cookpad news
コラム

アメリカ人が夢中の悪魔料理!毎日食べたい旨さ「デビルド・エッグ」

【アメリカの最新ごはん事情vol.20】1989年に渡米し、「セレブ御用達プライベートシェフ」としてアメリカで料理を作り続けてきた明比玲子さんに、日本ではなかなか知ることができないアメリカの食事情を教えてもらいます。第20回目のテーマは「卵料理」。デビルド・エッグと言われる料理がアメリカにはあるそうなのですが、どんなものでしょうか?

悪魔が囁く…魅惑の卵料理

アメリカには、「デビルド・エッグ」という名前の卵料理があります。激辛のスパイスや調味料を効かせた卵という意味で、そのような名前がついているそうです。

しかし私には、「悪魔が囁いている卵」というような気がしてなりません。というのも、この卵料理は、あまりヘルシーな食べ物ではないため、みんな大好きだけど毎日は食べてはいけない、ギルティプレジャー(後ろめたく感じる密かな楽しみ)な食べ物だからです。

見た目も綺麗なため、パーティーのオードブルによく使われます。作り方は至って簡単なのですが、一手間かかるため普段の食事には出てこないようです。マヨネーズたっぷりで、卵の黄身も合わせるとかなりのコレステロール量になることもあり、健康に気を遣う人たちは、手を出すのを躊躇してしまいます。

もちろん、私が料理を作るセレブ達は、このような料理はほとんど食べません。でも、好きという気持ちには変わりはないですから、パーティーなど特別な時によくリクエストがきます。「デビルド・エッグ!」と目を輝かせて飛びついてくる人も多く、あっという間になくなってしまいます。みんな美をキープするために、普段は我慢をしているのですね。

1000年以上前から存在しているレシピ!?

これほど人気のあるデビルド・エッグの歴史は古く、古代ローマ発祥と言われています。昔のデビルド・エッグがどのような形だったかはわかりませんが、やはり、スパイシーなソースでゆで卵を味付けして、富裕層がパーティーの前菜として提供していたそうです。

今のデビルド・エッグに最も近いものは、13世紀にスペインのアンダルシア地方で書かれた卵のレシピのようです。その後、ヨーロッパはもちろんのこと、アメリカにも伝わりますが、1896年に出版された「ボストン・クッキングスクール・クックブック」で初めてマヨネーズを使うレシピが掲載されたようです。

近年では、黄身にアボカドを混ぜたり、白身に色をつけたりと色々とアレンジされたレシピが出てきています。アレンジ自在で、家にある材料で簡単にできます。ホームパーティーや家飲み用に、作ってみてはいかがでしょうか?

デビルド•エッグの作り方

【材料】
卵……6個
マヨネーズ……1/4 カップ(大さじ4)
ディジョンマスタード(又は普通のマスタード)……小さじ1
酢……小さじ1
塩、胡椒……適量
スモークドパプリカ(又は普通のパプリカパウダー)……適量
飾り用ハーブ(オプショナル)……適量
(ディル、イタリアンパセリ、あさつき、何でもいいです)

【作り方】
1.お鍋に水と冷蔵庫から出した卵を入れて、沸騰してから12分茹でて固ゆで卵を作る。

2.12分経ったらすぐに水で冷やして、ボールに卵と氷をたっぷり入れて10分ほどおく。

3.白身に傷を入れないように気をつけながら殻を剥く。

4.ゆで卵を縦に2つに切り、黄身を取り出して裏漉しをする。

5.(4)にマヨネーズ、ディジョンマスタード、酢、塩、胡椒を入れて混ぜ合わせる。

6. (5)を絞り出し袋に入れて、白身の黄身を取り出した後の穴に絞り出す。

7.絞り出した黄身の上にハーブを飾り、スモークドパプリカを振りかけて出来上がり。

使うお酢は、できればホワイトビネガーがいいですが、なければアップルサイダービネガーか穀物酢がおすすめです。また、胡椒は入れ過ぎると黄身に黒い粒が目立つので、気をつけて。

工程4で行う裏漉しは、黄身を絞り出す場合は必ず行なってください。面倒な場合は、絞り袋に入れずにスプーンですくって白身の穴に入れてもOKです。

明比玲子

兵庫県芦屋市生まれ。1989年に渡米し、ニューヨークのシェフ養成学校で学んだ後、本格的に料理に取り組む。著名レストランでパティシェとして経験を積み、アメリカ人と日本人に料理とお菓子の指導も行う。日本の料理雑誌への寄稿やフードスタイリングも行いつつ、2008年からは、コンサルティングの仕事なども兼ねながら、ニューヨークセレブのプライベートシェフとして、活躍中。
【HP】
【Instagram】

