cookpad news
コラム

◯◯しないのがコツ!皮パリ中ふわ「チキンソテー」、焼き方のコツをシェフに聞いた

料理がもっとうまくなりたい!を叶える、プロの料理人による料理のパーソナルコーチングサービスMOMENT。 今回はイタリアンレストランRistorante QUINDIの料理長・安藤曜磁さんが、チキンソテーの作り方を生徒のJunさんに伝授します。レッスンの様子を覗いてみましょう!

皮パリパリでふっくらジューシーなチキンソテーをつくりたい!

安藤コーチ

チキンソテーってふだん、どのように作っていますか?

Junさん

えーっと…温めたフライパンに皮目を下にして鶏もも肉を入れ、その上に鍋を乗せるなど重石をして焼いています。
そうすると焼きムラがあまりできず、皮がパリパリになると前に見たレシピに書かれていたので。おいしいけれどお店みたいにジューシーではないというか、お肉が少しパサついてかたい気も。
お店で食べるのとはなんか違うんですよね。どうしてだろう? チキンソテーの理想形ってどんなものなんですか?

安藤コーチ

「皮パリパリ」と「身はふっくらジューシー」を両立させるのが、チキンソテーの本当の完成形。
Junさんの焼き方だとギュッと押さえられて肉の水分(肉汁)が流出し、身がかたくなってしまいませんか?ということで、今回は焼き方を一緒に学びましょう。

Junさん

家にある普通のフライパンでも上手にできるのか不安ですが、大丈夫ですか?

最初は、チキンをつまみながら焼く??

安藤コーチ

大丈夫ですよ。おうちにある、テフロン加工のフライパンなら焼き油は不要。 最初に皮目を下にして焼き始めるのはJunさんといっしょですが、肉を入れるときにフライパンの火はまだつけません。
鶏皮の融点は30℃くらいなので、一気に加熱するとすぐに縮むため、焼きムラの要因になるんですね。
まず皮目を下にして肉をおき、折りたたむようにして中央をトングでつまみます。
そこでようやく着火。強めの中火くらいが目安です。中央部分が焼けて皮が透き通ってきたら、つまんだまま交互にひっくり返して皮目全体を焼いていきましょう。

Junさん

つまむって驚きです! そこにどんな理由が?

安藤コーチ

皮は加熱すると水分が抜けて少し収縮します。
皮目に波ができたり、ぼこっとしたり、ムラができるのはそのせい。
それを防ぐためにみんな重石のせて、押さえつけているんですね。
でもそれでは肉にも圧力がかかって肉汁が抜け、ふっくら仕上がりません。
押さえつけるのではなくつまんで皮の面を中央と両側面に分け、中央が焼けて透き通ってきたら(つまんだまま)返し、側面を交互に焼いていきます。
こうすれば、肉汁は閉じ込められたまま!

Junさん

パリパリとジューシーの両立の理由ですね。つまむときの注意点はありますか?

安藤コーチ

常に皮を引っ張りながら焼くこと。引っ張ることで焼きムラもできにくく、平たい均一の面になっていきます。

Junさん

皮の面がきれいに焼けてきました。でもどこが仕上がりのサインでしょうか。

フライパンの鍋肌を使って焼き上げる

安藤コーチ

皮の面がある程度焼けてきたら広げて身も焼いていきます。こまめに返して皮目の状態を確認。香ばしいきつね色ではなく肌色に近い部分があったら、まだパリパリまで至っていないサイン。見つけたら返してその部分を熱くなっているフライパンの鍋肌につけて集中的に焼きつけます。

Junさん

一度フライパンにのせたら、あまり触らないほうがいいということを過去に教わりました。

安藤コーチ

いえいえ、こまめに返してください。
皮目が均一にパリパリになり、肉に火が通ったら完成です。
一度も押さえつけてないから、身がふっくらジューシーですよ。

Junさん

こんがりして、見た目にも食欲をそそります。
皮はきれいなきつね色でハリとツヤがあってレストランみたい。同じテフロンフライパンなのにプロの仕上がりです。何と言ってもつまみながら焼くのが目からウロコ!
食べたときの、パリパリとした音。こんなお料理が自分でできるとは感動ものです。ありがとうございました。

