手な使い方とは… 2023年12月15日 17:00
本当に万能!カルディの「いぶりがっこタルタル」実食レポ 2023年12月18日 13:00
やさしい甘さが濃厚チーズにぴったり!りんごを使った冬のチーズケーキ 2024年01月22日 07:00
殿堂入り目前!甘辛厚揚げのチーズ焼き 2024年01月24日 17:00
だしが溢れる!お寿司屋さんの卵焼き 2024年01月26日 13:00
量が多くても完璧に作れる!究極の「野菜炒め」 2024年02月02日 08:00
フルコース料理に進化!?日本のとんかつが外国人旅行者に人気の理由 2024年01月31日 20:00
生姜の爽やかな風味が美味「白菜入り豚の生姜炒め」の即席夕食献立 2024年01月27日 11:00
味噌のベストな保存法も紹介!30代スタッフに聞いた「オススメの味噌汁の隠し味」とは… 2024年01月12日 17:00
朝食にコーンフレークは危険!?「老けない主食ランキング」の結果は… 2024年01月19日 17:00
ダイエットに失敗する人の家には◯◯がない!「太りやすいキッチン」にあるもの・ないもの 2024年01月06日 19:00
え、これ入れるの?旨さ倍増する「カレーの隠し味」はコレ 2024年02月17日 10:00
「意外と合う!」「簡単でおいしい」斬新で旨すぎるバナナの食べ方 2024年02月18日 13:00
食べ出したら止まらない!「クイニーアマン」をパンの耳で作る 2024年02月24日 15:00
疲れた日にも、これなら作れそう。フライパンひとつで「鶏キャベツ」 2024年03月02日 08:00
りんごの変色防止ワザが注目ナンバーワン!2023年に多く読まれた「裏ワザ」の記事は?【年間ランキングTOP5】 2023年12月29日 10:00
【殿堂入り】クックパッドで人気!味付けがバッチリ決まる「親子丼」の黄金比とは? 2024年02月29日 12:00
アレを使って超時短!たった「5分」でみそ汁を作る方法 2024年03月07日 14:00
これは驚き!ケチャップを入れると味噌汁がうまくなる 2024年03月08日 07:00
【殿堂入り間近】胃袋に響くこのうまさ!やみつきになる「肉巻きおにぎり」 2024年03月15日 19:00
甘くてやわらか〜い「春キャベツ」をメインに。レンジで作る蒸し料理レシピ 2024年03月18日 10:00
家のアレ足してみて!「ポテトサラダ」の隠し味 2024年03月23日 17:00
食材2つでヤバうま!「厚揚げの豚バラ焼き」でご飯がすすむ 2024年03月25日 12:00
スピード&栄養◎「新感覚ウインナー丼」で最強朝ごはん 2024年03月26日 06:00
スパイスカレー、生クリームがてんこ盛り…東京でうどんが独自の変化を遂げていた 2024年03月23日 16:00
ある成分を制限することが大事!「老化を防ぐ」ための食生活のポイント2つ 2024年03月29日 17:00
【災害時に役立つレシピ】電気&ガスは使えるが水が出ない時に!家にあるもので作れる「旨味たっぷり魔法の粉」が大活躍 2024年02月13日 21:00
肉なしでも満足◎ボリュームたっぷり「厚揚げおかず」 2024年04月11日 09:00
試してみて!「味噌汁」に合う意外な食材 2024年04月15日 17:00
殿堂入り目前!時間がない日におすすめの「ズボラ納豆パスタ」 2024年04月18日 11:00
意外と思いつかないかも!?レタスは「おひたし」にすると美味 2024年04月22日 10:00
この発想はなかった!「ちくわ」でボリュームメイン 2024年04月30日 08:00
そんな食材も合うの?聞いてびっくり、試して納得「味噌汁の具」 2024年05月02日 14:00
「料理は“型”があれば迷わない」スープ作家・有賀薫さんが教える、レシピなし料理の秘訣 2024年04月05日 18:00
“クタクタな日”でも5分で作れちゃう!スタッフ絶賛の「サバ缶」アレンジメニュー 2024年04月19日 17:00
「合理的にいうと料理ってする必要がない」スープ作家・有賀薫さんがそれでも料理をする理由 2024年03月29日 18:00
まるで老舗の味!スーパーでもらえるアレで「親子丼」が激ウマに! 2024年05月17日 13:00
スープ作家・有賀薫さんが見つけた、味噌汁に合わせるとおいしい意外な食材 2024年04月07日 10:00
【食べるまで10分】コロッケ大革命!SNSで21万回再生された究極の裏ワザレシピ 2024年05月28日 18:00
トマトを手で潰してTV局からストップも!?平野レミさんに聞く、料理を楽しくする考え方 2024年04月12日 21:00
料理愛好家という肩書きにした理由は…平野レミさんの「料理を好きになる」ために大事なこと 2024年04月26日 19:00
300人絶賛!やみつき浅漬けで「キャベツ」が半玉消える 2024年06月05日 15:00
食べごたえ抜群!「豚肉×じゃがいも炒め」でご飯が進む 2024年06月06日 08:00
世界一甘いお菓子!?「グラブ・ジャムン」がやみつきのおいしさ 2024年06月11日 07:00
実は万能!余った「昆布茶」は調味料として使うが正解 2024年06月12日 11:00
え、そうだったんだ!めんつゆと白だしの違いを管理栄養士が解説 2024年06月11日 12:00
純喫茶風で懐かしい味!シンプル材料で作れる幸せの「固めプリン」 2024年06月09日 21:00
今年は梅の収穫量が少なく貴重!プロに聞いた2024年「梅しごと」の楽しみ方 2024年05月26日 18:00