cookpad news
コラム

とっても簡単!インドネシアの万能調味料「サンバルマタ」を作って、伝統鶏肉料理「ラワールアヤム」に挑戦してみよう!〜 後編 〜

世界の家庭料理を旅しよう!世界中の食卓で料理をつくる人 (COOK) と食べる人 (HIKER) をマッチングするWebサービス、KitchHikeの世界各国の食卓を巡る連載。今回は、東京は渋谷区にお住まいのインドネシア人タリさんの食卓へ!おいしいインドネシアの家庭料理を教えてもらいました!

バリの伝統料理「ラワールアヤム」

「ラワール」とは、バリの伝統料理のひとつ。野菜や肉を先ほど作った「サンバルマタ」で油炒めした料理です。「アヤム」は鶏肉という意味なので、「ラワールアヤム=鶏肉のスパイシー炒め」になります。ただ、今回タリさんが教えてくれたのは、蒸して作る秘密のレシピでした!蒸して作ったほうが、油っぽくなくさらにおいしくなるそうです。

ラワールアヤムのレシピ

材料 (4人分)

A.具材
鶏胸肉 2枚
サンバルマタ 山盛り大さじ2
ベイリーフ 2枚
レモングラス 1本
サラダ油 大さじ2
塩こしょう 少々
B.仕上げ
インゲン 30本
トマト 1個
ココナッツファイン 50g
フライドオニオン 30g
ライム汁 1/2個
炊きあがったご飯 3合

作り方

  • 鶏胸肉を1cm角にカットしておきます。

  • フライパンにサラダ油を引いてベイリーフ、レモングラスを入れて香りを出し、サンバルマタを入れて炒める。

  • 鶏胸肉とベイリーフとレモングラスで香りつけしたサンバルマタをよく絡めて電子レンジ用の蒸し器(ない場合は耐熱皿にラップをして代用)で600wで8分電子レンジに入れる。

  • インゲンをボイルして1cmの長さにカット、トマトもダイス状にカット。ココナッツファインは色味が付くくらいローストします。

  • 3が出来上がったら4のインゲン、トマト、ココナッツファインを合わせ、フライドオニオン、ライム汁を入れて塩こしょうで味を整えて軽く混ぜあわせておきます。

  • ご飯と一緒に盛り合わせてできあがり!

ここがポイント!

その1. 「2」を炒めるときの香り付けが重要!ゆっくり丁寧にまんべんなく混ぜ合わせましょう。

その2. インゲンは、ボイルした後に、氷水にさっと通すと綺麗な緑色が保てます。

その3. 完成時、ご飯の上にもフライドオニオンをトッピング!盛り付けは大切ですね。

実際に食べてみた感想

盛り付けも彩り豊かにセンスよく、味も抜群!かなりの辛さがあったのですが、前菜のプルクデルと一緒に食べることによって味もマイルドになりました。フワフワさくさくで優しい味のプルクデルと刺激的なラワールアヤムは、名コンビですね。白いご飯にもぴったりのおかずです。辛さは調整できるので、子どもにも好まれそうな味わいです。

そしてなんと、デザートまで!

わざわざ前の晩に作ってくれたチョコレート・ブラウニー!

デザートまで綺麗な彩りですね!器も味があってたまりません。

出して下さったコーヒー豆はこちらのミックス!タリさんの実家近くにあるコーヒー畑だそうです!!

ブラウニーと一緒に出してくださったコーヒーが、とっても美味しかったのです。インドネシアと言えばコーヒーもとっても有名ですよね。そんなおいしいコーヒーとデザートをいただきながら、いろんなお話をしました。インドネシアのお菓子の話や、どんな料理が得意なのかなどなど、やっぱりタリさんはお料理好きなんですね。

最後は記念写真を!レストランどころではない、おもてなしの心で料理を作ってくれたタリさんに感謝。タリさん、ありがとうございました!

壁のインテリアに帯が使われていました。日本文化にも興味があるとのこと。嬉しいですね!

執筆: KitchHike(キッチハイク)

世界中の食卓で料理をつくる人(COOK)と食べる人(HIKER)をマッチングするWebサービス。現在28ヶ国500以上のメニューを公開。KitchHikeマガジンやFacebookでおいしい情報を発信中! https://kitchhike.com

"KitchHike(キッチハイク)"を使うには?

旅行者を自宅に招いて料理をふるまうCOOKになってみませんか?外国人と交流する機会に。独立開業前のトライアルや、ちょっとしたお小遣い稼ぎにも。身につけた料理の腕前、披露するチャンスがここにあります。 旅先や海外の家庭料理を食べて現地の人と交流してみたい人は、HIKERになってみませんか?食文化は暮らしの真ん中。海外はもちろん、日本に住む外国人COOKたちもあなたの訪問をお待ちしています。

編集部おすすめ