この技、魚のソテーにも使えます

調理のときに、ここは弱火、中火といった火加減だけを意識していると、うまく焼けないことがあります。それは肉を冷蔵庫から出したばかりとか、魚の場合は身がくずれやすいなど、ものによって食材の状態や質が違うから。ソテーの場合は比較的強めの中火で食材の状態を見ながら焼き上げていくことが大事。いずれも最初は身を折り曲げてつまみ、皮目の中央部分から焼き付けていくと皮がそり返りません。皮目が香ばしく焼けたら広げて身側も交互に返しながら焼いていく、このコツは魚にも応用がきくので、鶏肉のおいしさを味わったら好みの白身魚などで試してみてください。

教えてくれたコーチ:安藤曜磁(Ristorante QUINDI料理長)

大阪の調理師学校で学び、京都のリストランテ「イルギオットーネ」に9年間勤務。
その後、都内数店で料理長としてキャリアを積む。2018年より、「Ristorante QUINDI(クインディ)」の料理長を務める。一般社団法人Japan Food Frontierの理事も務め、こどもに向けての料理教室も行っている。

MOMENTはプロの料理人による料理のパーソナルコーチングサービスです。

専用カメラとアプリを利用した完全オンラインで、プロの料理人があなたの専属コーチとして、料理スキルアップをサポートします。現在大変人気をいただいており、コーチとなるシェフの新規講座の開設待ちとなっております。新規講座の情報と予約の案内をメールにて配信しておりますので、詳しくはHPをご覧くださいね。(2023年前半サービス公開予定)

