cookpad news
コラム

電子レンジで作れる!スパイス香る絶品「キャロットケーキ」の作り方

【オーブンいらずでおいしいお菓子 Vol.6】お菓子作りにはオーブンが必要…というイメージを持っていませんか? この連載では、お菓子研究家の福田淳子さんがオーブンを使わない、おいしいお菓子の作り方を紹介します。第6回のレシピは、秋に食べたい「キャロットケーキ」です。

電子レンジで作れる!贅沢キャロットケーキ

すっかり秋らしくなってきました。みなさんいかがお過ごしですか。いろんなものがおいしく感じる季節。お菓子作りも楽しい季節です。

今日は、電子レンジを使って作る「キャロットケーキ」をご紹介します。ケーキにクリームがあるので材料は少し多め。そして、すりおろしたり、刻んだりと準備も少し多め。でも作り方はとっても簡単。準備さえ終われば、混ぜてあとは電子レンジでおまかせです。クリームをのせたケーキは見た目も豪華で、味も本格的。

電子レンジの調理は簡単ですが、味が単調になりがちです。今回はにんじんに加えて、スパイス、レーズン、くるみといった、いろんな味わいや食感を加えて奥行きを出しますレンジは弱(300W)で加熱するとゆっくり火が入り、ぱさつきにくくなりますよ。レンジ加熱は、ムラが出やすいので、様子をみて向きを変えたりしてみてくださいね。

使用しているレンジの加熱ムラのくせを知っておくのも大事です。レンジや加熱容器などの差がありますので、加熱時間を目安に、あとは様子をみながら加減してください。くれぐれも加熱しすぎに注意です。

焼いたあとは、容器のまま冷ますと下側に水分が溜まりやすいので、逆さまにして冷まします。完全に冷えたら、クリームを作ります。クリームチーズのフロスティングクリームがスパイスの効いたケーキとよく合います。今回は絞り出していますが、ラフにゴムベラでのせてもかわいいです。トッピングはお好みのものを。お好みの大きさに切り分けて、紅茶やコーヒーとあわせてどうぞ。

キャロットケーキ

材料(約15×15cmのケーキ1台分)

<キャロットケーキ>
植物油…60g(米油、グレープシードオイル、太白ごま油、サラダ油など香りの少ないもの)
卵…1個
きび砂糖…60g
にんじん…120g
くるみ…40g
レーズン…40g
スパイス…小さじ1/2〜2(シナモンにお好みで、カルダモン、オールスパイス、ジンジャーなどをブレンドする)
◯薄力粉…100g
◯ベーキングパウダー…小さじ2/3

<フロスティングクリーム>
クリームチーズ…100g
きび砂糖…大さじ2
レモン汁…小さじ1/2

トッピング…お好みで(今回はくるみ、ココナッツ、ピスタチオ、シナモンを使用)

下準備:にんじんはすりおろす。くるみ、レーズンは細かく刻む。◯はあわせてふるっておく。

作り方

.ボウルに植物油を入れる。卵、きび砂糖を順に混ぜ入れ、なめらかになるまで混ぜる。さらににんじん、くるみ、レーズン、スパイスを加えて混ぜて、◯を加え、粉気がなくなるまでゴムべらで混ぜる。

を電子レンジで加熱可能な型に入れる。ふんわりラップをして300Wの電子レンジで9分加熱。生地に火が通っていなければ、30秒ずつ追加で加熱する。逆さまにして冷ます。
*今回は約15×15cmのプラスチック容器を使用。同じくらいのサイズならば、型は好きなものを使ってもOKです。

.ボウルにクリームチーズを入れてなめらかになるまでゴムベラで混ぜ、きび砂糖、レモン汁を加え混ぜる。の上に絞り出すか、ゴムベラで塗り、上に好みのトッピングを散らす。
*電子レンジで加熱したケーキはかたくなりやすいので、早めにいただきましょう。

福田淳子(ふくだ・じゅんこ)

お菓子・料理研究家。カフェでメニュー開発や店舗の立ち上げを経験後、雑誌や書籍を中心に活躍中。身近な材料と、シンプルな手順でおいしく仕上がるレシピに定評がある。これまでに手がけたお菓子の本は30冊以上。
【Instagram】@junjunfukuda