関連する記事
トースター不要!フライパンで2分で完成する「エッグトースト」 2023年09月08日 06:00
いつもの卵焼き「混ぜない」で斬新ビジュアル 2023年09月06日 17:00
ごま油の香りがたまらない!塩気でお酒がすすむ「ゆで卵ナムル」 2023年09月13日 17:00
ひとくちサイズが嬉しい!絶品ころころスイートポテト 2023年09月14日 07:00
割れて白身が出てくる…あのストレスを解消!ゆで卵の作り方 2023年09月24日 08:00
覚えておくと超便利!レンジで作る「カスタードクリーム」ならあっと言う間! 2023年09月20日 14:00
混ぜるときに◯◯を使って!ふわふわ「だし巻きたまご」 2023年09月24日 06:00
【極シリーズ】たった5分で完成!70円で作る人生最高の「極ハムエッグ丼」 2023年09月21日 19:00
食パン1枚で大満足!全部一緒に焼くだけの簡単韓国ワンパントースト 2023年09月28日 12:00
黄身がきれいに!おばあちゃんが教える「ゆで卵」の作り方 2023年09月28日 16:00
【殿堂入り】クックパッドニュースで人気!スライスチーズで作れる「スフレチーズケーキ」 2023年09月19日 15:00
食パン1枚で大満足◎ボリューム&栄養たっぷり「キャベツと玉子のタルタルトースト」 2023年09月21日 12:00
材料4つ!ふわしゅわスフレチーズケーキが濃厚美味 2023年10月19日 07:00
もうイライラしない!たまごの殻をスッと取る方法 2023年10月06日 18:00
まるで洋食屋さんの味!?とろ〜り卵がリッチなカルボナーラ風ドリア 2023年10月30日 13:00
どんな食材もごはんが進む味になる!「てりたま」味のメインおかず 2023年10月08日 08:00
フライパンで焼ける!究極の「ふわふわスフレパンケーキ」 2023年10月10日 14:00
レンジで5分!秋の朝食はホッとあたたまるスープで決まり 2023年10月31日 06:00
おかずいらず!パクパク食べられる「具だくさんおにぎり」 2023年10月16日 06:00
まだらにならない!アレを使うだけで卵を早くとくワザ 2023年10月24日 13:00
なぜスーパーの卵は常温保存?帰宅後も冷蔵庫入れなくてOK?管理栄養士に聞いてみた 2023年10月10日 12:00
材料2つでOK!10分で完成の「バナナパン」 2023年10月19日 10:00
この生栗のむき方は驚き!9月に最も読まれた「裏ワザ」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年10月12日 22:00
失敗しない!ゆで卵の殻むきは◯◯を使うのが正解 2023年11月07日 09:00
お弁当の悩みを解消する「長いゆで卵」はこう作る! 2023年11月10日 10:00
黄身が100%真ん中!魚焼きグリルで「ゆで卵」ならぬ「焼き卵」が作れる 2023年11月10日 14:00
あの味が食べたくなったらコレ!15分でメロンパンみたいな「クッキー」 2023年11月26日 13:00
体力無しでも作れる!おかか醤油がおいしい「ウインナー目玉焼き丼」 2023年11月18日 11:00
和えるだけ!濃厚マヨで食べる「大根サラダ」にハマる人続出 2023年11月23日 16:00
1人1000円で9品も完成!「業務スーパー」の食材で作れる豪華なハロウィンメニュー 2023年10月20日 21:00
明日から役立つ!お弁当に欠かせない「卵」裏ワザ3選 2023年11月30日 15:00
卵を常温に戻す必要なし!おうちで簡単とろ〜り温泉卵の作り方 2023年12月06日 09:00
CMみたい!◯◯で完璧「チキンラーメンの卵」 2023年12月07日 11:00
簡単すぎて驚き…!材料2つでパパッとガトーショコラ 2023年12月12日 15:00
くるくる巻いて◎味しみウマい「やわらか豚肉ロール」 2023年12月15日 08:00
「ゆで卵」に見えるけど実は…まさかの食材で弁当おかず 2023年12月18日 06:00
【TVでも話題に!】混ぜない!こねない!重ねるだけの「乱暴ハンバーグ」 2023年12月14日 19:00
1位は大根下茹でのスゴ技!11月に最も読まれた「裏ワザ」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年12月07日 22:00
まるで高級ホテルの朝食!美しい目玉焼きの作り方 2024年01月13日 17:00
ご飯にもパンにも合う!すぐに食べられる「ハム&卵」の朝ごはんおかず 2024年01月21日 06:00
新しい食べ方発見!ゆで卵+アレがおいしすぎた 2024年01月31日 06:00
たっぷりチーズとベーコンがウマい!ライスペーパーで「スケルトンガレット」 2024年01月18日 19:00
5分で完成!白だし&マヨで絶品「明太子クリームうどん」 2024年01月06日 11:00
材料3つ!ふわしゅわスフレチーズケーキ 2024年02月05日 07:00
この発想なかった…!ちくわの驚きの使い方 2024年02月09日 18:00
殿堂入り間近!黄金比率の「だし巻き卵」が間違いのないおいしさ 2024年02月21日 06:00
うっかり割れても大丈夫!割れた卵で作る「ゆで卵」の作り方 2024年02月21日 11:00
◯◯でカリカリサクサク!お店みたいな「オニオンリング」 2024年02月21日 17:00
何これスゴい…!半熟卵を超えた「とろ生ゆで卵」の作り方 2024年02月20日 09:00
250人絶賛!卵1個でもバッチリ味決まる「ふんわり卵焼き」が絶品 2024年02月26日 06:00