関連する記事
水加えるだけ!?フライパンでふっくら「絶品焼き鮭」 2023年10月17日 11:00
りんご農家もやっていた!早くて簡単すぎる「りんご」の切り方 2023年10月21日 17:00
◯◯を使って!10分で食べられるアップルパイ 2023年10月25日 06:00
時短!この一工夫で熱々の「じゃがいも」の皮がきれいに素早くむける 2023年10月26日 14:00
【殿堂入り】クックパッドニュースで人気!レンジ5分加熱で完成「デリ風かぼちゃサラダ」 2023年10月29日 12:00
これもライスペーパーで作れるの!?驚きのアイデア「ぐるぐるウインナー風」レシピ 2023年10月19日 11:00
買ってよかった!30代女性が本気でおすすめ「キッチングッズ」3選 2023年10月27日 17:00
アレを使うとちくわが裂けない!失敗なしの「ちくわのきゅうり詰め」 2023年11月06日 19:00
もも肉がジューシー!焼き方にワザあり「鶏のねぎ塩だれ」レシピ 2023年11月19日 15:00
寝坊した朝にも◎アレ使って準備5分の味しみ「フレンチトースト」 2023年11月21日 06:00
低カロリーで肥満予防にも!「里芋」の栄養がすごかった 2023年11月18日 12:00
【極シリーズ】鶏肉ふっくらお米ふわふわ!旨みが大爆発する「極 鶏めし」 2023年11月23日 19:00
実も皮も丸ごと使い切れる!調味料やジャムで「ゆず」を楽しむレシピ3選 2023年12月10日 22:00
本格派もお手軽派も大満足!ハフハフおいしい「おうち肉まん」 2023年11月25日 21:00
まるで唐揚げ!鶏むね肉の「落とし焼き」が揚げずにお手軽 2023年11月06日 16:00
行ったら必ずチェック!「成城石井」で買ったほうがいい食品5選 2023年11月03日 17:00
ごちそうに変身!鶏むね肉をタン塩風に食べよう 2023年11月28日 08:00
試行錯誤の結果!「あめ色オニオンスープ」を超時短で作る方法 2023年12月01日 15:00
◯◯するだけで驚きジューシー!ウインナーのおいしい茹で方 2023年12月04日 18:00
市販品をさらにおいしく!肉まんをふわっふわに温める裏ワザ 2023年12月13日 11:00
揚げずに4分で!パリ旨「さつまいもチップス」 2023年12月20日 13:00
旬の味を楽しもう!「ゆず×ホットケーキミックス」で作れる簡単スイーツ 2023年12月21日 16:00
コンビニの人気メニューもこれで作れる!業務スーパーの「冷凍トルティーヤ」実食レポ 2023年12月20日 12:00
具材アレンジは無限大!餃子の皮でなんちゃってカルツォーネ 2024年01月29日 06:00
道具なしでOK!フライパンで絶品「ホットサンド」を作る方法 2024年01月02日 07:00
白米が止まらない!最強の組み合わせ「ハニマヨ照り焼きチキン」 2024年01月12日 19:00
ガッツリ濃厚「悪魔の鶏塩キャベツ丼」がウマすぎる 2024年01月08日 10:00
長ねぎがおいしさのポイント!ご飯が進む「鶏もも」おかず 2024年01月16日 20:00
余ったお餅で簡単!「あんこと餅の春巻き」がおやつにぴったり 2024年01月11日 13:00
韓国の屋台スイーツをおうちで楽しむ!業務スーパーの「冷凍ホットク」実食レポ 2024年01月24日 12:00
手が黄色くなる心配なし!いよかんやデコポンの厚い皮を簡単にむくワザ 2024年02月06日 11:00
680人絶賛!濃厚大満足な鶏とネギの味噌バター炒め 2024年02月07日 08:00
【大量生産】「春巻きの皮10枚」で20個の春巻きを作る方法 2024年02月12日 13:00
10秒でするっと剥けちゃった!玉ねぎの皮むきは◯◯すればスムーズ 2024年02月19日 14:00
画期的!◯◯で「はっさく」の皮を果肉を傷つけずにむく方法 2024年02月27日 13:00
子ども喜ぶ◎パリパリ羽つき「おにぎり」がやみつき 2024年02月27日 11:00
便利すぎてリピ買い!倹約家が選ぶ「業務スーパー」おすすめ冷凍食品3選 2024年02月23日 20:00
【X(旧Twitter)で話題】つぶしながら焼く!「ぺちゃんこガリガリクロワッサン」のおいしい作り方を聞いてみた 2024年02月16日 20:00
バター醤油味がクセになる〜!てりてりホクホクの「新じゃが甘辛煮」 2024年02月29日 21:00
「これ便利すぎ」「他のはもう使えない」クックパッド社員が本気ですすめるキッチンツール 2024年01月26日 18:00
材料2つで完成!パパっと作れる「鶏むね肉とカブの煮物」レシピ 2024年03月11日 17:00
放ったらかしでも焦がさない!「お弁当ウインナーの焼き方」正解はコレ 2024年03月22日 06:00
これ知ってる?10秒で「雪見だいふく」がめちゃうまになる方法 2024年03月30日 12:00
新じゃがでホクホクおいしい!この時期に食べたい「ジャーマンポテト」4選 2024年03月25日 07:00
鶏もも肉がコクうま!ご飯がすすむ簡単「やみつきチキン」 2024年03月31日 12:00
フライパンで簡単皮いらず!春キャベツでうまみジューシー「花焼売」 2024年03月30日 21:00
820万人が注目する大人気クリエイター・ケンティー健人が教える!餃子の皮で作る「エッグタルト」が絶品 2024年03月16日 20:00
準備5分!面倒なアスパラベーコン巻きに「春巻きの皮」が大活躍 2024年04月08日 19:00
つい食べたくなるアレをお家で!レジ横のコンビニチキンを完全再現 2024年04月13日 09:00
【X(旧Twitter)で話題】「これウマい」の声多数!トロトロあまあまな「新玉ねぎの炊き込みご飯」の作り方を聞いてみた 2024年04月12日 20:00